カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第4期初のヨーロッパ訪問・エジンバラ滞在編⑨

さて、世界一周旅行のメイン、ヨーロッパ訪問です。

途中からの人は、ぜひとも一話目から見てみてください。

www.engineer-traveler.com

 

加えて、ダイヤモンド修行をするきっかけはこちらからご覧ください

www.engineer-traveler.com

 

 

本日のフライト

日程             出発         到着      便名  予約クラス  獲得プレミアムポイント

8月11日     ブリュッセル エジンバラ SN2063   H                332

 

さて、搭乗時間になりましたし、いい感じに酔っぱらいましたので

搭乗口に向かうことにしましょう。

ちなみに、シェンゲン協定対象国のターミナルのラウンジはもっと

充実しているようです。ぜひともお試しください。

 

出てみたら、ちょうどタイ航空が出発していこうとしていたところだったので、一枚。

f:id:engineer-traveller:20190125234411j:plain

ヨーロッパの遠いところで、アジア圏のエアラインを見るとなんだかほっとしますね。

 

空港内をいろいろと歩き回ってみるとブリュッセル空港も結構大きな空港なんだなぁ、

と実感です。搭乗口まで軽く15分くらい歩く必要があって、実感しました。

そんな感じで長く歩いているとやっと見つけました、エジンバラ行きSN2063便の

搭乗ゲートです。

 

 

f:id:engineer-traveller:20190125234613j:plain

 

日本ではまず見かけない飛行機です。BritishAerospace146というやつらしいのですが、

詳細がよくわかりません。

現在はBAEシステムズとなって、航空機だけでなく地上軍用車両も作っているようで

日本でいえば三菱重工業のような重工会社みたいですね。

ja.wikipedia.org

 

 

 

f:id:engineer-traveller:20190125235358j:plain

 

でも、こんな小型の機体にエンジン4つとはなんとも豪勢な。。。。

と思ってしまいます。現在なら2つで終わらせてしまいそうな感じがします。

 

さて、搭乗後ですが…飛行時間は二時間程度とそんなに長くないですが、扱いは

国際線になので、簡単な機内食が出ました。

f:id:engineer-traveller:20190125235714j:plain

けど、後ろのほうは配ってない。。。なんで?って思ったのですが、

あとでチケットを見て分かりました。

 

自分が持っていた国際線世界一周チケットはブリュッセル航空の”Flex&Fast”という

若干お高めチケットにランクされるようで、機内食サービスと前方座席のサービスが

あります。(別途ビジネスクラスが設定されるようです。)

なので、自分はエコノミーの最前列に座ることができました。

 

 

 

まぁ、機内食といっても、パスタとミートソースの簡単なものなんですけどね。

加えてラウンジでもチーズを食べてたのでもうおなか一杯だったんですけどね。w

f:id:engineer-traveller:20190125235803j:plain

加えて、食後にはチョコレートもサービスされて、まずまずのサービスです。

イギリス・エジンバラまで2時間弱なので、これだけでも十分かもしれません。

f:id:engineer-traveller:20190125235834j:plain

 

イギリス領空に入ったんですが・・・・全然下が見えなかった。。。残念です。

 

f:id:engineer-traveller:20190126000040j:plain

 

 

でも、着陸態勢に入って高度を下げてきたら・・・・

 

f:id:engineer-traveller:20190125235927j:plain

 

 

 

見えてきました。エジンバラの街並み。初めてのイギリスになります。

そして、2時間弱でイギリス エジンバラ空港に到着です。スコットランドの首都ではあるのですが、非常にこじんまりとした空港で、飛行機に付属するタラップで降機。

 

f:id:engineer-traveller:20190126000119j:plain

 

 

そして、徒歩でイミグレのところまで向かいます。

f:id:engineer-traveller:20190126000218j:plain

 

写真が禁止なのでしたが、イミグレには長蛇の列。夏だったからでしょうか?

あとはイギリスは入国審査が厳しいという話でしたので、帰国のチケットなどを

用意しておきました。そしたら、案の定ホテルの予約書とともに聞かれました。

なので、地方空港であっても用意をお忘れなく!

 

さ、イギリス入国。憧れのエジンバラにやってきました!

カテゴリー
ANA修行

2019年 ANAのプラチナ・SFC修行@国内専業はいくらくらいか?

皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

 

先日、ANAの2019路線計画が発表されたことを記事にしました。

 

www.engineer-traveler.com

 

その際に同時に発表されたのが、今年3/31 ~ 10/26 までの国内線運賃です。

これについていろいろと検証して、ANAのプラチナ修行に向いているのか

確認してみました。

 

  • 初めに ~この時期に販売する目的は?~
  • 修行に向いた路線と最安運賃はどのくらい?
  • プラチナを達成するにはいくら必要?
  • 発売日はいつ?

