カテゴリー
ANA お得な旅行手段

検証!! 飛行機をリモコン式のけん引車で引っ張る時の意外な課題

こんばんわ!Engineer Travellerです。

家のWimax回線が急遽トラブルで停止してしまい、200kbpsのテザリングしかなくなり、全然更新できませんでした。

やっとWimaxが復旧したので更新を再開していきたいと思います。マイルネタもだいぶたまってきていますが、ANAのプレスリリースでの面白そうなネタがあったので、エンジニア視点で検討してみたいと思います。

 

 

  

航空機のけん引を検証してみる

リモコン操作で航空機けん引を実用化

  さて、今回注目したのは……

www.ana.co.jp

 

 という、ANAのプレスリリースです。九州の佐賀国際空港でいろいろなトライアルを実施しているようですが、その一つにリモコン操作による航空機けん引を営業運用でも使用することになったとのことです。

 ANAのHPから写真を借用させていただきますが、、、

ANAのプレスリリースより引用

 

 これまで使用しているけん引車とリモコン式のけん引車を比べると一目瞭然。大きく小型化されていることが分かります。通常のけん引車はエンジン駆動に対してリモコン式のけん引車はバッテリー駆動による電動ですので、地球環境にもやさしくなっています。

 実際に調べてみると、車重などはこんなに違いました。

メーカー コマツ製トラクター Spacer
WT500E WT250E 8600
重量 50ton  25ton(たぶん) 5.4ton

 比較の写真に出ているのが、WT250Eというトーイングトラクターだと思うのですが、今回実用化に使用した重量は25トン。

 一方今回実用化したリモコン式けん引車 Spacer 8600はわずか5.4トン。

 当然導入コストなどははるかに少ないことが予想できます。

 

 <参考サイト>

トゥイングトラクター | はこぶ | けんせつきかいだいずかん(建設機械大図鑑) | はたらくくるま・けんせつきかいのウェブサイト「ケンケンキッキ」

 

航空機のけん引の目的は?

さて、そもそもなぜ飛行機のけん引が必要なのでしょうか? 通常けん引やプッシュバックが必要な場合は

  • ターミナルから滑走路に向けて飛行機の向きを変える

  • 機体を格納庫から出してターミナルに据え付ける場合

 

f:id:engineer-traveller:20190723224606p:plain

 くらいかと思います。格納庫から出して据え付ける場合は結構な距離をけん引しますが、ターミナルから滑走路に向けて飛行機の向きを変える場合は、ほんの数十メートル~百メートルくらいでしょうから、そんなに走りません。

 こういう時にいちいち大きい車両を使わずにリモコン式でけん引・プッシュバックできれば最高ですね。ですが、リモコン式にするとデメリットも出てきてしまいます。その辺りを詳しく検証していきましょう。 

 

意外に難しい航空機のけん引

小型化するとけん引できない!?

  小型化するとモーターが小さくなるからけん引できないのではないです。

        

      f:id:engineer-traveller:20190723225858p:plain

  高校時代の物理の知識を使うと、質量Mのものを加速度αで引っ張るために引っ張る力は 

   F=Mα

 で求められます。このFをけん引車が出せればいいわけです。

 ターミナルから出るときにはそんなに速度はいらないので、ギアという減速装置を使って回転数を落としてあげれば、この力Fを大きくすることができ、飛行機とともに加速して引っ張ったり押したりできるようになるわけです。

 

 けど、このFを大きくすると問題が発生してしまいます。それは・・・

 粘着

 という問題です。

 

小型化で起きる粘着問題とは!?

 さて、粘着問題とはどういうことなのでしょうか??

