カテゴリー
ANA JAL

JALはバンガロールに。 日系エアラインのインド戦争勃発!?

 

 皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

世界一周ダイヤモンド修行記もありますが、JALANAなど各社から2019年度の

就航計画などが発表されていますので、いろいろとチェックしてみました。

 

<目次>

 

 

ANAに関しては昨日記事にしましたように発表済みのオーストラリア・パースと

合わせて、インド南部のチェンナイの就航が発表されました。

 

www.engineer-traveler.com

 

2019年のウィンターダイヤでANAが就航するとのことで、流通業と製造業の

重要都市を狙って日本からのビジネス需要と、インドー北米間の需要を獲得すべく

就航することを記事にいいたしました。

 

そしたら、JAL側でも結構似たようなプレスリリースが出てきました。

2019年度の路線計画をJALも決定したとのこと。

press.jal.co.jp

 

JALに関してはANAほど多くの新規計画などはあまりなくて、シアトルの新規就航

、モスクワ便のデイリー運航、ホノルル路線の機材変更(777-200ER⇒767-300ER化)

といった感じでした。

ホノルル線はANAA380就航させるので、GWや夏休み期間以外は供給過剰に

なることが予想されるので、767に規模を縮小したと思われます。

777-300ERに機材変更して、ファーストクラスのサービスを提供します!!

という感じで挑戦的になるかと思ってたんですが、違ったようです。

 

さて、一方で個人的には別リリースで出ていた

press.jal.co.jp

 

バンガロール (現地のカンナダ語で”ベンガルール”)への就航です。

(個人的にはバンガロールが慣れているので、バンガロールで紹介させてください。)

 

実はこの都市はチェンナイとほぼ同じ人口を有する、インド第五の都市になります。

チェンナイに比べると内陸に入ってしまうので、若干製造業から離れてしまう傾向に

あるのですが、そんなの関係ない産業が多く集まっています。

 

 

それは何か? ソフトウェア産業です。 ソフトウェアであれば、ネットさえあれば

内陸であっても不都合ありません。加えて、インドはアメリカのほぼ真裏に位置して

いますので、アメリカで昼米にやった仕事を引き継いで、アメリカの夜(=インドの

昼間)に仕事をやっていく疑似2交代制ができます。

 

 

さらには、デカン高原の高地にあるので、インドの南部にあるにも関わらず

気温は年中通して20~30℃くらいで安定しており、インドの軽井沢と言っても

いいくらいに避暑には最適な都市になります。

 

こういう条件がそろっているため、Google や Oracleマイクロソフトといった

ソフトウェア関連会社が非常に多く集積しています。

日本人にも過ごしやすい環境は非常に好評で、ソフトウェアのNTTデータ

はじめ、各種製造業も工場を設けている都市になっています。

 

こういう状況を見れば、バンガロール就航も納得していただけるのではないでしょうか?

個人的にはANAが良かったのですが、チェンナイと同時に就航というのは難しいので

しょう。攻勢をされる前に、JALが陣地を取りに行ったわけです。

 

就航時期は2020年の夏ダイヤまでにという、一年以上先の話にしては

Table_rev.png

 

時間がほぼ決定しているという周到さ。ダイヤは北米への乗継を重視したダイヤに

なっていますし、バンガロールでの折り返しも2時間40分取っているので、冬場の

偏西風が強い時期は成田の出発時間を同じにして、折り返し時間を短くする戦法の

ような気がします。

 

ダイヤまで発表したのは、ANAのチェンナイ就航との新聞記事を受けてインド需要を

取られないようにするために、早めに発表をしたと考えるのが自然ですね。

 

バンガロール空港には提携しているVISTARA航空がありますので、多少支援はして

もらえるのかもしれません。

 

2019~20年にかけてはインドをめぐってお客の争奪戦が始まりそうです。

カテゴリー
ANA

ANA 2019年に冬ダイヤでインド・チェンナイ就航を発表

皆さま、こんにちは。Engineer Travellerです。

先ほどANAのHPを見てたら、2019年の航空輸送計画などなどを

発表されていましたので、ちょっと確認してみました。

 

www.ana.co.jp

 

 

新規路線に関しては、すでにダイヤなども発表されていたオーストラリア・パースに

加えて、インド南部の都市チェンナイが追加されました。

ロシアに関してはお預けになっていますが、来年度の後半と若干遅めになるのでしょうか?