 

 

  • 初めに ~この時期に販売する目的は?~

これまで、ANA Super Value Earlyというちょっと高めだけど一年前から

買える運賃が発売されていましたが、さほど安くもなく、長期連休だから

確実に予約を押さえたい人向けな運賃でした。

 

けど、夏ダイヤも確定したこの時期になると、より需給の見込みもついてきますので

それに合わせた安売り運賃や高めの運賃を設定したりして、発売を開始します。

先日特集した年末年始の特別運賃も、

www.engineer-traveler.com

 

今回のような需給を見込んだ運賃設定になっています。

さて、では夏ダイヤの10月まででANAの上級会員になるためにお得な路線・手段が

ないかな~??と探してみました。

 

 

 

  • 修行に向いた路線と最安運賃はどのくらい?

上級会員になるためにお得な路線は長距離路線であることが多いので、

羽田ー那覇・石垣・宮古の三か所について値段と獲得プレミアムポイントを確認しました。

まとめると以下の表です。

 

f:id:engineer-traveller:20190127115748p:plain

  ※緑が便名がちょっと違うけど、前後の便に安い運賃がある場合、その値段を記載

  ※黄色が期間を通して安めな運賃

 

総じて夏ダイヤは沖縄はかき入れ時ですので、高めの期間になっています。

当然ですが、GWと夏休みの時期は値段が吊り上がってしまいますので、

ANAの上級会員修行(SFCやダイヤモンド修行)には全く向かない時期です。

こういう時は海外路線も日本発のチケットは高いので、夏眠をするか、海外発券を

使った修行をおすすめします。

 

こうしてみると安い運賃があるのは5月。沖縄では梅雨時になっています。

なので観光で行こうという人が落ち込むので、安売り運賃が出てきたんですね。

かといって、台風が来るわけではないので結構になる確率は非常に低いはずですので、

修行は問題なくできるでしょう。

 

また、プレミアムクラスが安く買えるSuperValue Premiumですが、こちらはがっつり

安いということはほとんどありませんでした。

ほぼ全期間にわたって、1プレミアムポイントあたり10円を超えていますので、あまり

上級会員修行には向かないでしょう。ただ、獲得プレミアムポイントはおおよそ倍に

なりますので、極力短期間で終わらせたい人向けの運賃という感じになっています。

 

  • プラチナを達成するにはいくら必要?

 大体1プレミアムポイント(以下、PP)あたりで見ていくと、片道で¥6.5~7.0/PPと

いったところです。 毎回この最低運賃で買えるとも限りませんが、¥7/PPで

航空券を購入したとすると、プラチナ会員になるためには

 

 50000PP  x ¥7 =35万円

 

くらい必要になってきます。 一回当たり往復で2952PP取得できますので

 

 50000PP ÷ 2952 =16.9回 ⇒ 17往復

 

5月に2日に一回程度沖縄を往復すればプラチナ会員です。 一日に往復できれば

9日間です。 どうでしょうか?これならいけそうではないですか?

 

    • 発売日はいつ?

 

さて、このお得な運賃ですが、いつから予約可能かと言いますと、皆さんの

ANAマイレージ会員の状況によりけりです。

 

www.ana.co.jp

発売日

ANAダイヤモンド会員  1/29 9:00~

(すみません、プラチナ会員とかは不明です。。。)

ANAカード・モバイルプラス会員 1/29 14:00~

ANAマイレージ会員  1/30   11:00~

マイレージ会員外   1/31     9:30~

 

とのことです。ここに来られる方はANAマイレージ会員以上でしょうから、

遅くとも1/30 11:00以前には予約できるでしょう。

SFC取得に向けて、ANA修行を安くできるように頑張りましょう!

 

カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第4期初のヨーロッパ訪問・エジンバラ滞在編⑧

さて、世界一周旅行のメイン、ヨーロッパ訪問です。

結構長くなってきてしまいました。14回くらいになってしまいそうです。

途中からの人は、ぜひとも一話目から見てみてください。

www.engineer-traveler.com

 

加えて、ダイヤモンド修行をするきっかけはこちらからご覧ください

www.engineer-traveler.com

 

 

 

 

ブリュッセル滞在二日目。。。。といっても、この日の夕方の便で次の滞在地、

そして一番行きたかったエジンバラにいくというあわただしい予定です。

そこから考えると自由に行動できる時間は今日の午前中のみ。 

 

というわけで、行ってきたのは二か所。

 

まずは、EUの本部。ベルギーは小国ですが、EUの原型になったベネルクス三国の

一国ということもあり、EUの本部が設けられたようです。

ベネルクス三国・・・・ 答えられるかな?

