カテゴリー
JAL修行

上級会員を目指そう! JAL国内線編②

 皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

 

最近めっきり寒さが緩んできて春目前という感じですね。それに伴って花粉症の

傾向が出てきています。皆さま、体調管理に気を付けていきましょう!

 

さて、ANAの修行に続いてJALの修行についても考えていっています。

前回はJALの修行に必要なFLYONポイントの仕組みについて学びました!

 

www.engineer-traveler.com

 


では、実際にお得に修行をするにはどうすればいいのか考えてみましょう!

 

<目次>

  • 国内線でお得に修行をするには
  • お宝運賃を見つける
  • まとめ

 

  ・国内線でお得に修行をするには??

 

  <<搭乗区間は???>>

  ANAと同じように、プレミアムポイントの計算式や色々な条件を見ていくと、

  勘のいい人であればプレミアムポイントにお得な運賃や区間が見えてきます。


 

  長距離路線  東京 ~ 那覇宮古石垣島等など

 

  ちなみに、JALの運航距離ランキングを作っていくと 

      f:id:engineer-traveller:20190302192028p:plain

  こんな感じになります。これから考えると、東京ー石垣や宮古、沖縄を

中心に乗ったほうが良さそうな予感がします。

では、この辺りを中心にお得な運賃がないか調べていきましょう!

 

  <<使用する運賃は???>>

 FLYONポイントの積算式を見ると、やはり運賃によってポイントが変わるので

 普通運賃がいいのでは??ってなってしまいます。

 けど、そこはANAと同様で、安売り運賃のほうが普通運賃の半額以下であることが

 多いので、安売り運賃を狙って予約するといいと思います。

 

 さて、それでは実際にHPで運賃を見ながら効率的ルートを考えていきましょう!

 

  • お宝運賃を見つける

  というわけで、JALの割引運賃である”先得運賃”を狙って効率的な修行ができないか

 考えてみましょう!

 

 けど、いきなり適当な日付を調べても仕方がないので、JALのHPにある先得

 カレンダーをチェックしましょう!
www.jal.co.jp


  

  例えば、羽田ー那覇を検索すると。。。。。

 

   f:id:engineer-traveller:20190302232426p:plain

                     ※3月1日に調べました。

  こんな感じで、その日ごとの最安運賃を調べてくれます。こうしてみるとGWに

  高いのはしょうがないですが、4月中の土日であっても8800円程度から買える

 ようです。でも、ここで表示されているのはあくまでもその日の売り出し時の

 最安運賃ですので、空きがあるかどうかはその日時をクリックして確認する必要が

 あります。

 

 では、最長路線、羽田ー石垣や宮古ではどうなるのでしょうか?検索して

 みましょう。

 

 宮古はこちら

  f:id:engineer-traveller:20190302232936p:plain

 石垣はこちら

   f:id:engineer-traveller:20190302233226p:plain

 

  こうしてみると、宮古と石垣は平日はそこそこ安いですが、金曜とか土曜日に

  なると高くなっています。 逆方向を見ていませんが、帰りは土日が高いはずです

 

  これは、一日1~2便しか直行便が飛んでないので、そこまで安くする必要も

  ないのだと思われます。 なので、平日に休める人ならば修行できるのでしょうが

  土日しか休めないような普通の会社員には向かない修行ルートだと分かります。

 

 

 では、実際に先得運賃・(参考までに普通運賃・特便割引も比較してみました。)

 

 沖縄・那覇空港の例

f:id:engineer-traveller:20190303000534p:plain

                      ※3/1検索 (ファーストクラスは別便の値段です。)

 

 石垣島の例

f:id:engineer-traveller:20190303000554p:plain

                     ※3/1検索 (ファーストクラスは設定なし。)


 

