カテゴリー
ANA お得な旅行手段

最後の21回目は長距離路線が多め、でも・・・・

こんにちわ!Engineer Travellerです。新型肺炎ウィルスの感染が拡大して自粛モードになっているので、今回のトクたびマイル設定中止かな??と思いましたが、設定されました。

今回で一応今年度の設定は終了!どういう形で来年度設定されるのか?気になりますね。まずは最後の状況をさっそくチェックしてみましょう!

<過去のトクたびマイルの設定状況>

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/02/21/083002/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/01/29/120042/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/01/25/103043/

今週のトクたびマイルとは?

さて、トクたびマイルとはなんでしょう???

f:id:engineer-traveller:20190515013019p:plain

2019年度限定企画! 今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただけます。

特典航空券を利用するには、往復で最低で10000マイル必要ですが、それが最小で6000マイルで済むお得なプランになっています。

ANA以外のポイントなどに交換されて交換先に対価を支払うくらいなら、格安のマイルで空いている路線に人を乗せていこう!

というANAの想いも見れ隠れしていますね。この辺はJAL”どこかにマイル”と同じですね。

www.jal.co.jp

 

今回発表された区間は??

ANAによると今週の対象搭乗期間は次になっています

<トクたびマイルのスケジュール>

予約発券期間:2020年3月4日(水)~3月10日(火)
対象搭乗期間:2020年3月5日(木)~3月11日(水)

3月の設定日は今週一週間だけ。しかもウィルスの関係で自粛モードになっているので、どうなるかと思いましたが、設定はされました。でも、使う人は・・・・少ないかもしれませんね。

肝心の今週の設定路線はこちらです!!

今回は全路線合わせて21路線。4500マイルの真ん中のレンジには12路線設定してくれたのでまずまず・・・・でしょうか?でも、前回は4000マイルで行けるところを設定していますので、500マイル分値上がりしています。そこらへんは抜かりないですね!ANAさん。

3000マイル路線は、羽田から3路線と若干多めには設定してくれたかな?と思います。

 

 

おトク度はどのくらい?

さて、肝心のおトク度ですが、どのくらいなんでしょうか?
今回の路線の割引率を見てみたところ・・・・

割引率は33%~60%となっています。三月に入って、必要な特典航空券のマイルが1000マイルほど上がったので、その分割引率が多くなったようです。

そういう意味で、今回お得なのは

東京(羽田)-佐賀・岩国

東京(成田)-広島

の3路線でしょうか。でも、成田空港は遠いですよね。やはり、もう少し設定路線を頑張ってくれませんかね?ANAさん。

今後の設定予定は?

4月以降の継続も発表

前回の設定時にもレポートしましたが・・・・・

今年度だけの予定だった今週のトクたびマイルですが、来年度4月以降も継続されることになりました。

2020年度もトクたびマイルが再び設定されることになりました。詳細は今月中旬に発表されるということで詳細を楽しみに待ちましょう!

これまでの路線限定とかではなく、

  • 特典航空券に空きがあればトクたびマイル対象
  • スペシャル路線を設定して50%オフマイル

など、使いたくなるようなプランをしてほしいものです。

 

まとめ

ついに終わった2019年度のトクたびマイル。最後の週はコロナウィルスに伴う旅行の自粛モードが大きいのが非常に残念ですが、お暇がある方はぜひとも利用してみてください。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
003_海外旅行 ANA JAL

コロナウィルスによる航空会社(国際線)の対応まとめ(3/7 21時現在)

こんにちわ!Engineer Travellerです。3/6前後に国際線の方も対応がいろいろと変わってきたようですので新たに投稿しなおします。

国内線の状況は以下を参照ください。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/07/090017/

国際線航空券チケットの対応まとめ

フルサービス系は特別対応期間延長

国際線を運航する日系エアラインのフルサービス系キャリアをピックアップしました。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
ANA あり 2/28~4/5 2/28までの発券分(日本発着路線全線)
JAL あり 2/28~4/5 2/28~3/19: 2/28迄の発券で2/29以降の解約分
3/20~4/5: 3/6迄の発券で3/6以降の解約分
Skymark あり 2/28~4/5 Webフォームで無手数料キャンセル。変更はコールセンター対応。
2/28~3/19搭乗分 ⇒2/28迄の予約が対象
3/20~4/5搭乗分   ⇒3/6迄の予約が対象
スターフライヤー あり 2/28~3/31 電話のみの対応。搭乗予定日から30日以内。払戻のみ。

 

基本的に各社4/5迄の搭乗分は無手数料キャンセルや変更の対象にしてくれています。ただし、スターフライヤーのみが3/31までが対象になっています。

また、ANAは2/28迄の発券分が対象ですが、JALやスカイマークは期間延長分については3/6迄の予約が対象になっています。

JALに関しては延長を発表する前に手数料アリでキャンセルしたものは、無手数料の対象外です。

スカイマークも公式には出ていませんが、遡及適用はないようです。

 

また、ANA・JALなどはWebでキャンセルすれば問題なく無手数料でキャンセルが可能です。

キャンセルの場合は各社対応が分かれます。

ANAの場合

Webでも無手数料でキャンセルが可能です。

JALの場合

Webでも無手数料でキャンセルが可能です。

Skymarkの場合

Webでキャンセル不可。Webフォームか国際線空港カウンターでキャンセルが必要です。

スターフライヤーの場合

Webキャンセルは不可。コールセンターで無手数料キャンセルができます。
Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