 

f:id:engineer-traveller:20190126064002j:plain

 

 

 

 

 

 

・・・・・・ (ベルギー、オランダ、ルクセンブルク

まだまだ高校の知識は残ってるようです(^^♪

 

 

 

そして、ベルギーの独立記念門(サンカントネール公園)

f:id:engineer-traveller:20190126064140j:plain

上にあるのモニュメントの細工がまた見事です。

f:id:engineer-traveller:20190126064209j:plain

ほんとヨーロッパの特徴は装飾品がきれいです。そしてどれも凝っているので

見ごたえがあります。

そして、ここには軍事記念館・航空博物館もあるので見に行くといいと思います

 

・・・・・が、この日はなぜか休みで見れず。

 

でも、外側から一次世界大戦や二次世界大戦時の航空機など

いろいろと展示してあったのが見えました。

 

 

 

と、ちょっと回っているだけで、あっという間にお昼。

そろそろ空港に行かなければなりません。

ホテルで荷物をピックアップして、Burussel Nord駅に向かいます。 

f:id:engineer-traveller:20190126065339j:plain

行先案内板ですが、英語がわからなくても空港に行く電車は

飛行機マークがついているので、わかりやすいです。

 

 

今回は乗りませんでしたけど、こんな感じの車両が結構走っています。

日本と違って床下に機器は積まずに極力屋根上に搭載して、

低床化を図っているようですね。

f:id:engineer-traveller:20190126065546j:plain

 

 

 

さてさて、空港に到着してチェックイン。そして、出国手続きに。

イギリスはシェンゲン協定に加入していないので、イギリスへは出国扱いになります。

出国審査を終えた後に、荷物チェックがありまして、若干並んでました。

でも、ここでも効果を発揮したスターアライアンスゴールド。

実はここにFast Laneというのが左にあります。

f:id:engineer-traveller:20190126070439j:plain

 

そして、自分のボーディングパス。

右下にFast Lane Accessって書いてありますね。

f:id:engineer-traveller:20190126070516j:plain

 

これのおかげでFast Laneの利用ができましたので、

手荷物検査もあっという間にパスできました。

また、CDGにはなかったFlex&Fastという記載もありますが、

これは後程。。。。

 

 

無事に手荷物検査も通過して、出発ターミナルにやってきました。

一時間半くらいあるので、ラウンジに行くことに。

TerminalBのラウンジはこんな形で案内されています。

f:id:engineer-traveller:20190126070616j:plain

シェンゲン外のターミナルの根元のところにあるので、見逃すことはないと思います。

 f:id:engineer-traveller:20190126070726j:plain

らせん階段を昇っていくと。。。。

 

 

f:id:engineer-traveller:20190126070826j:plain

 

こんな案内が。国際線ターミナルになるので、インドのJET Airwaysや

British Aiwaysのラウンジもあるようですが、Brussel Airlinesのラウンジに向かうと

 

f:id:engineer-traveller:20190126070912j:plain

 

こんなとことに出ます。ここに入ってチケットを見せればOKです。

(※実は2018年に再度ブリュッセル空港に来たのですが、ラウンジの位置が変わって

 ブリティッシュエアウェイズのほうに行け!ってなってました。2015年の情報を

 理解してご覧ください。)

 

 

 

中に入ってみると、明るくて飛行機も見えるなかなかいいところです。

f:id:engineer-traveller:20190126071122j:plain

 

ラウンジの冷蔵庫をのぞいてみると・・・・ヨーロッパらしいですね。

サラダにチーズ、ピクルス、ハムなんかがおいてありました。種類も豊富でグッド!

f:id:engineer-traveller:20190126071208j:plain

 

 

そして何よりもビックリしたのが、ビールとワインの取り揃え。

f:id:engineer-traveller:20190126071249j:plain

 

ベルギー系のビールなどが4種類取り揃えてあります。

ワインも何種類か。これは、日本よりも楽しめそうです。

 

 

というわけで、さっそく飲みましょう。 一杯目はBelle Vueというチェリーのビール。

 

f:id:engineer-traveller:20190126071353j:plain

 

 

昨日のイチゴのビールと同じく、かなり飲みやすい。女性向けの甘めのものです。

これはおすすめ!

 

 

そして、もう一杯はLeffeというビール。これもなかなかうまい!

いやはや、のんびりビール工場に行ってみたいですね、こうなったら。

 

f:id:engineer-traveller:20190126071426j:plain

 

 

 

さ、そろそろ搭乗時間になってきました。ラウンジを搭乗口に向かいましょう!