 まずは、石垣島ですが土日では高くなりすぎるので、5/16(木曜日)で検索して

います。土日は高くなりすぎてしまうので、省略しました。 

 しかし、平日でもいいのであればまだ安い先得運賃を往復とも購入することが

可能ですし、なにより1FLYONポイント(FOP)の値段(単価)が5.44円と、

那覇などに比べてダントツに安いです。こうすれば14往復ほどでJALの上級会員

(サファイヤ)になることができます。

 

 けど、土日にしか時間が取れない人の場合は、沖縄・那覇空港に行くのが

いいでしょう。実際に普通席で往復をすると、FOP単価が6.58円になっています。

石垣よりは2割増しになってしまいますが、仕方ないです。

 また、ClassJを利用してみると、FOPが単価が6.41円と若干下がりました。これは

追加の1000円でFOPが10% (200FOP)増えますので、効率が良くなったわけです。

 

 ちなみにファーストクラスはあまり割引運賃が出ていないため、FOP単価が

10円前後~と若干高めになってしまいますので、お得な修行には向いていません。

できるだけ回数を少なく済ませたい!お金は関係ない!という人向けになっています。

 

 

  • まとめ

  というわけで、JALの国内線で修行をするのであれば、休日のみであれば

 羽田ー那覇 の先得運賃

  を利用して修行をしていくと効率的になりそうです。平日が休めるのであれば

 羽田ー石垣 の先得運賃

  も修行にはおススメになります。

 

 では次に、JALの国際線を使った・・・・と行きたいところですが、次回別なJAL

 修行方法について説明していきましょう!


カテゴリー
JAL修行

上級会員を目指そう! JAL国内線編①

皆さま、こんばんわ!Engineer Travellerです。

先週はちょっとした旅行に出かけていまして、更新が遅くなってしまいました。

Twitterで少し上げましたが、珍しいルートで出かけてきたのでいずれ記事に

していきたいと思います。

 

さてさて、先日からJALANA上級会員のメリットや会員資格を維持する方法を

お話ししました。

www.engineer-traveler.com

 

海外旅行に行くとホントラウンジって便利なんです。食事やお酒といったものだけで

なくて、シャワーが浴びれたりとかコンセントが自由に使えたり、仮眠室があったり

色々と使い道があります。ほんといいですよね。

 

ANAやルフトハンザといったスターアライアンスの場合は、ANASFCカードを

持つことで半永久的にスターアライアンスゴールドを維持することが可能です。

そのために、あえてANAに乗りまくってSFCの入会資格を得る”修行”をする人もいます。

www.engineer-traveler.com

 

 

では、JALはどうなのか? やはりJALJGCと言って半永久的に上級会員の資格を

得る仕組みがあります。そういう人にはやはり”修行”が必要になってきます。

それでは、お得に修行をするにはどうすればいいか考えていきましょう!

 

 

<<目次>>

JAL FlyONポイントの仕組み

JAL上級会員の条件

・FLYONポイント修行

・回数修行

  • JAL FLYONポイントの取得条件
  • FLYONポイントがたまるフライトは?
  • フライトマイルは? 
  • FLYONポイント倍率は? 
  • 搭乗ポイントは?

 

JAL FLYONポイントの仕組み

 ANAにもありました、ポイント制度。JALについてもほぼ同じ仕組みであります。

 詳細はJALのHPでも確認してみてください。

 

www.jal.co.jp

 

 

 FLY ONポイントのポイント換算は

 

 FLY ONポイント = フライトマイル x FLYONポイント倍率 

                    +搭乗ボーナスポイント

 

 で求まります。式はANAと全く同じですね。

 さて、いろいろと条件を見ていきましょう!

 

  • FLYONポイントがたまるフライトは?