 下に、けん引車のイメージを作ってみました。 いま、Fという力をある車輪で出そうとしています。

f:id:engineer-traveller:20190723232530p:plain

 この時のFとMの比率を粘着と言って、路面の状況や車輪の素材によって許容できる粘着が変わってきます。

 例えば、鉄道のような金属同士の場合は18~20%前後が許容粘着。 ゴムタイヤと舗装路面であれば、雨天時だと60%前後が許容粘着のようです。

 簡単に言ってしまうと、軽自動車に無理くりスポーツカーのエンジンを入れてもタイヤが空回りしてしまうような感じです。

 では、実際にどのくらいの粘着になるのか検討してみましょう。

 まずは、飛行機の質量ですが……Wikipediaによれば、小型機の最大離陸重量はこんな感じになっています。

           f:id:engineer-traveller:20190723233514p:plain

  最大重量であるA321の93.5トンと8600の5.4トン、合計98.9トンで考えていきましょう。 Spacer 8600の仕様書を見ると加速度は載っていませんが、10秒ほどで最高速度に達すると仮定すると……

         f:id:engineer-traveller:20190724001123p:plain

 加速度αは0.15m/s2になりますので、

   F=98.9[ton] x 0.15 [m/s2]  = 14.84 [kN]

   の力が必要です。この力をSpacer 8600の5.4トンのうち後方の半分がかかるタイヤで出そうとしますので、粘着は

   μ = 14.84 [kN] / ( 2.7[ton] x 9.8[m/s2])  = 56%

     ※9.8はtonをkNに変換する係数です。

 

  雨天時だと限度60%ですので、ぎりぎりです。

加えて、雨天時ではなく、降雪時は許容限度はもっと小さくなりますので、タイヤが空回りする可能性が否定できません。

 

  こういう時は、けん引車側に重り(鉄板など)を積んで無理くり粘着を小さくするのですが、せっかく小型化したのに重りを積んで大きく・重くするのは本末転倒です。

 

 

意外な方法で粘着問題を克服!

  そこで、このSpacer 8600では意外過ぎる方法で粘着を小さくする工夫をしています。その辺りは、交通系サイトの記事に回答がありました。

 

travel.watch.impress.co.jp

 このページの写真をみて分かりますが実はこのリモコン式けん引車、飛行機の前輪を抱え込んで引っ張ったり押したりしています。 通常は”けん引棒”を使うのですが、この方法ですとけん引棒の強度を考えなくていい!!という メリットがあります。

 実はそれ以外にもメリットがあって

  飛行機の荷重をリモコン式けん引車のタイヤに加える

 重りを載せるのと同じ効果を発揮することが可能になります。

 実際に計算してみましょう!

 

f:id:engineer-traveller:20190724011136p:plain

 今回、飛行機の前輪にかかる重量を10トン、そのうち半分の5トンが片方の車輪にかかると仮定すると

   μ = 14.84 [kN] / ( (2.7 + 5.0 ) [ton] x 9.8[m/s2])  = 20%

    粘着は20%まで低下。ここまで行けば、降雪していても滑らないことが分かります。 

 実際は駆動軸にかかる重量を極力大きくなるように設計するので、実際はもっと粘着は小さくなっているはずです。

 

 実際のけん引の様子がありましたので、ちょっと見てみてください


航空機けん引で実証実験 全日空、遠隔操作で効率化

 

まとめ

 実は小型化によるデメリットをカバーするために、飛行機の重量を使うという意外な方法で解決しています。エンジニア的にはうまく設計したなあ~と感心しています。

 佐賀国際空港に行く機会がありましたら、ぜひともこんなことを気にしてみてください。

 

 また、このSpacerの機種には195という最大けん引重量195トンの機種もあるようです。この場合は、ボーイング767もけん引できるようですが、さすがに777やA380はまだけん引できないようですね。

 

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA お得な旅行手段

5回目発表 ANAのトクたびマイル これから一か月ほどお休みか?

こんにちわ!Engineer Travellerです。

 

さて、定番になってきましたが、トクたびマイルの検証7月がやってきました。トクたびマイルの7月の設定は今週から来週にかけての1週間のみ。来週末は三連休、その次は夏休みということで、

あえて特典航空券を割引する必要がない!!

 というANAの考えが見え隠れしています。それに比べると、行き先が指定できないけどJALのどこかにマイルはあまり期間の制限がないのがいいところですね。

 おそらく8月のトクたびマイルの設定はハイシーズンを外した8月末の1週間だけになるんだろうな~と予想しています。

 

www.ana.co.jp

 

ちなみに、第1~4回目の時の記事が、こちらです。

 


 

 

 

 

 

トクたびマイルとは?