 

カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第4期初のヨーロッパ訪問・エジンバラ滞在編⑦

こんにちは!Eigneer Travellerです。このシリーズも10回は越えていきそうで

ちょっと中だるみっぽくなってしまって申し訳ないです。

 

さて、世界一周旅行のメイン、ヨーロッパ訪問第7回です。

途中からの人は、ぜひとも一話目から見てみてください。

www.engineer-traveler.com

 

加えて、ダイヤモンド修行をするきっかけはこちらからご覧ください

www.engineer-traveler.com

 

 

 

 

 

というわけで、ベルギー国際空港の地下から電車にのってついたのがブルッセルのメイン駅Nord(北駅?)です。中央駅もあるのですが、電車が行くのはこのNord駅でした。

空港から案外近いのでかなり便利です。ヨーロッパって空港と中心部が本当に近いですね

f:id:engineer-traveller:20190123164935j:plain

 

 

Nord駅の外観なのですが、結構立派な建物です。

f:id:engineer-traveller:20190123165008j:plain

 

ここでも、一日しか観光する時間がないので、さっさと荷物をホテルにおいて観光に行くことにしましょう。

 

まず行こうと思ったのが、ヨーロッパ出身の同僚におすすめされた、グランプラス・・・だったのですが、行く途中でなんだか素晴らしい教会を発見!

f:id:engineer-traveller:20190123165043j:plain

 

ちょっと寄り道好きな自分なので、ちょっと寄ってみることに。。。。。そしたら。

 

f:id:engineer-traveller:20190123165119j:plain

 

中のパイプオルガン&石造といい

 

f:id:engineer-traveller:20190123165151j:plain

 

 

ステンドグラスといい、すべてがヨーロッパらしいきれいな造形物ばかり。すっかり心を奪われてしまい、小一時間ほど協会に座ってました。

なんでも、翌日にはゴスペルコンサートがあるようで、ちょっと行ってみたかったです。。。

今度また来ないと!!と思ったところですね。

 

というわけで、そこから歩いて10分ほど。グランプラスに到着です。

これまた素晴らしい建物群。ほんとヨーロッパに来てよかった!と感じさせます。

 

f:id:engineer-traveller:20190123165231j:plain

 

 

そこらへんにはカフェがたくさん!そして、みんな屋外で食べてます。自分も結構おなかがすいてきたなぁ、とおもったのでこんなおしゃれカフェに。

 

f:id:engineer-traveller:20190123165300j:plain

 

 

ベルギービールと。。。。。

f:id:engineer-traveller:20190123165329j:plain

 

見えないですが、チキンシチュー(^^♪

f:id:engineer-traveller:20190123165356j:plain

 

なかなかのビッグサイズで大味な感じもありますが、かなりの美味です!

普段大食いな自分ですが、さすがにこれは若干残してしまいました。

 

 

けど、店員のお姉さんが非常にかわいらしかったので、それが一番でした。

せっかくですので、勇気を振り絞って一枚!

f:id:engineer-traveller:20190123165421j:plain

 

おなかも一杯になったので、近隣を回ってみましょう。

近くには有名な小便小僧も

f:id:engineer-traveller:20190123165519j:plain

 

そして、街中では警察も自転車です。 機動力はあるし、やせていきそうですね。

f:id:engineer-traveller:20190123165552j:plain

 

 

そんな感じであっという間に回ってたら、あっという間に夜に。

のグランプラスもかなりいい感じです。

 

f:id:engineer-traveller:20190123165622j:plain

 

f:id:engineer-traveller:20190123165705j:plain

 

 

しめは、こちらも推薦されたデリリウムカフェに。ここではかなりの種類のビールが楽しめるので、お酒好きには欠かせない場所のようです。

f:id:engineer-traveller:20190123165734j:plain

 

変わったビールをっていうことで、イチゴのビールをいただいてみました。

 

f:id:engineer-traveller:20190123165801j:plain

アルコールも抑えめで、ほんのり甘く女性向けのいい感じなビールです。

 

 

 

さ、夜も更けてきましたのでメトロで帰ることにしましょう。

 

f:id:engineer-traveller:20190123165838j:plain

 

ブリュッセルのメトロです。通常のLRTのようですが、ホームも下げられてて普通に乗りやすかったです。

 

カテゴリー
ANA JAL

JALはバンガロールに。 日系エアラインのインド戦争勃発!?

 

 皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

世界一周ダイヤモンド修行記もありますが、JALANAなど各社から2019年度の

就航計画などが発表されていますので、いろいろとチェックしてみました。

 

<目次>

 

 

ANAに関しては昨日記事にしましたように発表済みのオーストラリア・パースと

合わせて、インド南部のチェンナイの就航が発表されました。

 

www.engineer-traveler.com

 

2019年のウィンターダイヤでANAが就航するとのことで、流通業と製造業の

重要都市を狙って日本からのビジネス需要と、インドー北米間の需要を獲得すべく

就航することを記事にいいたしました。

 

そしたら、JAL側でも結構似たようなプレスリリースが出てきました。

2019年度の路線計画をJALも決定したとのこと。

press.jal.co.jp

 

JALに関してはANAほど多くの新規計画などはあまりなくて、シアトルの新規就航

、モスクワ便のデイリー運航、ホノルル路線の機材変更(777-200ER⇒767-300ER化)

といった感じでした。

ホノルル線はANAA380就航させるので、GWや夏休み期間以外は供給過剰に

なることが予想されるので、767に規模を縮小したと思われます。

777-300ERに機材変更して、ファーストクラスのサービスを提供します!!