 国内線は基本的にANAと似たような感じです。HPにも載っていますが、

 以下の条件になっています。

f:id:engineer-traveller:20190302101214p:plain

 国内線であれば、JALグループ便(沖縄線が多いトランスオーシャン航空や

 エアコミューターでもOK)に加えて、コードシェアJAL便に乗ればFLYONの

 対象になります。

 国際線ではJAL運航便は当然ながら、ワンワールドアライアンスの各社でも貯める

 ことが可能です。 国際線では他社運航のJAL便(コードシェア)というのも

 ありますが、JAL便名で予約するとJALに乗ったとカウントされるのがミソです。

 (逆に言えば、JAL運航で他社便名で乗った場合は、JALにのったとカウントされません。)

 この辺りは、ANAの考え方と違うところです。

 

 国内線だけで修行を考えるのであればやはりJALのHPから買うことが

 FLYONポイントをためる第一歩になります。

 

  • フライトマイルは?

 フライトマイルは乗った距離に応じて貯まるものです。ヨドバシカメラ

 ビックカメラのポイントと同じように、フライトの割引に使えたりとか

 タダで飛行機に乗ることもできます。

 

 ですが、安い運賃でも獲得できるマイルが同じであったら、航空会社は大損して

 しまうので安い運賃であれば、乗った距離のXX%みたいな感じで低いマイルを

 積算するようにしています。

 

 JALのフライト区別はHPにも載っています。簡単にしていくと次のようになっています。f:id:engineer-traveller:20190302104705p:plain

 

  ファーストクラスだと一律+50%になっています。ANAのプレミアムクラス でも

  大体普通席運賃の+50%なので、そのあたりは変わりません。

  一方ミドルクラスの席ということで、ClassJがあります。これは当日空席が

  あれば+1000円で乗れますので、それで10%追加されるのであれば、ちょっと

  考えてもいい運賃かもしれませんね。

 

  ANAでもまとめましたが、高い運賃やファーストクラス運賃に乗れば、たまる

  Pointは大きくなりますが、かかる費用がポイント以上に大きかったりします。

  そこが注意ですね!

 

  • FLYONポイント倍率は? 

    ANAでもありました、路線倍率。JALではFLYONポイント倍率としてあります。

  国内線だけでFLYONポイントをためようとすると、距離が短いわりに時間が

  かかりますので、相当な回数乗らないと上級会員ポイントまで行きません。

  なので、国内線オンリーのビジネスマン(!?)向けの救済措置として

  国内線は積算マイルの2倍がFLYONポイントとしてたまっていきます

 

  ですので、ANAと同じように修行しようとするのであれば、国内線の長距離路線に

  乗る(やはり東京~沖縄方面)や国際線のアジア路線(クアラルンプールや

  オセアニア路線)に乗るのが良さそうです。

f:id:engineer-traveller:20190302112003p:plain

 

  • 搭乗ポイントは?

  ANAでもありました、搭乗ポイント。JALでもあります。

  搭乗ポイントの加算運賃は次の通りです!

f:id:engineer-traveller:20190302112024p:plain

 

  やはり、高い運賃などは400ポイントの積算をして、先得運賃などは安くなる分

  搭乗ポイントが追加されません。

  では高いほうがいいか?という疑問は、やはり路線と値段によるので

  JALの路線でお得に修行する方法を考えていく必要がありそうです。

 

 

 

さて、今回はJALの修行の第一歩。FLYONポイントに関してまとめてみました。

次回、実際に国内路線でいろいろと修行路線を検討してみましょう!

カテゴリー
ANA修行 JAL修行

ANA& JALの上級会員を維持しよう! 

こんにちは!Engineer Travellerです。

 

先日の記事でもありましたが、航空会社のラウンジを利用するためには

マイレージクラブの上級会員になる必要があります。では、その資格の有効期限の

お話です。

お付き合いください~! 

 

 

  • 上級会員の有効期限は?

  各社Webページをよくよく調べると出てきますが、上級会員の有効期限は

 上級会員を達成した翌年の4月~翌々年の3月までの1年間です。

 

www.ana.co.jp

www.jal.co.jp

 

 ただ、各社とも達成した直後から達成したランクに準ずる扱い(事前サービス)も

してくれるので、最長では二年近く上級会員の扱いをしてくれたりもします。

 二年も使えるなら結構メリットがあるなぁ~とは考えていますが、二年後には

 やはり上級会員の有効期限が切れるので、なんとかこれを継続的に

 維持できないかな?と考えていきます。

                  

 

  • 上級会員を維持するには?

