カテゴリー
インド旅行 お得な旅行手段

インド旅行事情① モバイル・ネット環境

こんばんわ!Engineer Travellerです。

自分は結構仕事で海外に行くことが多くて、その中でもインドに行くことが多くなっています。

 ここ最近インドのモディ首相と安倍首相が仲良くすることが多く、新幹線をインドに作ろうとしたり、インド人の入国をしやすくしているようです。

そのせいか、日本人がインドに行く機会も増えているようですので、インド旅行のお役に立つような情報も提供していきたいと思います。
 

 

インドの携帯会社

インドの人口は現在10億人を超え、今後数年で確実に中国を追い越すといわれています。また、路上生活者も多いので、そういう人も入れたらもうすでに抜いているのかもしれません。なので、その分モバイル需要が旺盛な市場になっています。

 

携帯会社で有名なのは

Airtel 4G – Prepaid | Postpaid | Broadband | Payments Bank| DTH

Vodafone India – Prepaid | Postpaid | Callertunes | Buy New Connection | Mobile Services

Tata Indicom(旧 TataDocomo)

こんな会社ですが、これだけではなく回線を借りて事業を行う、格安SIM系の会社もかなりあるので、もうキリがありません。ですが、上の会社を選んでおけば十中八九問題ありません。

また、国土が広い関係で固定電話があまり発達していないようで、お店であっても携帯電話でやり取りをしたり、イエデンワ

のように、固定電話の顔をした携帯電話なんかもあったりします。

 

空港でSIMを買うのはおススメできません

 メジャーな空港(ムンバイ・デリー・バンガロール・チェンナイ)では大抵の携帯会社のSIMを買うことができます。

    f:id:engineer-traveller:20190529070300j:plain

             ※Airtelのお店@デリー空港

プランがいろいろとあるはずなのですが、紹介されるのが大体1000~1500ルピー(1700円~2500円くらい)で毎日1GBくらい使えるプランです。結構行くたびに代わるのと、カタログみたいなのを見せてくれないのでその辺適当なようです。

空港であれば、パスポートを見せてコピーを取り、ホテル名と現金を渡せばSIMをもらえますが……

で、あまりお勧めができません。また、会社によってはエクスプレスサービスということで、追加1000ルピーで即時開通!というプランもあるようですが、アクティベーションに1700円かけるのはほんとにおススメができません。

 

ですが、国内・国際電話料金は爆安!

 国内で大体2~3円/分

 国際で   20円/分

程度ですので、ローカルの人と連絡を多くするなら現地のSIMです。ですが、ネットだけでしたら、やはり現地SIMはおススメできません。

なので、別な手段をお勧めさせていただきます。 

旅行時インドでネットをするなら

案1 Wifiを日本出発時に借りる

これが一番確実で安心です。

有名なところであればイモトのWifiGlobal Wifiなどがあって、大体一日500円~900円前後で借りられます。その国に合わせたSIMをプリセットしているので、Wifiのアクセスポイントを設定すればよいだけです。

ですが、行きかえりの移動時間の部分も必要な期間にカウントされてしまうので高めにつく傾向があります。

 

メリット

  • 設定が簡単
  • 日本で契約するので、日本語で契約が可能

デメリット

  • 行きかえりの移動期間も含めて借りる必要がある

 




案2 インドでSIMを買うかレンタルする

 これは最初にも案内しましたが、契約時にお店の人に確認するのと、アクティベートのために電話をかける必要がありますので 英語力が必要になります。

 ですが、こちらが最安プランにはなります。大体500円あれば、1週間で3GBプランなどが使えたりする場合もあります。

 

メリット

  • 最安のプランを契約することも可能

デメリット

  • 英語力が必要

 

最安で済ませたい人向けには別途インドSIM講座をやります。

案3 SIM2Flyを買う

では、wifiよりはやすくしたいけど、英語は話せないという人にはこういうのがおススメです。

AMAZONなどではSIM2Flyというアジア各国だったりヨーロッパで使えるようなSIMが結構あります。その中でもアジア版SIMが1250円で売られています。今回の場合は8日間で4GB使えますので、コスパはまずまずです。

ただし、海外でも使える携帯(SIMフリー携帯)が必要なのと、その国の周波数が使えるかどうか確認する必要があります。

※大抵4G対応であれば大丈夫だと思いますが、使えない場合もまれにあるので注意です。 

 

メリット

  • 日本で購入するので安心して購入できる

デメリット

  • SIMフリー携帯が必要
  • APN設定が必要な場合もあるので、知識は必要
  • 携帯の周波数と現地の周波数が対応しているか確認が必要

 

 

 

まとめ

  さて、簡単にではありますがインドの携帯事情と旅行時のネットプランを紹介させていただきました。個人的には案3のFly2SImですが、すでに現地SIMを購入して頻繁に行っていると案2が最良になってきます。

 

 皆様のプランに応じてセレクトしていくのが一番いいと思いますよ! 