という感じで挑戦的になるかと思ってたんですが、違ったようです。

 

さて、一方で個人的には別リリースで出ていた

press.jal.co.jp

 

バンガロール (現地のカンナダ語で”ベンガルール”)への就航です。

(個人的にはバンガロールが慣れているので、バンガロールで紹介させてください。)

 

実はこの都市はチェンナイとほぼ同じ人口を有する、インド第五の都市になります。

チェンナイに比べると内陸に入ってしまうので、若干製造業から離れてしまう傾向に

あるのですが、そんなの関係ない産業が多く集まっています。

 

 

それは何か? ソフトウェア産業です。 ソフトウェアであれば、ネットさえあれば

内陸であっても不都合ありません。加えて、インドはアメリカのほぼ真裏に位置して

いますので、アメリカで昼米にやった仕事を引き継いで、アメリカの夜(=インドの

昼間)に仕事をやっていく疑似2交代制ができます。

 

 

さらには、デカン高原の高地にあるので、インドの南部にあるにも関わらず

気温は年中通して20~30℃くらいで安定しており、インドの軽井沢と言っても

いいくらいに避暑には最適な都市になります。

 

こういう条件がそろっているため、Google や Oracleマイクロソフトといった

ソフトウェア関連会社が非常に多く集積しています。

日本人にも過ごしやすい環境は非常に好評で、ソフトウェアのNTTデータ

はじめ、各種製造業も工場を設けている都市になっています。

 

こういう状況を見れば、バンガロール就航も納得していただけるのではないでしょうか?

個人的にはANAが良かったのですが、チェンナイと同時に就航というのは難しいので

しょう。攻勢をされる前に、JALが陣地を取りに行ったわけです。

 

就航時期は2020年の夏ダイヤまでにという、一年以上先の話にしては

Table_rev.png

 

時間がほぼ決定しているという周到さ。ダイヤは北米への乗継を重視したダイヤに

なっていますし、バンガロールでの折り返しも2時間40分取っているので、冬場の

偏西風が強い時期は成田の出発時間を同じにして、折り返し時間を短くする戦法の

ような気がします。

 

ダイヤまで発表したのは、ANAのチェンナイ就航との新聞記事を受けてインド需要を

取られないようにするために、早めに発表をしたと考えるのが自然ですね。

 

バンガロール空港には提携しているVISTARA航空がありますので、多少支援はして

もらえるのかもしれません。

 

2019~20年にかけてはインドをめぐってお客の争奪戦が始まりそうです。

カテゴリー
ANA

ANA 2019年に冬ダイヤでインド・チェンナイ就航を発表

皆さま、こんにちは。Engineer Travellerです。

先ほどANAのHPを見てたら、2019年の航空輸送計画などなどを

発表されていましたので、ちょっと確認してみました。

 

www.ana.co.jp

 

 

新規路線に関しては、すでにダイヤなども発表されていたオーストラリア・パースに

加えて、インド南部の都市チェンナイが追加されました。

ロシアに関してはお預けになっていますが、来年度の後半と若干遅めになるのでしょうか?

 

www.engineer-traveler.com

 

チェンナイに関しては、やはり物流拠点であることを就航の理由に挙げています。

南部で日系企業がある都市というと、ハイデラバードやバンガロールといった都市も

あげられるのですが、やはり輸出入の拠点になるとチェンナイになりますので、

ビジネス的にはこちらがプラスと判断されたようです。

 

 

こうしてみるとANAが同一国で3か所以上就航している国とみると・・・・

 

アメリ

ドイツ

中国

 

の3か国しかないです。アメリカ・ドイツ政治的・経済的結びつきが強いですし、

中国はある程度近距離なので乗り継ぎ回数を減らして利用者を増やすために、

小型機で就航するという戦略も取れなくはないですが、アジアの中距離圏で

就航都市を増やすということは、それだけインドー日本間の渡航需要と、

日本を通過して北米にいく需要が多い証拠のようです。

 

経済面でのつながりもだいぶ大きくなっていて、日本の円借款も多くなってきており

特にインフラの鉄道や道路に関して結構な支援をしております。

 

 パット思い浮かぶのが

www.sankei.com

 安倍首相も起工式に出席した、インド高速鉄道の供与。

新首相が来日されたときには、兵庫県川崎重工業を訪問し、E5系新幹線を

見学されていました。

 

 

また、急激な近代化に車需要が旺盛になったせいか渋滞が多発しており

北京以上の空気が悪い都市として有名になったデリーですが、そこの地下鉄に

対しても多くの援助をしております。

 

開業した地下鉄の総距離は今や東京を抜き、ニューヨークを抜かす勢いです。

 

www.in.emb-japan.go.jp

 

これらの地下鉄の建設は当然ながら、車両の製造・信号機などにも多くの日本企業が

かかわっております。

 

 また、インドの車と言えば、スズキ車ですし

toyokeizai.net

 

