タイ・バンコク 旅先でネットするなら何を選ぶ?2019年11月版

皆さま、こんばんわ!Engineer Travellerです。

 

 週初めの月曜日から木曜日まで、会社出張でタイ・バンコクに久しぶりにいっていました。多分5年ぶりくらいに来ました。せっかくなので、出張者やツーリスト向けにSIMカードの状況、通貨事情などを自分のためも含めて報告したいと思います。

 

 

旅先のネットはどうしています?

最近の旅行にはネットが欠かせません! SNSで観光地なんかに来ていることをツイートしたりするのもですし、アプリでタクシーを呼んだり、観光地までの乗換案内・混雑状況などなど・・・・

ホントいろいろなことに必要になっています。皆さんはどうしていますか?パッと思いつくのが、次の三つくらいだと思います。

ドコモやAUソフトバンクローミングサービス 

 一番スムーズにいく方法ですね。大抵の国ではローミングサービスを提供しているのでついてすぐに正常に通信できることが多いです。

 特に設定もいじることがなく、ローミング手続きさえ取っていれば問題ないサービスです。

 

 

ただデメリットはなんといっても高い!!

 海外のパケット放題だと、地域などが限定されますが、1日2980円とか。

国内のデータ通信容量から消費するために、数百円払う方法もありますが、それでも高い!

 ソフトバンクに関しては、アメリカに子会社(スプリント)がある関係で、子会社経由の通信であれば、オプション料金なしで国内の通信容量とシェアできるサービスなんかもありますが、やはり限定的なサービスです。

おそらくビジネスマンなんかが利用するようなサービスではないでしょうか?

 

海外WIFIルーターレンタルサービス 

 一般的な旅行者がよく使うのはこれではないでしょうか?

有名どころとしては......

イモトのWiFi

Global Wifi

 

なんかがあります。一日大体1000円くらいから使えるので、ローミングに比べて便利です。また、日本で借りれるので、日本語の対応をしてくれるのがメリットです。

 

ただデメリットは、日本で借りるので旅先までの移動時間分も借りなければなりません。なので、1~2日分ほど余計に借りなければなりません。そこが大きなデメリットですね。

SIMフリー携帯に現地SIMを差し込む

 上級編はSIMフリー携帯に現地のSIMを差し込むこと。

 なんといっても一番のメリットは最安値で収まること!現地で通信するだけだったら、数日使って数GB使って1000円~!!っていうケースがざらにあります。

 

 デメリットは

  • SIMフリー携帯を用意しなければならない
  • 現地でSIMを購入するので、現地の言葉や英語を話せないとダメな場合がある 

 

SIMフリーってなに?? という話ですが、簡単に言えば使う通信会社の制限がない携帯になります。

アマゾンでSIMフリー携帯と検索すればバッチリたくさん出てきますし、皆さんがドコモやソフトバンクで買った端末も、一定期間がたてばSIMロックを解除してSIMフリー携帯とすることもできます。

まずは各キャリアのSIMロック解除のページを確認してみるといいと思います。

 

やはり現地のSIMカードを買うのが一番

 やはりコストを考えると、ローミングWifiルーターのレンタルなどよりははるかに現地SIMを購入する方がマシです。

では、現地SIMを買うにはどうすればいいのでしょうか?思いつくのは

  • バンコクの到着時にSIMを買う
  • 日本でタイのSIMを買う 

 こんなところでしょうね。さて、どちらがいいのでしょうか?今回の出張でチェックしました。

バンコク到着時のSIMカード&料金 

 到着時の手荷物受取上の中に、タイのSIMを販売しているのが三か所ありました。AISとTrueとHappyという3会社があるようでした。

 こんな形でSIM CARD 4G

f:id:engineer-traveller:20191115114152j:plain

 と書いてあるお店がありますので、そこをたどってみてください。

 

 そこのお店の値段を見てみるとこんな感じ

f:id:engineer-traveller:20191115114158j:plain

ちょっとわかりにくいので、代表的なところをピックアップしてみました。

 

f:id:engineer-traveller:20191115114456p:plain

 

旅行中ならばYoutubeもネットもそんなに見ないでしょうから、一日0.5GBくらいもあればいいと思っているので、どのSIMも問題なく使えそうです。

 

加えて、1週間程度であれば1000円以下とやはりWifiルーターレンタルよりはオトクそうです。

ただし、この難点はスタッフと英語やタイ語でやり取りする必要があります。日本語の話せる店員さんもいるようですが、あまり期待しすぎないほうがいいでしょう。

 

出発前にアマゾンや楽天で購入する 

英語などの言葉に自信がなければ、現地のSIMを事前に購入するもの一つです。調べてみると、いろいろなものがアマゾンでてきます。

今回ちょっとピックアップしたのは、以下の二つ。

 

           

 お値段的にも日数的にも現地のSIMよりも安い前者の方がよいですが、自分の用途に合わせて買った方が良さそうです。

 

 ちなみに私はAISの460円を購入して、現地で使うことになりました。自分のSIMフリー携帯ではすでにこのSIMカードのセッティングが用意されているようで、SIMを入れただけで、問題なく開通。

 再起動をしただけで、問題なく通信も開始されました。

 

まとめ

 地域によるでしょうが、やはり事前にSIMを購入しておくと何かと便利ですので、旅行の際には事前に現地SIMが楽天やアマゾンで売られてないかチェックしてから、現地に旅行に行くようにしましょう!

 

 

↓最後によろしければワンクリックをお願いいたします。 モチベーションになります 

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村