今回の対応はあくまでも特別対応なので、払い戻して当然という態度はやめて、謙虚にありがとうございます。という気持ちで電話しましょう。

各社払戻費用は、会社負担になっています。

LCC系はPeachが特別対応を開始

日本に本社を置く会社で国際線を運航する会社をピックアップしてみました。

Peachについては2/27迄の予約分について、日本発着のほぼ全線が無手数料の払戻し、変更の対象になっています。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
Peach(ピーチ) あり ~3/19,28,31等
区間による
2/27迄の予約分が対象。3/11迄に申し出ること。変更または払戻し可能。
Jetstar(ジェットスター) なし 運休になったフライトのみ返金・変更の対象

 

そのほかのチケットは、もともとのチケットの条件にしたがうことになります。

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

本来LCCはこのようなリスクも購入者で負担すべきなのでしょうが、Peachは特別対応をしてくれたようです。

キャンセル料保証は?

LCCや海外ツアーなどで、行けなくなった場合にチケット費用を補償するチケットガード保険などがあります。今回のコロナウィルスを理由とするキャンセルの場合、キャンセル料の保証の対象になるのでしょうか?

https://www.ticketguard.jp/products/peach.html

 

補償されるキャンセル理由という部分を見てみると

補償の理由は

  • 搭乗者の入院・通院
  • 宿泊を伴う出張
  • ご家族の入院・通院
  • ご搭乗者または親族の脂肪
  • 交通機関の遅延

になっています。これを見る限りは・・・・

コロナウィルスが不安だからキャンセルしますは対象外

コロナウィルスに感染して入院したら対象

ということが読み取れますので、残念ながら不安のためのキャンセルは対象外になります。

実際にLineTravelの保険にもよくある質問に載っていました!

https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/?utm_source=majin&utm_medium=notice&utm_campaign=GUIDE

残念ながら、キャンセル料の補填はできませんが、現在は感染拡大をするリスクを考えれば高い勉強代と考えて、家でおとなしくするしかないですね

 

コロナウィルスの不安でキャンセルの場合は保険の対象外

キャンセル・変更はHPから可能です

各社ともコロナウィルスによるキャンセル・変更で対応でコールセンターがつながらない状況になっているようです。

結構な待ち時間になるようですので、Webからのキャンセルや、Webフォームで対応してもらうようにしましょう。

また、スターフライヤーは搭乗予定日から1か月は余裕がありますので、1~2週間様子を見てから電話をしてもいいかもしれません。

コールセンターではなく、Webやネットからキャンセルをしましょう。 コールセンターにかける場合は、1~2週間様子を見るのもアリ!!

まとめ

さて、国際線だと入国の条件も日々各国で変わっていっていますので、注意が必要です。春休み時期であちこち出かける計画が多かったと思いますが、感染拡大を防いで夏には出かけられるようにしたいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA JAL

コロナウィルスによる航空会社(国内線)の対応まとめ(3/7 9時現在)

こんにちわ!Engineer Travellerです。昨日でまたいろいろと各社の対応が変わってきたようですので、新規投稿でまとめなおしてみました。

国際線の状況はこちらにまとめました。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/07/210028/

国内線航空券チケットの対応まとめ

フルサービス系は特別対応期間延長

日本に本社を置くフルサービス系キャリアを一通り見てみました。個人的感覚のフルサービス系ですので、いやLCCとかセミフルサービスとかそういうツッコミはなしにしてください。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
ANA あり 2/28~4/5
JAL あり 2/28~4/5 2/28~3/19: 2/28以降の解約分
3/20~4/5: 3/6以降の解約分
ソラシドエア あり 2/28~4/5
AirDo あり 2/28~4/5 解約:搭乗日から30日以内
変更:搭乗日から10日以内
Skymark(スカイマーク) あり 2/28~4/5 2/28~3/19 : 2/28迄に予約済み分
3/20~4/5: 3/6迄に予約済み分
FDA(フジドリーム) あり 2/28~4/5 2/28~3/19: 2/27迄に予約済み、2/28以降の解約分
3/20~4/5: 3/5迄に予約済み、3/6以降の解約分
IBEX エアライン あり 2/28~4/5
スターフライヤー あり 2/28~4/5
オリエンタルエアブリッジ あり 2/28~4/5
天草エアライン あり 2/28~4/5 コールセンターで対応

 

一通り確認しましたが、多くの航空会社ではすでに購入された航空券については、日本国内全路線で4/5までの搭乗分について特別対応の対象になります。

ただし、条件が各社によって分かれていますので注意です。

JALとFDA(フジドリームエアライン)は3/19~4/5までの搭乗分を以前にキャンセルしても、さかのぼって適用しません(遡及適用なし)
スカイマークとFDAについては、発表後に予約したフライトは対象外です。
Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

今回の対応はあくまでも特別対応なので、払い戻して当然という態度はやめて、謙虚にありがとうございます。といきたいですね。

LCC系も特別対応を開始しました

日本に本社を置く会社で国内線を運航する会社をピックアップしてみました。3/6前後から、Peach/Jetstarの2社も特別対応を開始しました。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
Peach(ピーチ) あり 3/6~3/28 新千歳・釧路は払戻、もしくは変更。
そのほか国内線は変更のみ。
3/6迄に予約済みで3/19迄に申し出る。
Jetstar(ジェットスター) あり 3/5~3/31 3/19迄に申し出。変更もしくはバウチャー払戻し。
春秋航空 なし 欠航便のみ対象。
エアアジア あり ~4/30 3/3までに購入済みの中部ー札幌線。
変更もしくはバウチャーでの払戻し。

Peachに関しては、北海道路線は払戻も含めて実施しますが、そのほかの路線は変更のみになっていますので要注意です。

また、AirAsiaもちょっとわかりにくいところに特別対応の案内がありました。

https://newsroom.airasia.com/news/2020/2/28/airasia-japan-offers-options-for-travelers-on-nagoya-sapporo-route-jp

トップページに出てこないので、Googleやプレスリリースを丹念に見るしかなさそうです。

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

払戻しの際はバウチャーでの返金が多いですが、LCCでは出金を避けたいためなんですね。ここは仕方ないと思うしかないです。

キャンセル料保証は?