   上級会員を維持するのは単純です、毎年5万ポイントため続けるだけです(笑)

 簡単に言ってしまっていますが、この5万ポイントですが結構貯めるのが大変です。

 例えばですが、普通運賃使ってこのポイントをためていくと……

 

  東京ー福岡 567マイル  (ポイント=567×2 +400 =1534ポイント)

  東京ー大阪 280マイル  (ポイント=280×2 +400 = 960 ポイント)

 

 獲得マイルとポイントは上記の通りです。(※カードのボーナスマイルは除く)

 なので、この区間だけで5万ポイントを獲得しようと思うと

  東京ー福岡 ⇒ 32片道(16往復)

  東京ー大阪 ⇒ 52片道(26往復)

 

 月1~2往復していかないと、上級会員にはなれません。

 日々飛び回っている営業マンや経営者さんでないと厳しい・・・・

 毎年、これを続けるのは難しい!!!

 

 ってなってしまうわけです。さて、どうしよう………

 

 となってしまうわけです。

 

  • 上級会員を維持する魔法のカード

  さて、ここでどうするのか?何もしないと、ANAJALも他社にお客様が

  流れていってしまうので、お客様のつなぎ止めのために

  ANAJALも”救済”?制度を用意しています。

 (※おそらく会費稼ぎだとは思いますが、ユーザーからしたら救済です。)

  ANAであればスーパーフライヤーズカード (通称:SFC

www.ana.co.jp

 

 

  JALであればJALグローバルクラブ (通称:JGC

www.jal.co.jp

 

  というのがあり、いずれも1.5万円程度の年会費を支払ってクレジットカードに

  入会すると、それぞれの上級会員を永続的に維持できます。

 

  ただし、入会するためには一度は上級会員になる必要があるので、出張などで

  頑張って上級会員になる必要があります。

 

  ではどうするのか?というと、SFCJGCを取得するためにANAJAL

  たくさん乗って上級会員になる人がいます。

  ひたすら同じ路線に乗っていることも多かったり、乗ることが目的ですので

  一日に4フライトとか6フライトとか搭乗することもあり、その行いが

  苦行でもあることから、”修行”とか”SFC修行””JGC修行”と呼んでいることが

  あります。

 

  

 

 

では、この”修行”をどう行っていけばいいのか??

もちろんお金が伴いますのでできるだけ安く済ませたいです。

 

その辺りを、ANA/JALそれぞれで考えてみましょう!

 

 

カテゴリー
ANA修行 JAL修行

ANAやJALの上級会員になるためには?

こんにちは、Engineer Travellerです。

前回ラウンジを利用するためにはどうすればいいのか?というお話をまとめました。

そこでは、航空会社のラウンジが利用できると待ち時間を有効に過ごせること、

そして利用するためには航空会社を高頻度に利用する必要があることを

説明させていただきました。

 

では、今回はどうすれば高頻度に利用する顧客にしてくれるのかを解説していきましょう。

 

目次

  • 上級会員の種類
  • 高頻度の会員になるためには?
  • まとめ

 

 

上級会員の種類 

 ANAJALのHPにも書いてありますが、3種類のグレードがあります。

 中級・上級・最上級クラスで、呼び方は違いますが基準とかはほぼ一緒に

 なっています。

 

  中級クラス 上級クラス 最上級クラス
ANA ブロンズ プラチナ ダイヤモンド
JAL クリスタル サファイヤ ダイヤモンド
使える
ラウンジ
マイルを払って利用 ビジネスラウンジ ファーストクラスラウンジ

 

詳細の条件はこちらに

www.ana.co.jp

ANA

www.jal.co.jp

JALです。

 

 