 

www.engineer-traveler.com

 

チェンナイに関しては、やはり物流拠点であることを就航の理由に挙げています。

南部で日系企業がある都市というと、ハイデラバードやバンガロールといった都市も

あげられるのですが、やはり輸出入の拠点になるとチェンナイになりますので、

ビジネス的にはこちらがプラスと判断されたようです。

 

 

こうしてみるとANAが同一国で3か所以上就航している国とみると・・・・

 

アメリ

ドイツ

中国

 

の3か国しかないです。アメリカ・ドイツ政治的・経済的結びつきが強いですし、

中国はある程度近距離なので乗り継ぎ回数を減らして利用者を増やすために、

小型機で就航するという戦略も取れなくはないですが、アジアの中距離圏で

就航都市を増やすということは、それだけインドー日本間の渡航需要と、

日本を通過して北米にいく需要が多い証拠のようです。

 

経済面でのつながりもだいぶ大きくなっていて、日本の円借款も多くなってきており

特にインフラの鉄道や道路に関して結構な支援をしております。

 

 パット思い浮かぶのが

www.sankei.com

 安倍首相も起工式に出席した、インド高速鉄道の供与。

新首相が来日されたときには、兵庫県川崎重工業を訪問し、E5系新幹線を

見学されていました。

 

 

また、急激な近代化に車需要が旺盛になったせいか渋滞が多発しており

北京以上の空気が悪い都市として有名になったデリーですが、そこの地下鉄に

対しても多くの援助をしております。

 

開業した地下鉄の総距離は今や東京を抜き、ニューヨークを抜かす勢いです。

 

www.in.emb-japan.go.jp

 

これらの地下鉄の建設は当然ながら、車両の製造・信号機などにも多くの日本企業が

かかわっております。

 

 また、インドの車と言えば、スズキ車ですし

toyokeizai.net

 

バイクと言えば、HEROホンダ というホンダの合弁会社でした。

(現在はHEROとホンダに分かれて2輪事業をしています。)

余談ですが、結構東南アジア圏に行くと、三菱ランサーも有名だったりします。

 

だいぶ脱線してしまいましたが、個人的にインドに行く機会が多いので、今回の

チェンナイ就航は楽しみです。マイレージ的には

ムンバイ>デリー≒チェンナイ

と思いますし、e-VISAがあるとは言え入国にはVISAが必要ですので、

がっつりANA修行をされる方には、あまり・・・・という就航地だとは思います。

 

ですが、ネットワークが増えることは非常に楽しみですので、開設日・ダイヤの

発表をこころ待ちにしましょう。

 

 

そのほか国内線のSuperValueの案内が出ているようなので、追って値段とか

チェックしたいと思います。

カテゴリー
ANA

2019年ANAは新規路線ラッシュ? 今度はロシアに。

皆さま、こんばんわ!Engineer Travellerです。

先日ANAの新規就航都市として、チェンナイという報道がされました。

 

www.engineer-traveler.com

 

インドの成長も目覚ましいので、ビジネス路線としては順当なところと思ってましたが

ここにきてもう1~2か所就航するとの報道が出てきました。

 

www.aviationwire.jp

 

ロシアのウラジオストクとモスクワです。

 

ウラジオストクは意外な感じがしましたが、知り合いの女性なんかに聞くと

行きたい都市の候補にウラジオストクが入ったりするみたいですね。

ロシアはVISAが必要な関係からビジネス需要が多いというイメージがあるのですが、

ウラジオストクなどの極東地域についてはE-VISAの取得が可能とのことで、

成田空港からも2時間ほどと適度な距離にあり、ちょっとした東欧の雰囲気も味わえる

ということで、観光地としての注目を集めているようです。

現在、ウラジオストクからは日本の成田空港にS7航空とオーロラ航空が就航している

ようです。自分は新潟空港も就航してなかったかと思ったのですが、運休になって

いるようですね。

 

 

モスクワについては、順当な就航都市だと思っていました。昨年の2月の

中期経営戦略でも,,,,,

 

www.ana.co.jp

 