LCCや海外ツアーなどで、行けなくなった場合にチケット費用を補償するチケットガード保険などがあります。今回のコロナウィルスを理由とするキャンセルの場合、キャンセル料の保証の対象になるのでしょうか?

https://www.ticketguard.jp/products/peach.html

 

補償されるキャンセル理由という部分を見てみると

補償の理由は

  • 搭乗者の入院・通院
  • 宿泊を伴う出張
  • ご家族の入院・通院
  • ご搭乗者または親族の脂肪
  • 交通機関の遅延

になっています。これを見る限りは・・・・

コロナウィルスが不安だからキャンセルしますは対象外

コロナウィルスに感染して入院したら対象

ということが読み取れますので、残念ながら不安のためのキャンセルは対象外になります。

実際にLineTravelの保険にもよくある質問に載っていました!

https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/?utm_source=majin&utm_medium=notice&utm_campaign=GUIDE

残念ながら、キャンセル料の補填はできませんが、現在は感染拡大をするリスクを考えれば高い勉強代と考えて、家でおとなしくするしかないですね

コロナウィルスの不安でキャンセルの場合はチケットガードの対象外

キャンセル・変更はHPから可能です

各社ともコロナウィルスによるキャンセル・変更で対応でコールセンターがつながらない状況になっているようです。

ですが、多くのエアラインはオンラインで特別対応を受けられます。やり方は通常の変更・キャンセルと同じです。

実際EngineerTravellerが昨日JALの先得割引(通常は変更不可・キャンセル料50%)をキャンセルしたところ・・・・

このように、払戻額と航空券額が同額になっていますので、キャンセル料ゼロで払い戻しが可能です。

コールセンターではなく、Webから変更・キャンセルをしましょう。

まとめ

さて、今回は非常に厳しい状況で、日々状況が変わっていっています。感染拡大を防止するには多少の我慢は必要と思っていますが、早く平穏な日々が取り戻せるといいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA JAL

ANA/JALさらに中国便減便。今飛んでいる路線は?②

こんにちわ!Engineer Travellerです。

1月後半から中国で猛威をふるっているコロナウィルスですが、日本でも深刻な影響を出し始めました。各社の対応も日々変わっているようですので、日々チェックしてみてください。

今日12時現在での国内線の対応をまとめました。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/01/120028/

国際線の状況もちょっとまとめてみることにしました。1日12時時点での状況です。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/02/24/181306/

ANA・JALはさらに中国路線の減便

ANAの減便状況(3/1現在)

まずANAの中国関係路線の状況です。2/4・ 2/6・2/13・ 2/20の4回にわたって減便計画が発表されました。そして、25日にも追加で発表がありました。

 

需要がありそうな成田・関西ー上海(浦東)・関西ー北京の3路線の毎日1往復が3/2から運休に決まりました。

これにより関西空港発のANA運航国際線が全便運休になってしまいました。

直行便で行ける都市は変わりはありませんが、運行本数で数えると週61便まで減便されましたので、当初の運航予定本数から1/3を大きく下回った本数になってきました。

国際線チケットの特別対応は・・・・

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

次の情報は3/2 午前8時の情報になっています。3/2の夜になって日本発着も対象になりました。

国際線チケットに関しては、無手数料でのキャンセル・変更を受け付けていますが、条件は次になっています。

発券日 2020年2月1926日発券分まで
搭乗日 2020年4月2030日搭乗分まで
路線 中国空港発着路線(*1)

*1)マカオ・香港を含む

すでに2月1926日までに発券済みの中国発着のチケットであれば特別対応をしています。

※3/2の午後に対応期間が変更になりました。

ですが、中国が絡まないチケットは対象外になっていますので、コロナウィルス感染予防でのキャンセルの場合は、手数料アリでのキャンセル・変更になっています。

<3/2深夜更新>

日本発着路線(中国路線を除く)も対象になりました。

発券日 2020年2月28日発券分まで
搭乗日 2020年3月19日搭乗分まで

JALにならって対応になったようです。

JALの減便状況(3/1現在)

JAL中国本土路線の状況

ANAと比べて中国路線の少ないJALですが、さらに1路線を運休にしています。

 

2/27の発表では2/26から週2便まで減便していた中部ー天津路線を3/2まで運休に変更しています。これによって週98便から31便に減って、こちらも1/3を大幅に割り込む便数になっています。

その他東アジア路線は2/18から変わらず

JALについてはさらに踏み込んだ減便をしています。韓国・台湾・香港の路線についても需要減に伴って減便を行うことを2/18に発表していますが、3/1現在ではここから踏み込んだ減便はないようです。

国際線チケットの特別対応は・・・

ANAは中国関係路線のみ特別対応になっていますが、JALは一歩踏み込んだ対応になっています。

発券日 2020年2月28日発券分まで
搭乗日 2020年2月28日~3月19日搭乗分まで
路線 日本発着路線全線(中国路線は別規定)