さて、トクたびマイルとはなんでしょう???

f:id:engineer-traveller:20190515013019p:plain

 

2019年度限定企画! 今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただけます。

 

特典航空券を利用するには、往復で最低で10000マイル必要ですが、それが最小で6000マイルで済むお得なプランになっています。

 

ANA以外のポイントなどに交換されて交換先に対価を支払うくらいなら、格安のマイルで空いている路線に人を乗せていこう!

 というANAの想いも見れ隠れしていますね。この辺はJAL”どこかにマイル”と同じですね。

www.jal.co.jp

 

 

今回発表された区間は?

ANAによると

<トクたびマイルのスケジュール>

予約発券期間:2019年7月3日(水)~7月9日(火)
対象搭乗期間:2019年7月4日(木)~7月10日(水)

  • ※キャンペーン対象路線、必要マイル数は対象搭乗期間の開始日2日前の17時ごろにホームページにてご案内いたします。

対象区間とマイルは2日前に発表ということで、7月2日に発表されました。今回もまた目立った路線があるといいな~という淡い期待を持って発表をみたのですが・・・・今回はどうなったのでしょうか??

トクたび
マイル
区間
3000
マイル
東京(羽田) 庄内
富山
八丈島
神戸・関空
札幌(千歳) 青森
仙台 小松
長崎 五島福江
4500
マイル
東京(羽田) 稚内
米子
高松
萩・岩見
大阪(伊丹) 青森
仙台
福島
名古屋(中部) 秋田
鹿児島
札幌(千歳) 静岡
福岡 小松
宮古
高松 沖縄(那覇
鹿児島 沖縄(那覇
広島 仙台

 

 

3000マイルが8路線

4500マイルが15路線

6000マイルが0路線 

 (大阪の伊丹・関西・神戸、東京の羽田・成田は別カウント)

 

となり、これまでに比べてちょっと増えて23路線。

今回の路線の特徴は、地方からリゾートや地方から地方に行く路線が増えているなぁ~ということです。

高松・鹿児島から沖縄(那覇)へとか、福岡から宮古、仙台から広島などちょっと変わった路線が増えています。こういうところに住んでいる人にはありがたい路線設定ですね。

また、意外だったのが幹線の一つ東京~大阪に設定されたことです。 大阪は伊丹空港ではなく、神戸・関空の2空港だけですが利用者が多いこの区間に設定されたのは意外で好感が持てました。

そして、前回同様6000マイルの設定は全くありませんでした。ここは残念ですね。

 

おトク度はどのくらい?

では、実際お得なのか?お得ならどのくらいなのでしょう?7月の一週目はまだまだレギュラーシーズンですので、普通の特典航空券のレギュラーシーズンと比較してみました。 

f:id:engineer-traveller:20190704060525p:plain

  

通常の特典航空券と比較すると50%引き~33%引きと、長距離ほど割引率が減っていて、インパクトがないのは過去4回と全く同じの状況。ハイシーズンは設定されなさそうなので、これ以上の割引率は期待できないのかな……

そして、相変わらず必要マイルは特典航空券のマイルレンジと一緒になっています。今後もこのままでいくのでしょうか?? JALのどこかにマイルと比べるとインパクトに欠けてしまいます。 

 

 

まとめ

 相変わらず、トクたびマイルはが~~~~っつりオトクという感じが相変わらずありません。ですが、通常よりは安いマイルで行けますし、通常のANA特典航空券と同じく前日まで予約すればOKですので、思い立ったら行けるのがいいです…….