バイクと言えば、HEROホンダ というホンダの合弁会社でした。

(現在はHEROとホンダに分かれて2輪事業をしています。)

余談ですが、結構東南アジア圏に行くと、三菱ランサーも有名だったりします。

 

だいぶ脱線してしまいましたが、個人的にインドに行く機会が多いので、今回の

チェンナイ就航は楽しみです。マイレージ的には

ムンバイ>デリー≒チェンナイ

と思いますし、e-VISAがあるとは言え入国にはVISAが必要ですので、

がっつりANA修行をされる方には、あまり・・・・という就航地だとは思います。

 

ですが、ネットワークが増えることは非常に楽しみですので、開設日・ダイヤの

発表をこころ待ちにしましょう。

 

 

そのほか国内線のSuperValueの案内が出ているようなので、追って値段とか

チェックしたいと思います。

カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第4期初のヨーロッパ訪問・エジンバラ滞在編⑥

さて、世界一周旅行のメイン、ヨーロッパ訪問です。

途中からの人は、ぜひとも一話目から見てみてください。

www.engineer-traveler.com

 

加えて、ダイヤモンド修行をするきっかけはこちらからご覧ください

www.engineer-traveler.com

 

 

 

本日のフライト

日程     出発    到着    便名 予約クラス   獲得プレミアムポイント

8月10日      パリCDGー ブリュッセル     SN3632     H       108

 

パリの滞在24時間ほどで次の滞在地に向かいます。

非常に名残惜しいのですが、一週間ほどでヨーロッパを回らなければならないので

どうしてもこういう、ドタバタ旅程になってしまいます。

 

というわけで、次の目的ベルギーのブリュッセル

航空会社も初めての航空会社でブリュッセル航空になります。

 

初耳の航空会社ですが、このブリュッセル航空がスターアライアンスメンバーなんて

知りませんでしたよ。。。

時間にしてわずか50分程度のフライトです。

f:id:engineer-traveller:20190123134145j:plain

 

実はこのフライト、もうなくなっています。

 

調べてみると、パリーブリュッセル間のフライトは2019年にはもうすでになく、

この間を利用しようと思うのであれば、鉄道(タリス)になってしまいます。

鉄道でも一時間ちょっとになりますので、日本でいえば東京ー名古屋間と

いった感じでしょうか?

これならば、路線が休止されるのもわかるような気がします。

 

 

世界一周のEチケットを見せてブリュッセル航空チェックインカウンターで

チェックイン。グラウンドのお姉さん曰く、SASラウンジが使えますし、

もしくは売店で朝食がもらえますっていう話でしたので、自分はラウンジを

使うぞ~!っと意気込んでいくことにしました。

 

 

空港内は螺旋階段があったりして、なんだかおしゃれな雰囲気の空港内です。

でも、ちょっと古さはあるんだよなぁ~

 

f:id:engineer-traveller:20190123134243j:plain

 

 出発ロビーにきてみえたのは、いろいろな航空会社の飛行機陣。

 

 

Europe Airpost (ASL Airline) フランス

f:id:engineer-traveller:20190123134326j:plain

 

お尻だけですが、LOT ポーランド航空のスターアライアンス塗装機

f:id:engineer-traveller:20190123134351j:plain

 

そして、今回乗るのがブリュッセルエアラインです。

f:id:engineer-traveller:20190123134416j:plain

ヨーロッパ域内のメイン空港の一つであるだけに、就航しているエアラインも

多様過ぎて日本とは大違いです。行き先を見ると、今度行ってみたいなぁ~と

思ってしまいますね。

 

 

というわけで、下調べも終わったのでラウンジにでも行きましょう!

っと思ったら・・・・・

f:id:engineer-traveller:20190123134834j:plain

 

あれ??玄関にのぼりがある。。。これって、もしかして

 

SASラウンジは朝早すぎて開いとらん!!!!

f:id:engineer-traveller:20190123135244j:plain

 

 

 

チェックインカウンターのグラウンドさん、そういう案内を

きちんとしてほしかったですよ。。。。

 

 

 

まぁ、フランスと言えばエールフランス。アライアンスはスカイチームですので

スターアライアンスのラウンジが充実していないのは仕方がないです。

 

 

なので、近くの売店で朝食をいただくことにしました。

スターアライアンスのゴールド会員で頂けるのは…….

f:id:engineer-traveller:20190123135226j:plain

 

デニッシュ一つと、オレンジジュース、あとコーヒーが一杯です。

ま、もらえないよりはいいかなと思いますが、せっかくなのでSASラウンジを

見てみたかったです。残念!

 

 

 

そして。。。。到着です(汗

時間が短かっただけに、ほとんどサービスがないんです。なので、取り上げるネタも

なくて………すみません。

 

今日のホテルはブリュッセル市内なので、まずは市内に移動。

と思ったら表示板がおもろい

f:id:engineer-traveller:20190123135325j:plain

空港送迎はKiss & Flyで表現されるんですね。

 

f:id:engineer-traveller:20190123135510j:plain

 

初めての地にびっくりしながら、まずは市内に向かうことにしましょう!

