世界一周ダイヤモンド修行旅行記 第三期ムンバイ737-700ER搭乗編③

さて、ついに念願のB737-700ERに搭乗です♪

 

日程    出発    到着  便名  予約クラス   獲得プレミアムポイント

8月1日  ムンバイー東京成田  NH830     M       6701

 

目の前に念願のB737-700ERも到着したことだし、時間もいい感じだったので

空港内をうろついて登場口に向かうことにします。

 

 

空港内の感想はだたっぴろい!!最近できたかのごとく、床面は石づくりで

高級感もあり、天井も高くていい感じです。

実はANAが乗り付けた86番搭乗口はイミグレには近いのですが、

ちょっとわき道にそれたところにありまして。。。。

 

 

ぶっちゃけて言えば、閑散!!としたところでした。

 免税品とかをのんびり見たかったのですが、残念。

 

ぶれぶれですが、搭乗口はこんな感じです。

 f:id:engineer-traveller:20181231113142j:plain

 

 

委託会社の制服だとは思うのですが、青色で決めていてくれていました。

 

 

待っているのは20~30名ほどの人たち。日本人が8割といった感じでしょうか。

 

これが、B787であれば200名前後集まっているはずですし、搭乗時刻が近づけば

長蛇の列なのでしょうが、満員でも40人強なので、だれも並ぶ気配はありません。

一応、優先搭乗もあったのですが、非常にまばら!!

あまり意味がないかもしれません。

 

 

ですが、プラチナメンバーの優先搭乗を使って搭乗です。

 

 

念願の座席はこんな感じ。

 

f:id:engineer-traveller:20181231113318j:plain



エコノミーでも、プレミアムエコノミー相当くらいですので、

シートは古いB767-300のビジネスクラスに似たシートが厚めの奴でした。

 

 

 

ヘッドフォンはエコノミーですが、ソニーノイズキャンセリングヘッドフォンで、

ちょっと高めな感じです。結構ノイズキャンセリングの威力を発揮することを

確認することができて、上空に上がってからは機内の雑音を本当にキャンセルして

映画を堪能することができました。 耳栓代わりにも使えます。

これはビジネスクラスにあるタイプだったのかもしれません。

 


ヘッドフォン

 

 


シートテレビは装備されておりませんので、数インチ液晶のHDDプレイヤーが装備されています。

 

f:id:engineer-traveller:20181231113638j:plain



これでバッテリーを積んで2~3時間使えれば文句なしだったのですが、

ACアダプタがないと見れないのでちょっと不満。ACアダプターを使ってしまうと

どうしても、電源ポートが埋まってしまうので、携帯の充電ができません。

その辺りは使い勝手が悪いですね。

今回は隣席が空いていたので、そちらからとりましたが。。。。

 

 

足元は国内のプレミアムクラスに似た感じの広さ。プレミアムエコノミー相当なので、

行きに使ったB767-300ERのエコノミーよりははるかに快適でした。

 

f:id:engineer-traveller:20181231113529j:plain

 

 

 

 ちなみに、機内はこんな感じ。

 

 

f:id:engineer-traveller:20181231113817j:plain

壁の直前にあるのがビジネスクラスなのですが、

壁の前はリクライニングができないとか・・・・(汗

 

ビジネスクラスの意味があるのかな?

 

 

搭乗率はざっと7割といったところでしょうか。



というわけで、出発して機内食機内食はデリー便でもあるような

ごくごく普通のエコノミーのもの。プレミアム感はてんでないので省略!

 

f:id:engineer-traveller:20181231114414j:plain



 

この飛行機は20時過ぎ発。日本時間で23時半ですので、出発して食事をして、寝たらいい感じに日本時間に合っていいですね。

 

食事をして、すぐ一眠りして目が覚めるといい感じの朝焼けが見えるようになります。

f:id:engineer-traveller:20181231114433j:plain



こういう風景っていいですね。非常に好きです。

 

<続く>

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村