2/28までに発券していれば3/19までに搭乗するチケットであれば無手数料でのキャンセル・変更を対応してもらえます。

また、中国関係路線の場合は

発券日 2020年2月27日発券分まで
搭乗日 2020年1月24日~4月20日搭乗分まで
路線 中国空港発着路線(*1)

*1)マカオ・香港を含む・コードシェア便も含む

ANAと比べて発券日が緩い条件になっています。この条件を満たせば特別対応をしてくれています。

 

キャンセルの場合は便出発後でも対応可能

現在コロナウィルス関連の問い合わせで、ANA/JALともコールセンターがパンク状態になっているようです。待ち時間も非常に長くなっているので、電話代やストレスがたまると思います。

ですが、出発後でも対応してくれますので、電話以外の方法もうまく使うようにした方が良さそうです。

ANAの場合

  • Webでのキャンセルは手数料がかかる。(3/1現在)
  • キャンセルの場合3/3まで専用Webフォームで個別に受け付けで対応
  • 払い戻しの場合、発行日もしくは旅行開始日のいずれか早いほうから1年と30日後まで電話連絡で対応可能。
  • 変更の場合はコールセンターへの連絡が必要

JALの場合

  • JALのWebで購入した未使用のチケットであればWebから無手数料でキャンセル可能
  • 払い戻しの場合、発行日もしくは旅行開始日のいずれか早いほうから1年と30日後まで電話連絡で対応可能。
  • 変更の場合はコールセンターへの連絡が必要

まとめ

ここ数日で大幅に状況が悪化していて、日本国内が自粛モードになっていますが、感染拡大を防止するためには仕方がないかな?と思っています。

EngineerTravellerも3月は毎週出かける予定になっていたのですが、1件を除いておとなしくするつもりです。

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA JAL

ANA/JALさらに中国便減便。今飛んでいる路線は?

こんにちわ!Engineer Travellerです。

1月後半から中国で新型コロナウィルスによる肺炎が猛威を振るっていますね。日本でも感染者が拡大していて、感染者防止のためのイベント中止も相次いでいます。経済への影響も図りしれないですが、全世界に波及しないことを願います。

先日、ANA/JALの日本ー中国本土路線が大幅に運休されていることをまとめました。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/02/07/110005/

しかし、先週にもさらに拡大したりしているようなのでまとめられた範囲で状況をまとめてみました。

ANA・JALの中国路線の減便

団体旅行禁止や入国制限の関係から、中国路線の需要は大幅減になっているようで、

ANAでは前年比50%減

https://www.aviationwire.jp/archives/194993

JALは1月末で25%の予約キャンセルが発生

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1232733.html

しているようで、空席ばかりの状態で運行したら赤字の方がはるかに大きくなるということで、ANA・JALが相次いで減便を発表しました。

ANAの減便状況(2/20現在)

まずANAの状況です。前回の記事で2/4と 2/6の二回にわたって減便計画が発表されました。その後、2/13, 2/20と2回にわたって追加減便が発表されました。

まずは需要がありそうな羽田ー上海(虹橋)路線でさえも2月20日から運休に。また、青島・大連も2月20日から同じく週4便に減便。

杭州についても残っていた、関空便が2月一杯は週4便、3月は運休という形に変更になっています。

これによって、半減だった中国路線がさらに減って82便と当初予定の4割という大幅減便になっています。

今のところANAの直行便で行ける都市は、北京・上海(浦東)・大連・青島・厦門・広州・香港の7都市になっています。(以前は12都市)

デイリーに飛んでいるのは北京・上海(浦東)・広州・香港になっています。

現状では中国本土以外での運休は香港だけのようですが、今後どのようになっていくのか気になっています。東南アジア路線は羽田の国際線拡張によって毎日運航じゃなくなる路線もあるので、そこまで耐えていくのかもしれません。

JALの減便状況(2/19現在)

JAL中国本土路線の状況

ANAと比べて中国路線の少ないJALですが、こちらもさらに大幅減便をしています。

 

2/7と18に運休が追加発表されています。デイリーで行ける都市は北京・上海(浦東・虹橋)の2都市3空港のみで、それ以外は週2~4回の運航のみになっています。

これによって、3月は週33便まで減ってしまい、当初運航予定の週98便からほぼ1/3になっています。

その他東アジア路線も。。。

JALについてはさらに踏み込んだ減便をしています。韓国・台湾・香港の路線についても需要減に伴って減便を行うことを18日に発表しています。

ソウル(金浦)と釜山路線について3月から毎日1便を減便。また、成田・羽田~香港路線や関空~台北(桃園)路線も減便になり、約1/3が減便される方向になっています。

ANAよりも一歩踏み込む形になっていますが、さらに東南アジア路線にも影響が及ばないか心配です。

その他エアラインは

ちょっと気になったので、そのほかの航空会社はどのように変わっているのが気になって調べてみました。

AirChinaの場合

スターアライアンスの中国国際航空を調べてみたところ、当初の予定では207便運航予定されていたのが、2月段階では約2割の運航本数になっていましたので、本当に大幅減便になっていました。

3月は4割の運航本数に回復予定ですが、本当に予定通りになるのか気になるところです。

Peachの国際線の場合

LCCはどうかな???と思ってみましたが、採算が取れないとなったらすぐ運休などを入れる傾向もあるのでしょうが、中国系の路線はほぼ2割の運航状況になっていました。

また、ソウルや釜山などは大丈夫なようですが、韓国でも感染者が蔓延してきているようですので色々と影響が出てくるかもしれません。

まとめ

さて、ANA/JALに加えてPeachと中国国際航空の減便計画をまとめてみましたが、収益に大幅に影響が出ないか心配です。ANA/JALは中国路線がメインではないと思いますが、Peachのような短距離の路線が多いと影響が大きそうです。

EngineerTravelerも来月の連休でバンコクに行く予定にしていたのですが、今回はキャンセルしようかなぁ・・・・と思っています。

いずれにしても早くワクチンや検査薬などが開発されることを切に願います。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA お得な旅行手段

20回目は規模縮小気味 今週のトクたびマイルをチェック!