が、いつチャレンジ的な路線を設定してくれるのか。楽しみに待っているんですけどね。

  トクたびマイルを定着させたいと思うのであれば、毎週まで行かなくても隔週くらいで設定したり、目玉路線を設定したりして注目を集めないと無視されるだけだと思うのは、私だけでしょうか・・・・

 

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
お得な生活 クレジットカード

海外でクレジットカードはお得か??~ショッピング編~

こんばんわ!Engineer Travellerです。

 

4月末にかけて出張とヨーロッパに旅行と行ってきました。海外に行くと必要になってくるのがクレジットカードです。特にそこそこのホテルに泊まろうとすると、チェックイン時に

クレジットカードを提示してください

って言われたりします。そういう時に使えるクレジットカードを一枚持っておくと何かと便利になります。

そこで、お得なクレジットカードはなにか?ちょっと検証してみました。

 

前回はカードのブランドのみで検証してみましたが、今回はカードの発行会社を確認してみました。

www.engineer-traveler.com

 

 

 

海外でこそカードを使おう

    f:id:engineer-traveller:20190625220648j:plain

カードのメリット

 国内でもコンビニをはじめ、クレジットカードがつかえます。iphoneiPadを使ってクレジットカードが使えたりして、使えるお店が拡大してきました。

 ですが、日本に比べたら海外ではクレジットカードが当たり前の世界で、コンビニやレストランは当然ながら、スタバ・自動販売機などなど多岐にわたっています。

 海外出張や海外旅行に行っていると、こんなことがメリットになっています

 

  • 持ち歩く現金が少なくて済む。
  • 両替する金額が少なくて済む。
  • 両替レートがおトク
  • レストランなどで現金の残額を気にしなくて済む。
  • カードによって無料で保険がついている

  大きなところがメリットになっているので、Engineer Traveller的には何種類かカードを作って場合に応じてお得なのを使うようにしています。

不正使用が怖いでしょ?

 クレジットカードを使わずに現金を通しているが心配しているのは

でもクレジットカードは不正利用とかされたら大変でしょ??

 ってことです。ですが、大抵のクレジットカードは現金よりも絶対に安全です。

 不正利用されて即時にカード会社に連絡すれば、使用者に落ち度がない限りは保険でカバーされるので、払う必要はありません。ですが、現金は盗まれたら一巻の終わり。二度と戻ってきませんし、補償はありません。

 

 そういう意味ではカードは安全な決済手段の一つと言えます。

 ※ただし、支払いの時に気を付けなければいけない時もありますけどね。

 

 

オトクにショッピングで使えるカードは?

 ショッピングの請求額

  さて、実際にショッピングを利用したら、どのように請求されてくるのでしょうか??

  海外では当然現地通貨で払うことになりますので、それを円に換算した金額を支払う必要があります。でも、その金額を払うだけではカード発行会社(イシュア)の利益が出ませんので、事務手数料を上乗せして、自分たちに請求されてきます。

 

      f:id:engineer-traveller:20190627063612p:plain

でもこの手数料は多くの場合は、現金の両替手数料よりも低い場合が多いので、案外オトクだったりしますが、イシュアによって事務手数料が変わってきますので、賢い会社を選ぶことが重要です。

 

 そして、支払うときに忘れてはいけないのが、DCCという仕組みです。海外でクレジットカードを利用したときに、

 

You’d like to pay in Japanese Yen or Local Currency??

「日本円で支払いたいですか?それとも現地通貨で支払いますか??」

 

と聞かれます。下手したら、日本円を勝手に選ばれてるかもしれません。その時は、必ず。

Pay by Local Currency

現地通貨で支払います!

 

 と言ってください。 

日本円で支払った方が安全安心じゃない???

 と思うかもしれませんが、実は落とし穴があります。

 詳しくはこちらで解説しましたが……

DCCという現地側のアクワイアラで日本円に変換した場合、レートが極端に悪く換算されてしまう制度があります。これは、現地アクワイアラの利益が大きくするための制度ですので、必ず

 

Pay by Local Currency

現地通貨で支払います!

 と言いましょう!

 

 カードの事務手数料は?

