カテゴリー
005_鉄道関連

<お得な切符>関西の回数券のバラ売りを考える③ー2018年版ー

阪急のお得な切符の購入方法

前回の記事でハーフの土日回数券(時差回数券)の150円区間をを買うのがおすすめと言いました。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2018/11/26/040514/

阪急に乗る回数が少ない人の場合確かにそれが一番です。

でも2週に一回程度ととかもうちょっと乗る人向けには応用編があります。今回はそれを解説していきましょう。

 

阪急のお得な乗り方<応用編>

実は前回提案した買い方は本当に少ない人向けです。現金で出す金額がたまに100円とかでてきてしまいますが、それは無割引の状態です。

 150円区間  : そのまま乗る。

190円区間  : 150円回数券 + 40円

220円区間  : 150円回数券 + 90円

270、280円区間: 150円回数券 x 2

320円区間  : 150円回数券 x 2 +20円

370円区間  : 150円回数券 x 2 +70円

400円区間  : 150円区間 x 2 +100円

530円区間  : 150円区間 x 3 +80円  ※

620円区間  : 150円回数券 x 4  +20円 ※

阪急が複数枚の回数券を使えるということであれば、複数の券種を使うことは可能ですので、私は組み合わせて使うことを実践しています。

お薦めは220円の回数券を買うことです。これによって

 150円区間  : そのまま乗る。        108円

190円区間  : 150円回数券 + 40円    148円

220円区間  : 220円回数券                           158円

270円区間        : 220円回数券 + 50円          208円

280円区間        : 220円回数券 x     2           216円

320円区間  : 150円回数券 x 2 +20円

370円区間  : 150円回数券 + 220円回数券  266円

400円区間  : 220円区間 x 2

530円区間  : 150円区間 x 2 +220円区間 +10円  384円

620円区間  : 150円回数券 x 4  +20円  452円

区間別の回数券を入れるだけで、現金の金額を50円までに押さえられるので、回数券の旨味を最大限享受できます。

また人によっては、150円区間は絶対乗らないと言う人もいますので、190円区間の回数券をメインにしたりするのもありかもしれません。

また、190円区間や270区間には阪急と阪神間で回数券を交換できる特例もありますので、賢く使えば使うほどおとくになります。

阪急阪神 回数券 引き換えサービスのご案内|乗車券のご案内|阪急電鉄

阪急阪神回数券引き換えサービス|回数券|運賃・乗車券|阪神電車

(おそらく阪神電鉄も回数券の複数枚使用が出来るんでしょうし。 ※未確認ですが)

まとめ

というわけで、一区間の回数券だけでなく、二区間の回数券を組み合わせて支払う方法をご紹介しました。金券ショップで売られなくなったいま、これが一番お得な方法ではないでしょうか?

一度皆さんの使用方法にあわせて切符の使い方を考えてみませんか?