 

カテゴリー
ANA

2019年ANAは新規路線ラッシュ? 今度はロシアに。

皆さま、こんばんわ!Engineer Travellerです。

先日ANAの新規就航都市として、チェンナイという報道がされました。

 

www.engineer-traveler.com

 

インドの成長も目覚ましいので、ビジネス路線としては順当なところと思ってましたが

ここにきてもう1~2か所就航するとの報道が出てきました。

 

www.aviationwire.jp

 

ロシアのウラジオストクとモスクワです。

 

ウラジオストクは意外な感じがしましたが、知り合いの女性なんかに聞くと

行きたい都市の候補にウラジオストクが入ったりするみたいですね。

ロシアはVISAが必要な関係からビジネス需要が多いというイメージがあるのですが、

ウラジオストクなどの極東地域についてはE-VISAの取得が可能とのことで、

成田空港からも2時間ほどと適度な距離にあり、ちょっとした東欧の雰囲気も味わえる

ということで、観光地としての注目を集めているようです。

現在、ウラジオストクからは日本の成田空港にS7航空とオーロラ航空が就航している

ようです。自分は新潟空港も就航してなかったかと思ったのですが、運休になって

いるようですね。

 

 

モスクワについては、順当な就航都市だと思っていました。昨年の2月の

中期経営戦略でも,,,,,

 

www.ana.co.jp

 

ホワイトスポット(未就航地域)としてあげられていました。

https://www.ana.co.jp/group/pr/201802/img/20180201-2-004.png

 

現在モスクワへは

アエロフロートがシェレメーチェヴォ国際空港に 毎日

日本航空JAL)がドモチェドヴォ空港に 週4便

飛ばしています。ビジネス需要を考えれば毎日運航が望ましいので、毎日運航が

できればJALの顧客を奪える可能性が十分可能性がありますね。

 

 

どちらも距離は欧州に比べれば短いですし、ウラジオストクは中国路線と同じくらいの

距離なので、プレミアムポイントが1.5倍になってくれると嬉しいのですが、おそらく

ヨーロッパ扱いで1倍どまりのような気がします。 

その代わり、ウラジオストク出発のオーストラリア行きチケットが安くなってくれない

かなぁ、、、、とちょっと気になっています。

 

正式発表を楽しみにしましょう!

 

カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第4期初のヨーロッパ訪問・エジンバラ滞在編⑤

さて、世界一周旅行のメイン、ヨーロッパ訪問です。

途中からの人は、ぜひとも一話目から見てみてください。

www.engineer-traveler.com

 

加えて、ダイヤモンド修行をするきっかけはこちらからご覧ください

www.engineer-traveler.com

 

 

 

ルーブル美術館を回った後はパリ市内の観光です。

パリいえば、、、、、ということでシャンゼリゼ通り。遠くには凱旋門も見えます。

f:id:engineer-traveller:20190113180413j:plain

 

凱旋門まで歩こうとするとこ~んな、格式高そうな古そうな建物があったり。

f:id:engineer-traveller:20190113180429j:plain

 

噴水なんかもただの噴水ではなくて、やはりちょっと豪華な感じがあります。

f:id:engineer-traveller:20190113180443j:plain

 

そんなこんなで定番中の定番ですが、パリの凱旋門。そして。。。。。

f:id:engineer-traveller:20190113180506j:plain

 

パリのエッフェル塔

f:id:engineer-traveller:20190113180526j:plain

オペラ座だったかな?

f:id:engineer-traveller:20190113180549j:plain

 

どれもこれも感銘な建物ばかりでほんとにびっくり。

滞在期間がわずか一日しかないのがもったいないくらい!

また今度ゆっくり来ないといけませんね。

 

 

移動にはパリの地下鉄を利用しました。あちこち急カーブが多いみたいなんで、

車両はかなりコンパクト。また、日本のように車両間を渡ることができないのが

特徴ですね。

f:id:engineer-traveller:20190113180614j:plain

 

中はこんな感じです。

f:id:engineer-traveller:20190113180632j:plain

 

 

そんなこんなで、歩き回りつかれたので近所のレストランで一服です。

まずはビールを一杯っと。。。。。

f:id:engineer-traveller:20190113181013j:plain

 

そして、頼んだのはハンバーガー。

えっと…….

f:id:engineer-traveller:20190113181038j:plain

 

やっぱりでかすぎなんですけど……..

 

とまぁ、こんな感じでパリの夜は更けていきました。

f:id:engineer-traveller:20190113181125j:plain

 

って、これでも夜8時くらいなんですけど、ほんっと明るすぎ!