 さて、レートだけではなくて、カード発行会社(イシュア)の手数料が重要だということがわかってきたので、実際に手数料を確認してみましょう。

 

 いろいろな会社はWeb上で規約などを公開していますので、事務手数料をそれぞれ調べることができます。よく使いそうなカードをいくつかピックアップしてみたところ、次のような形になりました。

 

    国際ブランド
    JCB VISA Master AMEX
カード
発行会社
(イシュア)
JCB 1.60% —- —- —-
三井住友カード —- 1.51%+税(1.63%)
2.00%+税 (7/1~
—-
楽天カード 1.60% 1.63% 1.63% 2.00%
イオンカード 1.60% 1.60% 1.60% —-
エポスカード —- 1.63% —- —-
セブンカード 1.60% 1.63% —- —-
ジャックスカード 1.60% 1.63% 1.63% —-

                           
今後、これらの会社を増やしていきたいと思いますがブランドが同じであれば、結構事務手数料が似通った形になっているようです。

 今回はクレジットカードに特化しましたが、プリペイド型のカードも入れていくと傾向が変わるかもしれません。

 JCBカードは横並び、VISA・Masterはイオンカードかな?

レートでオトクだったJCBカードですが、ほかの国際ブランドと比べると若干事務手数料が低い傾向があります。今回調べたカードではすべて1.6%の手数料。

VISA・Masterは1.63%程度になっています。

 

 その差わずか0.03%。1万円に対して3円程度ですが、わずかな差ではありますがJCB全般がお得なようです。

 ただ、三井住友カードに関しては、今月7月から事務手数料が値上がりして2.16%(2%+税)に変わっています。なにやらポイント還元も減っていく方向らしいので、現在三井住友カードメインに使っているので、利用方法を考えた方がいいのかもしれません。

 

 一方で海外にいくとJCBが若干弱かったりしますので、やはりVISA・Masterは持っておいて損はありません。そんなときにはイオンカードのVISA・Masterを持っておくといいようですね。

 

※ここにはポイント還元などは一切考慮していません。。。。

 

実際に両替とどっちがお得か確認してみた。

 市中の両替レートを確認

 さて、GWのヨーロッパ旅行の時にあちこち両替所がありましたので、そこのレートをチェックしていきました。

 例えば、パリ凱旋門近くにあった両替所は

      f:id:engineer-traveller:20190701225102j:plain

Buy (日本円を両替所が買うときのレート)と Sellの差が大きいのでレートの手数料を相当取ってるみたいですね。加えて15%近いサービスチャージを取りそうな感じです。

 こちらはホテル。Buyのレートしかないですが、円が0.0078ユーロと書いてありますので、128.21円です。

     f:id:engineer-traveller:20190701225111j:plain

こうして調べたユーロとポンドのレートを確認すると、こんな感じにまとまりました。

f:id:engineer-traveller:20190701225600p:plain

          f:id:engineer-traveller:20190701225633p:plain

  やはり、両替所のレートは結構悪いことが分かります。当時のレートが125円前後なので10%以上の手数料を取っていることがわかりました。

 

 カードの計上レートを確認 

 では、実際にカードでの計上レートを確認してみましょう。

 今回検証で使用したのが次のカードです

JALカード ClubAゴールドカード 

発行会社:DCカード (三菱USJカード)

ブランド:Master

 

 複数ブランドをチェックできればよかったのですが、今回はJALマイルをためる目的があったのですみません。いろいろなカードを試してみるのが良かったですね。

 

日によってレートが異なっていきますが、ユーロとポンドの計上レートの平均を調べたらこんな感じになっていました。

 

          f:id:engineer-traveller:20190701232459p:plain

 やはり市内の両替所は相当レートが悪いことが確認できました。また、ホテルのレートも手数料が少ないものの、クレジットカードのレートにはかなわないことがわかりました。空港の交換レートも案外良かったりするのですが、いちいち空港に両替するわけにもいきませんので、そういう意味ではクレジットカードの利便性が一番のように思います。

街中の両替所は全然オトクじゃない。お得を狙うならカードで精算を。 

まとめ

 というわけで、海外で支払いをするときはやはりカードがお得になっていることがわかりました。 クレジットカード・・・怖い!!っていう人もいるかもしれませんが、こういうお得なところを確認できれば、怖さを乗り越えて作ってみてはいかがでしょうか??

 

というわけで、今回オトクそうだったクレジットカードを紹介します。

まずはVISA・Masterが一番お得だったイオンカードです。

次はJCBカードです。VISA・Masterブランドよりも手数料が小さいので安く済みます。



 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村