上級会員を目指そう! JAL国内線編③

 皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

 

さて、JALの国内線修行を考えてますが、ANAと同じようにやはり国内線修行を

するのであれば、東京ー那覇あたりを中心に実施することが良さそうなのが

分かりました。

www.engineer-traveler.com

 

......と言いたいところですが、実は別な方法もあります。その方法をちょっと解説

 していきましょう。

 

 

<目次>

  • もう一度おさらい! JALの上級会員の条件
  • 回数修行に最適な路線は?
  • あれ?回数修行だけで上級会員には...
  • まとめ

 

  • もう一度おさらい! JALの上級会員の条件

  さて、前回まで検討していたのはJALのFLYONポイントを50000ポイント貯める

 ための修行計画でした。けど、ちょっとここで一度上級会員になるための条件を

 確認してみましょう。

  

        f:id:engineer-traveller:20190303204227p:plain

  

  ちょっと見えにくかったので、エクセルで簡単にまとめてみると。

f:id:engineer-traveller:20190303210205p:plain

 

 こんな感じになります。ミソは②の

サファイヤ: 搭乗回数 50回(ただしJALグループ便25回以上)

             かつ1万5千FLYONポイント以上

 という条件です。前回の上級会員修行は①のポイントで達成するために

 考えていました。が、JALは②の回数を基準にした上級会員の条件もあります。

 (※昔はANAも似たような回数条件があった時期もありました。)

 

 せっかくなので、②の回数条件と①のポイント基準と比べてどっちがお得に

 修行ができるのか考えてみましょう!

 

 

  • 回数修行に最適な路線は?

  さて、②の回数修行ですが、①のポイント基準でする修業とは全く方向性が

 異なってきます。ポイントは”長く乗って距離を稼ぎつつ安い路線に乗る”のが

 一番の目的ですが、②の回数修行の場合は回数を多く乗ればいいので、

 ”短い路線に数多く乗りまくる” ことが一番の目的になります。

 当然ですが、国際線で回数修行をやるのはお金の面で無謀です(笑)

  ※ と言っても、ほんとは羽田ー大阪を飛び回ったり中国・台湾などの近距離国際線に乗るような

    ビジネスマンを想定した条件のような気がします。

  

  じゃぁ、JALの距離が短い路線はどの路線なのでしょうか?時刻表を調べていくと

  わかるのですが、まとまっていなくてわかりにくいのでリスト化してみました。

  

        f:id:engineer-traveller:20190303212417p:plain

   

   今回調べてみてびっくりしましたが、沖縄の離島間のフライトで

  8マイル(13km弱)の路線があるんですね。フライト時間もわずか20分です。

  東京駅からいけば西方面は川崎、北方面なら赤羽までの距離。

  電車で行っても20で行けるところなので巣鴨が、やはり離島区間だけに船で行くと

  2時間はかかりますので、利便性には代えがたいんでしょうね。

 

  ちなみに、この区間のうちいくつか先得運賃をピックアップしてみました。

    -那覇 ~ 久米島  :4620~5820円

    -大阪 ~ 但馬   :6860円

    -奄美大島 ~喜界島 :4900円

  いずれもお安くなっています。(距離単価は高いですが…...)

  

  というわけで、50回搭乗すればいいですので、那覇久米島の最安運賃で

  計算していくと・・・・

    4620円/フライト  × 50 =23万円

  サファイヤになるためには23万円必要になってきます。

  ちなみに、①のポイント基準の修行の場合は、前回の結果から6.5円/FOPでした

    50000 ×  6.5円 = 32.5万円

  になります。

  ということは、②の回数修行がお得っていうことですね!!

  

  • あれ?回数修行だけで上級会員には.....

   ……と思ってしまいますが、回数修行の条件の一つ50回は満たせていますが

  FOPの条件1万5千ポイントがどうなるかというと…

    59 (マイル) x 0.75(先得運賃)  x 2(国内線の倍率) 

                  =88FOP/フライト  

 

   88FOP/フライト x 50 = 4400FOP < 15000FOP

   15000FOPにはまだまだ届かないのです。なので、短い路線に乗るだけでは

  だめですね。なので、たまにはちょっと距離がある路線に乗る必要があるわけです

 

  例えばですが……

    羽田 ⇒  那覇  ←2~3往復→ 久米島   ⇒ 東京

   というルートを組んでみれば、羽田=那覇の往復で4000FOPくらい得られます。

 

  ということは、3往復すれば12000FOPくらい貯まりますので。。。。

    羽田=那覇   3往復  12000FOP    (搭乗6回)

    那覇久米島 22往復    3872FOP            (搭乗44回) 

  という感じにすれば回数修行は成り立ちそうです。那覇訪問一回につき

  久米島7往復が必要になりますので、一泊する必要があります。

     f:id:engineer-traveller:20190303222559p:plain

   時刻表では一日で久米島4往復はできますので、頑張れば2日で7往復は

  できそうです。しんどいならば、3日間でこなしてください。 

   金額的には

 12000FOP x 6.5円/FOP  = 7.8万円

 4620円/フライト x 44回  = 20万円

              合計   28万円弱

 

           となるので、若干ですが回数修行のほうが若干安くなるようです。

   多少増減があるでしょうから、あとはチケットを予約して確認してください。

 

   そのほか便利な路線として、大阪(伊丹)~但馬線を使うために、朝一で

  羽田空港から伊丹空港に向かう修行路線がメジャーかと思います。

  距離が短い路線を使って、自分なりの修行ルートを作ってみてください。

 

 

  • まとめ

   今回は搭乗回数を使ったJAL国内線修行について考えてみました。

   結果として・・・・

   ・FOPポイント修行と回数修行を比べると、回数修行が若干費用が安い

   ・回数修行だけでは最低FOPが足りなくなるので、東京ー那覇などを入れる。

   ようにして、修行を行えばよさそうです。

 

   では、次回国際線の修行方法を考えてみましょう!

 

 

 

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村