独自検証! 海外でのクレジットカード利用 どのブランドがおトク?

こんばんわ!Engineer Travellerです。

 

4月末にかけて出張とヨーロッパに旅行と行ってきました。海外に行くと必要になってくるのがクレジットカードです。特にそこそこのホテルに泊まろうとすると、チェックイン時に

クレジットカードを提示してください

って言われたりします。そういう時に使えるクレジットカードを一枚持っておくと何かと便利になります。

 

 

海外でこそカードを使おう

    f:id:engineer-traveller:20190625220648j:plain

カードのメリット

 国内でもコンビニをはじめ、クレジットカードがつかえます。iphoneiPadを使ってクレジットカードが使えたりして、使えるお店が拡大してきました。

 ですが、日本に比べたら海外ではクレジットカードが当たり前の世界で、コンビニやレストランは当然ながら、スタバ・自動販売機などなど多岐にわたっています。

 海外出張や海外旅行に行っていると、こんなことがメリットになっています

 

  • 持ち歩く現金が少なくて済む。
  • 両替する金額が少なくて済む。
  • 両替レートがおトク
  • レストランなどで現金の残額を気にしなくて済む。
  • カードによって無料で保険がついている

  大きなところがメリットになっているので、Engineer Traveller的には何種類かカードを作って場合に応じてお得なのを使うようにしています。

不正使用が怖いでしょ?

 クレジットカードを使わずに現金を通しているが心配しているのは

でもクレジットカードは不正利用とかされたら大変でしょ??

 ってことです。ですが、大抵のクレジットカードは現金よりも絶対に安全です。

 不正利用されて即時にカード会社に連絡すれば、使用者に落ち度がない限りは保険でカバーされるので、払う必要はありません。ですが、現金は盗まれたら一巻の終わり。二度と戻ってきませんし、補償はありません。

 

 そういう意味ではカードは安全な決済手段の一つと言えます。

 ※ただし、支払いの時に気を付けなければいけない時もありますけどね。

 

 

クレジットカードの基本

 カードの仕組み

 あのプラスチックのカード一枚で、いろいろなものを買ったりできるのは結構不思議だったりしますね。クレジットカードの

      ”クレジット”

というのは

      ”信用”

という意味ですので、”持っている人の信用性を示すカード”という意味になります。なので、カードを見せることでカード会社が信用で立替払いをしてくれるおかげで、商品が買えたり食事ができるわけです。

 

 イシュアとアクワイア

 この時に重要になるのがカードの

イシュア

アクワイア

 

本当はカードを発行している会社(イシュア)が、お店と契約して立替払いをできるようにするのがいいのですが、お店が数多くなってくると、イシュアが個別にお店と契約するのが難しくなってきます。

 そこで出てくるのが、アクワイアラと呼ばれる加盟店をまとめていく代理店になります。このアクワイアラとイシュアがやり取りしあって、立替払いをしていくのがクレジットカードの基本的な仕組みになります。

f:id:engineer-traveller:20190625233913p:plain

 国際ブランド

 けど、このアクワイアラとイシュアの契約も日本国内ならいいのですが、日本のイシュアとアメリカのアクワイアラが個別に契約をすることがまた難しくなってきます。

そこで、違う国(もちろん国内も含めて)との橋渡しをするのが”国際ブランド”の役割になります。

f:id:engineer-traveller:20190625230501p:plain

 国際ブランド の有名なところは

 

 がありますが、日本人に身近な存在で行けばJCBVISAの2種類ではないのでしょうか?こういった国際ブランドが書いてあるカードを持っていれば安心ですが、たまにJCBだけ!とか、VISAだけ!とかいう加盟店もありますので、複数ブランドを持つのもいいはずです。

お得なブランドはどこだ?

 計上レートを確認

 海外でカードを使うと外貨を円に換える必要があります。この時のレートが悪いと支払い金額が多くなってしまいますし、逆に良いと支払いも少なくなります。

 海外での利用分は

現地通貨利用分 x レート x イシュア事務手数料

 になりますが、イシュアの事務手数料はいろいろとありますので、国際ブランド毎のレートを確認したいと思います。

 なお、参考にしたのは国際ブランドで過去の履歴が確認できる

 JCBBase Rate (各国通貨と米ドルとのレート)

 VISA:Currency Exchange Calculator

 Master:Currency Converter

の3ブランドを比較してみたところこんな感じになりました。

 

<USD>

f:id:engineer-traveller:20190626004206p:plain

 

 <EURO>

f:id:engineer-traveller:20190626005046p:plain

 意外とオトクそうなJCB 

 黒線が実勢レートなので、これよりも悪くなることが多いです。こうしてみると、比較的赤のJCBは奮闘していて、ほかの2ブランドに比べてレートが良さそうです。一方他の2ブランドはちょっと高めに設定されています。

 次にレートが黒線に近いのは、微妙でVISAとMasterがほぼ拮抗していることがうかがえます。

 海外レートがいいMasterカード

というイメージがあるEngineer Travellerですが、案外JCBが健闘しているのが正直なところです。

 

VISAとMasterのレートにタイムラグが 

 よくよく見るとVISAとMasterカードのレートを見てみると若干シフトしたようなグラフになっていることがうかがえます。 実際にWebサイトで土曜日や日曜日のレートを確認してみると

 VISA  ⇒ 週明け月曜日のレートが適用される

 Master  ⇒ 週末の金曜日のレートが適用される

 

ようになっているようです。平日でも同じような傾向が出ているみたいですね。

実際に検証してみる必要があるかもしれませんが、これが本当ならば、VISAかMasterしか使えないお店では・・・・

 円安方向にレートが動いているとき ⇒ より円高が適用されるMasterカード

 円高方向にレートが動いているとき ⇒ より円安が適用されるVISAカード

 

が良さそうです。

 

 

 

まとめ

 Masterがお得というイメージもありましたが、案外海外でもJCBがオトクそうなのが見えてきました。VISAとMasterも面白い特性がわかってきましたので、レートを考えながら使うカードを選択するとお得に旅行ができそうです。

 

 次回はそれぞれのブランドでオトクそうなカードを見ていきたいと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村