こんにちわ!Engineer Travellerです。新型肺炎ウィルスが世界各地で猛威を振るっていますね。イベントもあちこち中止されているようで、経済への打撃もどうなるのか・・・深刻になりそうで不安です。

さて、2月の2回目のトクたびマイルが設定されました。来月3月で終了予定でしたが・・・ちょっとした発表もあったようです。さっそくチェックしてみましょう!

<過去のトクたびマイルの設定状況>

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/01/29/120042/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/01/25/103043/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/07/143000/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/12/120000/

 


 

今週のトクたびマイルとは?

さて、トクたびマイルとはなんでしょう???

f:id:engineer-traveller:20190515013019p:plain

2019年度限定企画! 今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただけます。

特典航空券を利用するには、往復で最低で10000マイル必要ですが、それが最小で6000マイルで済むお得なプランになっています。

ANA以外のポイントなどに交換されて交換先に対価を支払うくらいなら、格安のマイルで空いている路線に人を乗せていこう!

というANAの想いも見れ隠れしていますね。この辺はJAL”どこかにマイル”と同じですね。

www.jal.co.jp

 

今回発表された区間は??

ANAによると今週の対象搭乗期間は次になっています

<トクたびマイルのスケジュール>

予約発券期間:2020年2月19日(水)~2月25日(火)
対象搭乗期間:2020年2月20日(木)~2月26日(水)

2月に設定されるトクたびマイルは、1月末~2月1週目と今週の2回だけしかありません。今週は天皇誕生日の祝日で三連休になりますので、設定路線には期待したいところです。

肝心の今週の設定路線はこちらです!!

今回は全路線合わせて19路線。前回は23路線でしたので、若干縮小気味です。また、前回は3000マイル10路線・4000マイル13路線と大きく設定されていましたが、今週はどちらも8路線づつと明らかに縮小傾向が伺えます。

3000マイル路線は、羽田・名古屋・大阪からいずれも1路線づつと、あまりお得感がないなぁ~というのが正直なところです。

また、今回初めて設定されたのが長崎~壱岐の路線。フライトマイルでわずか60マイルなので、お得感はあまりありませんが、この路線オリエンタルエアブリッジの運航路線です。

これまでは基本的にANAが運航する路線がほとんどだったのですが、コードシェアしか運航されていないところが設定されたのは初めてです。テコ入れをしたいのかもしれません。

 

おトク度はどのくらい?

さて、肝心のおトク度ですが、どのくらいなんでしょうか?
今回の路線の割引率を見てみたところ・・・・

割引率は17%~50%とバラエティーに富んでいます。ですが、50%オフは成田~福岡、伊丹~青森の2路線だけですので、相変わらずの渋め設定です。

目玉になりそうな、成田~那覇も29%オフですし、一日1便だけですし・・・・う~んという感じがするのはEngineerTravelerだけでしょうか。

今後の設定予定は?

3月の設定日も発表!でも。。。。

今回に合わせて、3月の設定日が発表されました!!が・・・

予約発券期間:2020年3月4日(水)~3月10日(火)
対象搭乗期間:2020年3月5日(木)~3月11日(水)
そうなんです、一週間だけしか設定されませんでした。学生は春休みシーズンなので仕方がないのかもしれませんが…..ちょっとガッカリ(-_-メ)
ある程度予想していたとは言え、やはり残念ですね。縮小してでもいいので、実施してほしかった。。。。

4月以降の継続も発表

一方で、朗報もあります。

今年度だけの予定だった今週のトクたびマイルですが、来年度4月以降も継続されることになりました。

これも予想はしていましたが、素直にうれしいです。ですが、これまでの路線限定とかではなく、

  • 特典航空券に空きがあればトクたびマイル対象
  • スペシャル路線を設定して50%オフマイル

など、使いたくなるようなプランをしてほしいものです。

 

まとめ

今年度はあと一回ですが、4月以降も継続という朗報が流れてきましたので、ぜひとも次回は来年度に続くような思い切った路線設定をしてほしいです。 期待していますよ!ANAさん!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA JAL

ANA/JALともども中国路線が大幅減便に…..