 このうち中級のANA-ブロンズ、JAL-クリスタルは航空会社のラウンジは

マイルを支払って利用という形になってしまいます。

 せっかく利用するならマイルの残りを気にせずに利用したいですよね。

 というわけで、上級クラス以上の高頻度客になればラウンジが普通に

 使えるようになります。

 

  • 高頻度の会員になるためには

  いろいろとこまごまとした条件もありますが、上級会員になるためには

 大体ANAJALも大体同じで……

 

  獲得マイル x 2倍 + α   (国内線)

        x 1.5倍  + α   (アジア・オセアニア圏路線)

        x  1倍 +    α   (北米・欧州路線)

   αは高いチケットの時にある加算ポイント(400ポイント)

 

 でポイントをためていきます。

ANAだとプレミアムポイント、JALだとフライオンポイントといいます。)  

 これで5万ポイントを達成すれば、達成時から翌年度末まで上級会員を

 維持することができます。

 

 ※JALに関していえば

 

 HPを見ると、現在たまっているプレミアムポイントやFLYONポイントを

 確認することもできます。

 

ANAはこちらに

f:id:engineer-traveller:20190209093058p:plain

 

 

JALはログイン後の画面に

f:id:engineer-traveller:20190209093125p:plain

 

 

 

 

 また、JALANAも提携している航空会社がいろいろとあります。

 そのうち各航空会社が所属している航空会社グループ(アライアンス)であれば

 ポイントを加算してくれます。

 ただし、その時は

 獲得ポイント=獲得マイル +α 

 になって、半分以上はANAとかJALとか上級会員を目指す会社で

 搭乗する必要があります。

 

 ※航空会社グループ

  スターアライアンスANAユナイテッド航空・ルフトハンザ航空・タイ国際航空

            シンガポール航空中国国際航空アシアナ航空など28社

https://www.staralliance.com/ja/member-airlines

 

  ワンワールド :JALアメリカン航空キャセイパシフィック航空

          マレーシア航空、ブリティッシュエアウェイズなど13社

          

ja.oneworld.com

 

  もう一つスカイチームもありますが、日本で加盟している航空会社はありません。

 

 

  •  まとめ

  というわけで、ちょっと長くなってしまいましたが…..

  ー航空会社のラウンジに入るために必要な上級会員になるための条件

  について解説してみました。

 

  では次回は、その上級会員を維持する方法に関して解説していきましょう!

カテゴリー
002_空港・ラウンジ情報 ANA修行 JAL修行

ANAやJALのラウンジってどう利用するの?

皆さま、こんにちはEngineer Travellerです!

 

唐突に始まった世界一周チケットを使ったANAのダイヤモンド修行ですが、

目的とか色々と説明していきましょう。

 

 

<目次>

  • ラウンジってなに?
  • ラウンジにはどんな種類があるの?

 

 

 

  • ラウンジってなに??

 さて、ラウンジ(Lounge)とはなんでしょう?

英和辞典によれば

a (ホテルなどの)社交室; (トイレ喫煙室などのある)休憩室ラウンジ

b《主に英国で用いられる》 居間.

c  (空港などの)待合室 

 

英和辞典・和英辞典 – Weblio辞書

夜の街で見かける、ラウンジ(スナックのようなもの)はaの意味合いですね。

社交室という意味になります。

一方で、ここでいうラウンジはのcの”空港での待合室”という意味合いになります。

 

”待合室”って言っても、搭乗口の前のことや宗教上の祈祷所であったり、

休憩スペースであったりを言う場合もあるのですが、

ここではスペースだけでなく、食事やお酒、ワーキングスペース、シャワーブースが

あったりといろいろなものを提供してくれるスペースになります。

 

 

例えばですが・・・・

f:id:engineer-traveller:20190209094004j:plain

f:id:engineer-traveller:20190209094024j:plain

f:id:engineer-traveller:20190209094045j:plain

韓国インチョン空港にあるアシアナ航空のラウンジがこんな感じです。 

 

 