 

↓よろしければワンクリックお願いいたします

 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
2019年搭乗記録

JGC修行? 2019-①インドデリー出張記 第二回 日本出発!編

こんばんわ!Engineer Travellerです。JGC修行ではないのですが、2019年の搭乗記録として、4月後半のインド出張とその後のGWの旅行記をまとめておきたいと思ったので、備忘で示しておきます。

 一回目の話はこちら!

www.engineer-traveler.com

 

暇つぶしにラウンジホッピングの記録はこちら!

www.engineer-traveler.com

www.engineer-traveler.com

 

 

今回のフライト

今回のデリー行きのフライトは次のフライトを選びました。

出発空港 時間 到着空港 時間 便名 予約クラス 区間マイル 獲得FOP
大阪関西 10:00 香港 13:00 CX503 K 1548 774
香港 17:45 デリー 21:30 CX695 K 2328 1164
デリー 22:40 香港 6:55 CX698 M 2328 1164
香港 7:55 大阪関西 12:55 CX594 M 1548 774

 

理由はいろいろとあるのですが、JGC修行もあるのでワンワールドのフライトにしたかったので、JALキャセイかマレーシア航空の選択になりました。アジア圏のFOP1.5倍もあるので、できればJALが良かったのですが、予約時にはすでに満席。

すると利便性のいいキャセイ一択になります。 特に帰りが今回は重要で、到着がGWの初日。初日の16時半には中国国際航空でパリに向かうので、絶対に遅れられません。

 

大幅遅延で無事出発

 いろいろとひと悶着がありましたが、何とか予定?の遅れ通りに3時間40分遅れで香港に飛び立てそうです。

 

      f:id:engineer-traveller:20190529070051j:plain

 

 ラウンジホッピングのせいでおなか一杯だったにも関わらず、結局機内食はリクエストしてしまいました。。。。

でもやはりおなかいっぱいなので、半分くらいしか食べられず!これでプラス500gになった気がします。

 

    f:id:engineer-traveller:20190529070106j:plain

日本出発では定番のうどんoroそばにシーフードパスタでした。 

 

香港までは4時間弱。ひと眠りしてしまうとあっという間です。そして5時間余りあった乗り換え時間が1時間程度になってハラハラしますが…….

 

デリー行きのゲートはお隣で、乗り換えポイントのすぐ近くだったので安心です!ですので、ラウンジにはいかずにゲート近くでおとなしくしておくことにしました。

 

近くには日本では1000円カットで有名な

     f:id:engineer-traveller:20190529070121j:plain

QBハウスの店舗があったりします。こんな香港空港で切る人なんておるんかな…….

 

デリー便は熟睡!

 CX695便香港発デリー行きは香港でのんびりする間もなくあっという間に搭乗になってしまいましたが、朝早くから動いていたせいか・・・・

 

 ほぼ全区間熟睡

 

してしまいました。気づいたのは着陸時の衝撃という、ほんとに熟睡フライトになってしまいました。

そんな感じでデリー国際空港(通称IGI Indhira Gandhi International Airport)の到着フロアです。

     f:id:engineer-traveller:20190529070138j:plain

 

いつも思うのですが、インドに降り立った途端、独特のインド臭が漂ってきます。何とも言えない・・・・お香のにおいでしょうか。ほんとこれを嗅ぐたびに、インドに来たなぁ!!という実感があります。

 

4月の後半ですが、この時期は雨期前の第一期の夏!時間は21時過ぎですが、気温は……

      f:id:engineer-traveller:20190529070151j:plain

 34℃。日中は40℃近くになりますので、日中はあまり出かけずに室内にいることをお勧めします。でも、室内のエアコンはガンガンに聞かせる傾向がありますので、インドに行かれる方は寒暖差に気を付けてください。

 

そして、イミグレーションでは定番のが待っています。

     f:id:engineer-traveller:20190529070241j:plain

 

自分は紙のVISA(事前に大使館や領事館に申請してパスポートに張り付けるタイプ)ですので、左側のイミグレに並びますが、最近増えているe-Visa(電子申請ビザ)を使われる方は右側の方にあるイミグレを使うようになっているようです。

数年前に比べてだいぶ窓口も増えて使いやすく、待ち時間も短くなっているので非常にユーザー想いの空港です。ですが、審査官は相変わらずのんびりとしたりおしゃべりしたりと、インド人らしい行動をしています。

 ですが、やはりスタンプを押してもらえたら

 

ダンニャワード(ヒンドゥー語のありがとう)

 

と言うようにしましょう。

 

まとめ

  香港ではラウンジ訪問も何もできなかったので、参考になる情報が少なかったかな。。。。でも、インドは時期や場所によってだいぶ気温が変わってきますので、Googleで天気予報を調べておくことをお勧めします。

 

 

↓よろしければワンクリックお願いいたします

 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村