カテゴリー
ANA JAL

JAL/ANA/スカイマーク 運航の最新状況は?? ~6月に若干の兆し?~

こんにちわ!Engineer Travellerです。

最近はこのネタばかりになってしまっていますが、ANA・JALに加えて、今回はスカイマークも含めて5~6月の運航便数を確認してみます。

※データは5月24日 午前0時のデータを使用しております。

※一部公表データと異なるところがあります。(単純片道分x2としているので、差異が出ています)

GW中の搭乗率は20%以下に・・・

さて、運航便の状況を確認する前に、現在の状況を何かで知れない~とみてたら、ANA/JALともGWのご利用実績というのが出ていました。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202005/20200508-2.html

https://press.jal.co.jp/ja/release/202005/005628.html

https://www.skymark.co.jp/ja/company/press/pdf/__icsFiles/afieldfile/2020/05/08/200508_press_1.pdf

国内線は供給座席は30%でも….

国内線の状況は?と見てみると・・・・

ANAの場合

JALの場合

スカイマークの場合

提供座席数は、ANA・JAL・SKYそれぞれ前年比で15%・30%・18%程度に絞ったにも関わらず、それ以上に旅客も減って搭乗率は20%・15%・20%という状況。

不要不急の外出自粛がうまくいった証拠なのでしょうが、航空会社からしたら採算ラインを大幅に割れていることは間違いなさそうです。

国際線はさらに激しい落ち込み 

さらに国際線については、発表によると……

ANA

JAL

※スカイマークは唯一の国際線サイパン便が運休なので、搭乗率は無し。

各国が入国制限を厳しくしているので、運行本数を大幅に削減しているようですが、提供座席数はANA/JALとも前年比でわずか9%・5%。それだけ絞っても、搭乗率はそれぞれ25%、15%と燦燦たる状況であることは間違いないようです。

連休後の5月・6月の運航状況はどうなってきたのか?

さて、では連休後の運航状況はさらにどうなったのでしょうか?主要地域以外では緊急事態宣言も解除されているようですので、回復傾向がみられるのでしょうか?

ANAの状況は?

ANA国内線の状況

まずは、ANAの国内線状況を日々のデータにまとめてみるとこのようになります。

※コードシェア便の6月運航は未発表が多いので、運航率は記載していません。

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

ANAの運航便数で行くと5月中は20%を若干下回るくらいですが、6月から順次運航本数を増やしていくみたいですね。

 

5月中の運航は機材が大きめのANA運航を取りやめて、小型機が多いコードシェア便に任せる傾向がありましたが、6月からは非常事態宣言が解除されているのを見越して順次運航便数を増やしていくようです。

搭乗率はまだまだ低いでしょうが、これからゆっくりと回復期にいく!とのANAの目論見なんでしょうね。

ANA国際線の状況

さて、国際線の状況はどうなっているのでしょうか??

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

5月までは10パーセントの運航便数のようですが、6月から米州・欧州・東南アジア路線が若干増えるようです。

ですが、まだ本格的な回復傾向でもないかと思います。

 

以前各国の入国制限が厳しいから、国内線ほどの回復基調は見えませんね。これが、7月になってどうなるかが気になりますね。 ですが、夏休みに海外に行くのはさすがに無理そうです。。。

JALの状況は?

さて、JALの運航状況はどうなっているのでしょうか?

JAL国内線の状況

国内線状況をグラフにしてみるとこのようになりました。

※FDA/AMXの運航計画の6月分が出ていないので、5月末までになっています。

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

JALの運航状況で見ると、30%を若干下回るくらいになっています。

コードシェア便がANAに比べて少ないので、JAL便名全体で見ても30%の運航計画です。

 

 

JALは6月前半の運航計画も出ていますが、ANAほどは回復傾向は見えないようです。JALの発表は6月前半までですので、後半に入っていくと回復基調が見えてくるのかもしれません。

JAL国際線の状況

さて、JALの国際線の状況は……

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

JAL全体の運航便数で行くと10%をさらに下回っている状況ですね。

これは6月でも全然回復していないので、これがまだまだ続きそうです・・・・

 

 

このような状況では夏休みの7月・8月はやはり海外に行くというのは現実的ではなさそうです。

スカイマークの状況は?

さて、今回初めて検証するスカイマークの運航状況はどうなっているのでしょうか?

スカイマーク国内線の状況

さて、スカイマークの運航率を見ていきましょう!スカイマークのは6月11日までの分の運航計画になります。
Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

 5月のGWにかけて運航率は13%くらいに下がっていたのですが、6月前半に向けて20%まで運航率が上昇しています。

これは回復基調にあるのかな? 今後の発表が楽しみです。

   関東も近々緊急事態宣言が解除される見込みですので、6月後半に向けてだんだんと運航率が上がっていくのかもしれません。

空港ごとにANA/JALの運航状況を並べてみると・・・・

さて、ANA/JALともども大幅に減便しているので、ANAもJALも飛来しなくなった空港があるのではないかな?と思って、羽田便に限ってANAとJALの運航便数をまとめてみました。

すると、3空港(岡山・石垣・宮古)はJAL/ANAとも運航していたのですが、全便欠航という事態になっているようです。(緑色の部分)

さらに7空港(オレンジ色の部分)はANA・JALのいずれかしか運航していなかったのですが、それが全便欠航になってしまったものです。

今回のコロナの影響で、地方への交通が大きく影響を受けていることが分かります。

 

※ 5月25~31日の運航便数を一日当りに平均して算出しています。

ANAとJALの減便傾向は・・・

 先ほどの表を見て分かるのが・・・・
ANAはとことん減便する
JALは小型機で幹線を多く運航する
という傾向です。羽田~伊丹線を見ると・・・
ANAは 2便/日
JALは 6便/日
です。ANAはA321か737型機をつかって170~200席前後で運航しているようですが、JALは100席弱のエンブラエル機も使って対応しているからのようですね。
この辺り、小型機まで保有しているJALならではの芸当なのでしょう。

まとめ

非常事態宣言に伴う自粛モードも少しづつ明けてきているようですが、気が緩むとまた転んでしまうので、当面はこのまま自粛モードを維持しようと思っています。

ですが、、、、旅行に出かけたいです。。。。。

いずれにしても・・・

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村