こんにちわ!Engineer Travellerです。

1月後半から中国で新型コロナウィルスによる肺炎が猛威を振るっていますね。春節の大移動もあって中国国内だけでなく、日本をはじめとする隣国にも感染者が出始めているようで。。。。目に見えないだけに怖いものがあります。

今回いろいろと中国路線の減便が発表されたようですのでどのくらいかチェックしたいと思います。

現在の中国の入出国

中国人の出国は大幅に制限

ご存じのとおり、新型コロナウィルスによる肺炎が猛威を振るっています。主に中国湖北省の武漢近辺が深刻な感染らしいですが、最近発達した鉄道・航空路線によってあちこち広まっていったようです。

そういうこともあり出されたのが、、、、

https://www.cnn.co.jp/business/35148603.html

中国人の団体旅行禁止令。これによって、多くの中国人旅行者が国外に出ることがなくなりました。個人旅行は可能ですが、VISAの関係で結構個人旅行は手間だったりするようですね。

中国人・中国滞在14日以内の入国制限も

加えて、アメリカやオーストラリア・ニュージーランドの各国などは中国滞在経験者や中国人の入国制限を加えています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269721000.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269511000.html

日本でも中国の湖北省滞在経験者や湖北省発行のパスポートを持つ人の入国を制限していますし、日本でも新型ウィルスの感染者が多数出ている関係から、日本からの入国を制限している国もあったりします。

ANA・JALの中国路線の減便

団体旅行禁止や入国制限の関係から、中国路線の需要は大幅減になっているようで、

ANAでは前年比50%減

https://www.aviationwire.jp/archives/194993

JALは1月末で25%の予約キャンセルが発生

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1232733.html

しているようで、空席ばかりの状態で運行したら赤字の方がはるかに大きくなるということで、ANA・JALが相次いで減便を発表しました。

ANAの減便状況

まずANAの状況です。2/4と 2/6の二回にわたって減便計画が発表されました。

最初2/4の発表では感染者が多い武漢と便数の多い上海・北京の合計21便の運休だけでしたが、2/6の追加発表で大幅減便が発表されて関西ー大連・青島や東京(羽田・成田)ー瀋陽・成都など比較的需要の少ない路線が運休に。

比較的利用者が多い上海・北京路線も半減したり、機材を小型化するなどして急速な需要減に対応するようです。

その結果、当初は週200便(往復)の中国路線(香港含む)が102便とほぼ半減になっています。それだけ旅行者・出張者が減っているということなんでしょうね。ここまでの大規模減便はあまりないのではないでしょうか??

なおこれらの減便は2/10~になるようです。

JALの減便状況

ANAと比べて中国路線の少ないJALですが、こちらも大幅に減便をするようです。

JALも2/4 と2/6の二回発表しています。

ANAと同じく便数の多い東京(羽田・成田)-上海・北京をまず減便していくようです。成田ー上海・北京を2/17以降運休にして、残る羽田線も減便や小型化に。

また、広州・大連も毎日運航から週4便にということになりました。

この結果、週98便(往復)だった中国路線は2/17以降は43便と半減以下になっています。

JALは片道運休も実施

これに加えて2/6に発表されたのは、2/6~16間の上海・北京を朝に出発する便の運休です。

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

あれ?往復の運休じゃなくて、片道だけの運休??

最初、発表を見た時おかしい運休だなぁ~と思ったのですが、理由もちゃんと書いていました。

加えて、一部の国において、一定期間内に中国滞在歴がある方の入国を制限する動きも見られております。本入国制限に伴い、中国に滞在をした運航・客室乗務員が日本・中国以外へ入国ができず、運航便の維持に支障が出る可能性がございます。

朝の便は前日夜に上海・北京に到着して、乗務員は中国に入国して宿泊。翌朝帰る運用のようですが、この中国入国が良くないようですね。

というわけで、中国に宿泊せずにフェリーフライト(回送)で戻ってくるようです。

実際、昨日のフライト(JL25便)を見てみると……

https://www.flightradar24.com/data/aircraft/ja654j

JAL25便で北京に向かった飛行機はそのまま1時間半後に羽田に向かってJAL20便として折り返していっているようです。

その他エアラインは

その他関空のフライト情報などを見てみる限りですが・・・・

  • 春秋航空をはじめとする多くの中国LCCは軒並み運休
  • 中国東方航空・南方航空・中国国際航空などは一部運休

になっているようです。知り合いも中国国際航空でデリーに行く予定だったようですが、フライトがキャンセルになり払い戻した後に、マレーシア経由でデリーに行くようになったようです。

 

日々フライト状況が変わっているようですので、お出かけする方は最新の情報を直前に確認したほうが良さそうです。

まとめ

さて、ANA/JALの減便計画をまとめてみましたが、肝心のEngineerTravelerは週末にベトナム渡航の予定です。ベトナムなのでウィルスは蔓延していませんが、やはりちょっと気になってしまいます。

ですが、今回の新型ウィルス。まだ先がどうなるか見通せないだけに先行きが本当に心配です。皆さまもお身体に気をつけてください。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA お得な旅行手段

19回目は羽田を中心に4000マイルを多く設定 今週のトクたびマイルをチェック!

こんにちわ!Engineer Travellerです。

1月ももう間もなくおしまいに近づいてきました。一か月はあっという間に過ぎ去っていきますね。トクたびマイルも残り二か月になってしまいました。これから魅力ある路線が出てくれると嬉しいですけど、どうなるのか?楽しみに見ていきましょう。

さて、定番の今週のトクたびマイルをチェックしてみましょう!

参考までにここ最近の設定路線はこんな感じでした。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/01/25/103043/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/07/143000/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/12/120000/

 


 

今週のトクたびマイルとは?

さて、トクたびマイルとはなんでしょう???

f:id:engineer-traveller:20190515013019p:plain

2019年度限定企画! 今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただけます。

特典航空券を利用するには、往復で最低で10000マイル必要ですが、それが最小で6000マイルで済むお得なプランになっています。

ANA以外のポイントなどに交換されて交換先に対価を支払うくらいなら、格安のマイルで空いている路線に人を乗せていこう!

というANAの想いも見れ隠れしていますね。この辺はJAL”どこかにマイル”と同じですね。

www.jal.co.jp

 

今回発表された区間は??

