JALはバンガロールに。 日系エアラインのインド戦争勃発!?

 

 皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

世界一周ダイヤモンド修行記もありますが、JALANAなど各社から2019年度の

就航計画などが発表されていますので、いろいろとチェックしてみました。

 

<目次>

 

 

ANAに関しては昨日記事にしましたように発表済みのオーストラリア・パースと

合わせて、インド南部のチェンナイの就航が発表されました。

 

www.engineer-traveler.com

 

2019年のウィンターダイヤでANAが就航するとのことで、流通業と製造業の

重要都市を狙って日本からのビジネス需要と、インドー北米間の需要を獲得すべく

就航することを記事にいいたしました。

 

そしたら、JAL側でも結構似たようなプレスリリースが出てきました。

2019年度の路線計画をJALも決定したとのこと。

press.jal.co.jp

 

JALに関してはANAほど多くの新規計画などはあまりなくて、シアトルの新規就航

、モスクワ便のデイリー運航、ホノルル路線の機材変更(777-200ER⇒767-300ER化)

といった感じでした。

ホノルル線はANAA380就航させるので、GWや夏休み期間以外は供給過剰に

なることが予想されるので、767に規模を縮小したと思われます。

777-300ERに機材変更して、ファーストクラスのサービスを提供します!!

という感じで挑戦的になるかと思ってたんですが、違ったようです。

 

さて、一方で個人的には別リリースで出ていた

press.jal.co.jp

 

バンガロール (現地のカンナダ語で”ベンガルール”)への就航です。

(個人的にはバンガロールが慣れているので、バンガロールで紹介させてください。)

 

実はこの都市はチェンナイとほぼ同じ人口を有する、インド第五の都市になります。

チェンナイに比べると内陸に入ってしまうので、若干製造業から離れてしまう傾向に

あるのですが、そんなの関係ない産業が多く集まっています。

 

 

それは何か? ソフトウェア産業です。 ソフトウェアであれば、ネットさえあれば

内陸であっても不都合ありません。加えて、インドはアメリカのほぼ真裏に位置して

いますので、アメリカで昼米にやった仕事を引き継いで、アメリカの夜(=インドの

昼間)に仕事をやっていく疑似2交代制ができます。

 

 

さらには、デカン高原の高地にあるので、インドの南部にあるにも関わらず

気温は年中通して20~30℃くらいで安定しており、インドの軽井沢と言っても

いいくらいに避暑には最適な都市になります。

 

こういう条件がそろっているため、Google や Oracleマイクロソフトといった

ソフトウェア関連会社が非常に多く集積しています。

日本人にも過ごしやすい環境は非常に好評で、ソフトウェアのNTTデータ

はじめ、各種製造業も工場を設けている都市になっています。

 

こういう状況を見れば、バンガロール就航も納得していただけるのではないでしょうか?

個人的にはANAが良かったのですが、チェンナイと同時に就航というのは難しいので

しょう。攻勢をされる前に、JALが陣地を取りに行ったわけです。

 

就航時期は2020年の夏ダイヤまでにという、一年以上先の話にしては

Table_rev.png

 

時間がほぼ決定しているという周到さ。ダイヤは北米への乗継を重視したダイヤに

なっていますし、バンガロールでの折り返しも2時間40分取っているので、冬場の

偏西風が強い時期は成田の出発時間を同じにして、折り返し時間を短くする戦法の

ような気がします。

 

ダイヤまで発表したのは、ANAのチェンナイ就航との新聞記事を受けてインド需要を

取られないようにするために、早めに発表をしたと考えるのが自然ですね。

 

バンガロール空港には提携しているVISTARA航空がありますので、多少支援はして

もらえるのかもしれません。

 

2019~20年にかけてはインドをめぐってお客の争奪戦が始まりそうです。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村