全然寝る気も飲む気もうせてしまいます。。。。

カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第4期初のヨーロッパ訪問・エジンバラ滞在編④

 

さて、世界一周旅行のメイン、ヨーロッパ訪問です。

途中からの人は、ぜひとも一話目から見てみてください。

www.engineer-traveler.com

 

加えて、ダイヤモンド修行をするきっかけはこちらからご覧ください

www.engineer-traveler.com

 

 

一夜明けて、朝一から移動開始です。時差のせいなのか朝2時には目覚めてしまい、

それ以降寝付けなかったのが一番大きいんですけどね。

 

ホテルの空港送迎を使ってシャルルドゴール空港に移動。

そこから鉄道でパリ市内に移動です。今回ヨーロッパを回ってみて分かったのですが、

海外の空港は鉄道直結で非常に利用しやすかったです。

 

 

天気はあいにくの雨。けど、パラパラ程度になってきてたので傘なしでなんとか

周れそうです。さっそく飛び込んできたのが、石造りの街並み!

 

f:id:engineer-traveller:20190113171155j:plain

 

歴史を感じさせる非常にきれいな街並みです。ちょっと路地にそれていくと…

 

f:id:engineer-traveller:20190113171221j:plain

 

 

石畳の街並みに変わりました。この街並みもほんと味があって良すぎです。

歩いて回ると、チーズ専門店や、果物店、魚屋があったりして生活感満載です。

 

そんな中で見つけたのが、地元のカフェ。オープンカフェになっているので、

おしゃれに朝食をいただくことに。。。

 

頼んだのはチーズトースト。

 

f:id:engineer-traveller:20190113171255j:plain

 

ナチュラルチーズがほんのり焦がしてあって、さらに蜂蜜をかけてあって美味!

かなりおしゃれなトーストです。朝からナイフとフォークで頂くなんて、

おしゃれすぎます。

 

f:id:engineer-traveller:20190113171317j:plain

 

加えてコーヒーにジュース、さらにパンももう少し。これでいくらだったかな?

1500円くらいでちょっとお高めだったような気がします。

でも、パリらしいおしゃれカフェに大満足。これからこんなモーニングが

続くんでしょうかね?

 

朝食後はちょっと時間があったので、街を散策。

やはり所々で気になってしまうのが街中にあるバイク。

日本では原付なんかを多く見かけてしまいますが、ヨーロッパでは

ロングツーリングむけのバイクが非常に多い。

なので、バイク好きにはワクワクですね。

 

見かけたバイクは VFR800  自分の乗っているバイクの色違い。

自分よりもちょっとくすんだ赤ですね。

f:id:engineer-traveller:20190113171432j:plain

 

ホンダのなんだろ?CB系のツアラーかな? サイドケースが一体化していて

かっこいいです。

f:id:engineer-traveller:20190113171452j:plain

 

 

BMWのSTシリーズ。やはりサイズがかなりでかい! 

さすがヨーロッパバイクっていうのを実感させます。

f:id:engineer-traveller:20190113171518j:plain

 

 

いや~街中を見ていても本当に飽きない。いいところばかりです。

やはり意を決してヨーロッパ訪問を計画して正解でした。

 

 

いい時間になったので、一度は行ってみたかったルーブル美術館です。

なぜかといいますと。。。。。 これを見たかった。

f:id:engineer-traveller:20190113171547j:plain

 

なぜかというと、自分の地元、仙台の泉中央駅がこのモニュメントと

そっくりなんです。

 

http://centralstation.isobesatoshi.com/img/izsh1.jpg

http://centralstation.isobesatoshi.com/img/izsh1.jpg

 

一度は実物を見てみたいと思っていたので、やっと念願がかないました。

 

でも、ルーブル美術館は非常に広い。上の写真で見えている建物だけではなく、

両脇、後方にかけて展示スペースがあります。なんで、一日じゃ回りきるのは

到底不可能。

 

今回は滞在時間も一日と短いので、有名どころを抑えて回ることにしました

 

 

けど・・・・

 

 

展示物以外からしてもまずあっけにとられてしまいました。

f:id:engineer-traveller:20190113171706j:plain

f:id:engineer-traveller:20190113171730j:plain

 

 

石造り建物の荘厳さといい、天井には見事なまでの装飾。これにはあっぱれ!

展示会場に直接行こうとしても、どうしても上を見てしまってなかなか進むことが

できません。

 

そんなかんじであちこち進んでいくと、定番すぎですが・・・

ミロのビーナスが・・・・

f:id:engineer-traveller:20190113171757j:plain

モナ・リザが。。。

f:id:engineer-traveller:20190113171826j:plain

 

 

 

モナリザ前にある、めちゃくちゃでかい絵。名前は知らないのですが、

これが一番の圧巻でした。

f:id:engineer-traveller:20190113171846j:plain

 

結局2時間ほど滞在しましたが、非常に満足。

今度時間があるときには丸一日滞在したいところですね。

 

さてさて、次に行きましょう!