ANAによると今週の対象搭乗期間は次になっています

<トクたびマイルのスケジュール>

予約発券期間:2020年1月29日(水)~2月4日(火)
対象搭乗期間:2020年1月30日(木)~2月5日(水)

2月に設定されるトクたびマイルは、今週と2/20の二週間だけ。残り二か月のトクたびマイルなのに・・・・と思ってしまいますが。

さて、気を取り直して肝心の今週の設定路線はこちらです!!

今回は全路線合わせて23路線と先週と同規模になっています。今回は3000マイル10路線・4000マイル13路線に設定されていて、うち羽田路線は9路線となっています。

羽田からであれば、中国・四国・九州・北海道とあちこちいけるので、思い付きで行ってみたいところに行けるのはいいですね。

また、今回久しぶりに設定された名古屋(中部)ー石垣路線。なかなか石垣路線がリストに入ることもないので、これは貴重な存在になっています。ただ、羽田じゃないのは、仕方ないというか残念ですね。

必要マイル数も先週の500マイル単位から1000マイル単位に変わっていますので、ここはわかりやすくなった感じがします。

 

おトク度はどのくらい?

さて、肝心のおトク度ですが、どのくらいなんでしょうか?
今回の路線の割引率を見てみたところ・・・・

割引率は20%~50%とバラエティーに富んでいます。ビジネス需要が多そうな大阪ー福岡なんかは渋めの設定ですが、多く設定された4000マイル区間は33%オフと結構頑張ってくれているようです。

名古屋ー石垣は41%オフと、最大の50%オフには及ばないものの結構な割引率になっているので、空席があれば行く価値はあるのではないでしょうか? 

 

 

まとめ

最大でも、残り5回くらいしか設定されないトクたびマイルですが、3月は卒業旅行の需要もありそうなので、そんなに多く設定されない???と思っています。

ですが、せっかくANAでマイルを消費してもらったほうがANAにはいいでしょうから、ぜひとも!!!最後の最後で羽田―石垣・宮古なんかを設定してくれませんかね???

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA お得な旅行手段

18回目は地方ー沖縄(那覇)路線が復活 今週のトクたびマイルをチェック!

こんにちわ!Engineer Travellerです。

実は18回目の記事、一度書いていたのですが、自分のミスですべての投稿データを削除してしまいました。バックアップを試みたのですが……どうも難しいようで仕方ないので、再度書いていこうと思います。

それでは見ていきましょう、今週のトクたびマイル!

 

参考までにここ最近の設定路線はこんな感じでした。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/07/143000/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/12/120000/

<1月のデータは現在復旧中ですので、しばらくお待ちください。>


 

今週のトクたびマイルとは?

さて、トクたびマイルとはなんでしょう???

f:id:engineer-traveller:20190515013019p:plain

2019年度限定企画! 今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただけます。

特典航空券を利用するには、往復で最低で10000マイル必要ですが、それが最小で6000マイルで済むお得なプランになっています。

ANA以外のポイントなどに交換されて交換先に対価を支払うくらいなら、格安のマイルで空いている路線に人を乗せていこう!

というANAの想いも見れ隠れしていますね。この辺はJAL”どこかにマイル”と同じですね。

www.jal.co.jp

 

今回発表された区間は??

ANAによると今週の対象搭乗期間は次になっています

<トクたびマイルのスケジュール>

予約発券期間:2020年1月22日(水)~1月28日(火)
対象搭乗期間:2020年1月23日(木)~1月29日(水)

1月は毎週設定されているので、ANAとしては閑散期に入って極力利用してもらいたい!マイルを自社で消費してほしいという思いが気っとあるんでしょうね。

さて、肝心の今週の設定路線はこちらです!!

今回は全路線合わせて23路線。実は先週(1月15日の週)と路線数は同じ数になっています。

ですが、先週は4000マイルにまとめて14路線設定していて、ANAとしてやる気を出していたのですが、今回はそんなにまとめて設定されていません。むしろ、3000~5000マイルの間で500マイル単位に5段階で細かく設定されているのが特徴です。

今週のお得路線は・・・・・とみていくと

地方(熊本・徳島)-那覇

福岡ー札幌(千歳)

でしょうか?今年は1月最初に福岡ー石垣に設定されて以降、沖縄路線が全く設定されていなかったので、地方からといえども那覇路線が設定されたのは大きいかと思います。

また、800マイル越えはあまり設定されない傾向があるのですが、福岡ー札幌(千歳)が設定されたのも面白いです。

一方で、羽田ー札幌(千歳)というドル箱路線が設定されたのはいいのですが、5000マイルと一番大きいマイルになっているのはちょっと残念ですね。

 

おトク度はどのくらい?