ホワイトスポット(未就航地域)としてあげられていました。

https://www.ana.co.jp/group/pr/201802/img/20180201-2-004.png

 

現在モスクワへは

アエロフロートがシェレメーチェヴォ国際空港に 毎日

日本航空JAL)がドモチェドヴォ空港に 週4便

飛ばしています。ビジネス需要を考えれば毎日運航が望ましいので、毎日運航が

できればJALの顧客を奪える可能性が十分可能性がありますね。

 

 

どちらも距離は欧州に比べれば短いですし、ウラジオストクは中国路線と同じくらいの

距離なので、プレミアムポイントが1.5倍になってくれると嬉しいのですが、おそらく

ヨーロッパ扱いで1倍どまりのような気がします。 

その代わり、ウラジオストク出発のオーストラリア行きチケットが安くなってくれない

かなぁ、、、、とちょっと気になっています。

 

正式発表を楽しみにしましょう!

 

カテゴリー
ANA

ANAの新規路線候補 チェンナイってどんな都市?

皆さま、こんばんわ!Engineer Travellerです。

先日日経新聞にこんなニュースが出ていました。

 

www.nikkei.com

 

オーストラリアのパースも今年就航の予定ですから、今年は積極的に海外路線に

打って出るのでしょうか?2018年は新規就航路線はあまりなかった印象が

ありますので。

 

 

さて、チェンナイとはどんな都市でしょうか?

 

ja.wikipedia.org

 

 

チェンナイは人口で行くと、デリー・ムンバイ・コルカタに次ぐ第4のインドの都市で

インド南部のベンガル湾(インド東側)の都市になります。

ちょっとおじさん世代には、”チェンナイ”というよりも、”マドラス”と言ったほうが

なじみがあるかもしれません。 (マドラスはイギリス植民地時代の地名)

海沿い都市であるので、物流の拠点にもなっており、日本からインドに船で送付した

場合はチェンナイ港から陸揚げされるケースが多くなっています。

そのため、海運・物流会社が集まっており、さらには日本からの部品供給も考えて

自動車・空調をはじめとする日系企業が集まっている有数の都市になっています。

また、インドで製造した各種製品を東南アジア諸国に輸出するインド経済の重要拠点に

なっています。

 

一方で、これまで日本からインド南部に行こうとすると

①成田空港 ⇒(ANA)⇒ ムンバイ (1~2時間乗り継ぎ) ⇒チェンナイなど

②日本各地 ⇒(バンコクシンガポール・香港) ⇒ チェンナイなど

③成田空港 ⇒(JAL)⇒ デリー (1~2時間) ⇒ チェンナイなど

 

概ねこの3通りになっていました。

①に関してはムンバイからの乗継便のタイミングが合わないと、その日のうちに

目的地に行けない可能性が高い。

②に関しては、バンコクシンガポール・香港の乗継が合わない(長いと4時間とか)

③はデリーから南インドに行こうとすると2時間~3時間くらいかかるので、やはり

タイミング次第で乗り継げない可能性がある。

 

日本各地から一日で行こうとするならば、多くの人(地方都市ほど)②の方法が

一般的になっていました。

これがダイレクトにチェンナイまで行けるようになっていくのであれば、非常に

便利になりますね。

 

 

<予想されるダイヤは?>

これが非常に悩ましいです。日本人がインドに行こうとすると、基本的に朝出発して

夕方着というのが好ましいのです。こうすれば、チェンナイからさらに南インド

各地(バンガロールやハイデラバードといった、インド第5,6の都市)に乗り継げます。

一方で、最近のANAは日本人よりも、東南アジア諸国ー北米間の乗継需要を重視して

いますので、これを考えるのであれば、成田の夕方に間に合わせるのがいいでしょう。

実際にデリー~成田便に乗ると半分以上がインド人やアメリカ人っていうことが

よくある話です。

 

搭乗率を稼ごうとしたら、やはり後者でしょうから、

成田:17~18時 ⇒ チェンナイ 深夜0時前後

チェンナイ:深夜1時前後 ⇒ 成田:13時前後

 

と、デリー便に準拠した時間ではないでしょうか? 

 

公式発表が待たれますね。