さて、肝心のおトク度ですが、どのくらいなんでしょうか?
今回の路線の割引率を見てみたところ・・・・

割引率は17%~50%とバラエティーに富んでいます。やはり、ドル箱路線 札幌(千歳)ー羽田の割引率は17%と相当渋い設定になっています。

一方で、今回は3000マイルを多く設定してくれていますので、そこは割引率50%もしくは40%と頑張った割引率になっています。もう少し3000マイル路線を増やしてくれればもっと利用してもいいのになぁ~と個人的に思っています。

 

2月の設定日も発表

さて、今回の設定に合わせて、2月の設定期間も発表されました。

 

3対象搭乗期間:2020年1月23日(木)~1月29日(水) ⇒ 今ここ
4対象搭乗期間:2020年1月30日(木)~2月5日(水)
5対象搭乗期間:2020年2月20日(木)~2月26日(水) 今回発表

今回発表されたのは⑤の期間。新規に設定されたのは1週のみ。もともと発表されていた1月最終~2月第一週と合わせて二回しか設定されません。

1月にはほぼ毎週設定されていただけにちょっと残念です。トクたびマイルも3月までの残り二か月ですから、もうちょっと頑張ってほしかったです。。。。

ですが、那覇路線などリゾート路線なんかを多く設定して、必要マイルも低くなっていることを期待しましょう。

 

国際線もお得なマイルで旅行できます。

1月末までの限定ですが、インターネットで特典航空券を手配すると10~20%お得なマイルで行けるキャンペーンもやっています。トクたびマイルほどお得ではありませんが、普段よりはお得なので、こちらも利用してみてはいかがでしょうか?

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/discountmile20200106/

路線限定&ヨーロッパ路線の基本割引率は10%とお得感はそこまでないかもしれませんが、予定が決まっていて特典航空券の空席があればぜひとも使ってみましょう!

 

 

まとめ

前回の大盤振る舞い4000マイル14路線に比べると、ちょっと渋い設定にはなってきています。そこは堅実なANAらしい設定かな?と思いますが、やはり大盤振る舞いしてくれればみんな使ってくれるはず。

ぜひとも全線4000マイル均一設定!!みたいな感じで思い切った施策をやってほしいですね。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA お得な旅行手段

17回目 今週はお得な中距離路線が盛りだくさん 今週のトクたびマイルをチェック!

こんにちわ!Engineer Travellerです。

正月休みもあけて、仕事が始まってはや2週間ほど、まだ憂鬱な日々を過ごしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今週もまたトクたびマイルが設定されていますので、定番の路線チェックをしていきましょう!

 

ここ最近の設定路線はこんな感じでした。

 

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/07/143000/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2019/12/12/120000/

 


 

今週のトクたびマイルとは?

さて、トクたびマイルとはなんでしょう???

f:id:engineer-traveller:20190515013019p:plain

2019年度限定企画! 今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただけます。

特典航空券を利用するには、往復で最低で10000マイル必要ですが、それが最小で6000マイルで済むお得なプランになっています。

ANA以外のポイントなどに交換されて交換先に対価を支払うくらいなら、格安のマイルで空いている路線に人を乗せていこう!

というANAの想いも見れ隠れしていますね。この辺はJAL”どこかにマイル”と同じですね。

www.jal.co.jp

 

今回発表された区間は??

ANAによると今週の対象搭乗期間は次になっています

<トクたびマイルのスケジュール>

予約発券期間:2020年1月15日(水)~1月21日(火)
対象搭乗期間:2020年1月16日(木)~1月22日(水)

今年二回目の設定。トクたびマイルの設定期間も残り3か月ですのでできる限り多く設定してほしいものです。

さて、肝心の今週の設定路線はこちらです!!

今回は全路線合わせて21路線と、先週の20路線とほぼ同一の路線数になっています。今週の傾向を見て気になったのが、300マイル以下の路線が一気に減ったな~という感じがあります。

実際、300マイル以下は2路線だけ。しかも、100マイル前後の路線が全く設定されず。

さらに4000マイル路線が過去最大の14路線と中距離路線を厚くしてくれています。特に東京(羽田)と名古屋(中部)に厚く設定された感じがあります。

行き先も北海道から中国・四国・九州とあちこちに設定してくれていて、どこでも楽しめるような路線設定になっているようです。

ただ、ここまで思いっきり設定してくれたので、もう少し頑張って4500マイルと5000マイル路線の合計4路線を4000マイルとかに統一してくれればよかったのに・・・・って思いますね。

今回、沖縄路線が設定されなかったのは残念ですが、こんな方向もいいですよね。

 

 

おトク度はどのくらい?

さて、肝心のおトク度ですが、どのくらいなんでしょうか?
今回の路線の割引率を見てみたところ・・・・

フライトで300マイル以下の路線は二路線だけでしたので、今回のほぼすべての区間は通常6000マイルで特典航空券と交換する路線になっています。

それが3000~5000マイルになるということで、50%~17%オフになっています。特に33%オフ路線が多めですので、結構頑張ってくれた設定だと思います

 

1月は毎週設定!注目です。

1月のトクたびマイルは毎週設定になっています。

1予約発券期間:2020年1月8日(水)~1月14日(火)

対象搭乗期間:2020年1月9日(木)~1月15日(水)⇒設定終了

2予約発券期間:2020年1月15日(水)~1月21日(火)
対象搭乗期間:2020年1月16日(木)~1月22日(水)⇒今回の設定期間

3予約発券期間:2020年1月22日(水)~1月28日(火)
対象搭乗期間:2020年1月23日(木)~1月29日(水)

4予約発券期間:2020年1月29日(水)~2月4日(火)
対象搭乗期間:2020年1月30日(木)~2月5日(水)

今月は来週・再来週も設定していきますので、今週のお出かけができなくてもまた来週・再来週とお出かけ機会がありますので、設定路線に注目していきましょう!

 

まとめ

17回目にして思い切った路線設定をして、中距離路線を4000マイルで設定してくれた今週です。けど、まだまだ500マイル毎に必要マイルを細かく刻んでいくANAらしい堅実さが見えますので、もう少し頑張って、4000マイル・3000マイル均一!!なんてことをしてくれませんかね?楽しみににしていますよ!ANAさん。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村