このラウンジを提供してくれるのが、エアラインであったり、地元のケータリング

会社であったりと運営はまちまちです。

ただ、だれでも使えるようにしてしまうとラウンジ内は非常に混雑を

してしまいますので、利用者は制限されるのが普通です。

よくあるのが

 

・VIP顧客 (大会社社長やエアラインが支援するスポーツ選手、役人など)

・ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミーといった

 ”高いチケット”を持っている利用者

・航空会社の利用頻度が多い人

・有償のラウンジ入場パスを持っている人

・グレードの高いクレジットカードを持っている人

 

が代表的な例です。

VIP顧客になったり、ファースト・ビジネスクラスに乗るのはちょっとハードルが

他界ですけど、後の三つであれば一般人でも可能性が出てきますね。

 

 

  •  ラウンジにはどんな種類があるの?

けど、ラウンジにもいくつか種類があります

運営 ラウンジ種類 特徴
航空会社 ファーストラウンジ 最上級ラウンジ(ビジネスラウンジ機能)
  コンシェルジュサービス
  レストラン等
ビジネスラウンジ  軽食・酒類・ソフトドリンクサービス
 ビジネススペース(コピー機
 シャワー室等
ケータリング・
カード会社など
カードラウンジなど  ソフトドリンク・ビジネススペース程度
 (国際線ならば軽食・酒類なども)

 

 

概ね、有償の入場パスやクレジットカードで入場できるラウンジというのは

3番目カードラウンジのもので、こちらでも待合室としては十分なのですが、

サービスとしてはほどほどという感じになってしまいます。

 

また、国内線だとカードラウンジはセキュリティチェックの前にあったりするので、

出発ギリギリまでラウンジにいることはあまりできません。

ラウンジとして、”快適だな~”っと思うのは航空会社ラウンジであることが多いです。

 

となると、航空会社のビジネスラウンジを利用したくなります。

 

ではどうすればいいかとなると 

・航空会社の利用頻度が多い人

 

になる必要がでてくるわけです。 

 

 

 

 

では、どのくらい航空会社を利用すればいいのかを次回に確認していきましょう。

カテゴリー
ANA JAL

JALはバンガロールに。 日系エアラインのインド戦争勃発!?

 

 皆さま、こんにちは!Engineer Travellerです。

世界一周ダイヤモンド修行記もありますが、JALANAなど各社から2019年度の

就航計画などが発表されていますので、いろいろとチェックしてみました。

 

<目次>

 

 

ANAに関しては昨日記事にしましたように発表済みのオーストラリア・パースと

合わせて、インド南部のチェンナイの就航が発表されました。

 

www.engineer-traveler.com

 

2019年のウィンターダイヤでANAが就航するとのことで、流通業と製造業の

重要都市を狙って日本からのビジネス需要と、インドー北米間の需要を獲得すべく

就航することを記事にいいたしました。

 

そしたら、JAL側でも結構似たようなプレスリリースが出てきました。

2019年度の路線計画をJALも決定したとのこと。

press.jal.co.jp

 

JALに関してはANAほど多くの新規計画などはあまりなくて、シアトルの新規就航

、モスクワ便のデイリー運航、ホノルル路線の機材変更(777-200ER⇒767-300ER化)

といった感じでした。

ホノルル線はANAA380就航させるので、GWや夏休み期間以外は供給過剰に

なることが予想されるので、767に規模を縮小したと思われます。

777-300ERに機材変更して、ファーストクラスのサービスを提供します!!

という感じで挑戦的になるかと思ってたんですが、違ったようです。

 

さて、一方で個人的には別リリースで出ていた

press.jal.co.jp

 

バンガロール (現地のカンナダ語で”ベンガルール”)への就航です。

(個人的にはバンガロールが慣れているので、バンガロールで紹介させてください。)

 

実はこの都市はチェンナイとほぼ同じ人口を有する、インド第五の都市になります。

チェンナイに比べると内陸に入ってしまうので、若干製造業から離れてしまう傾向に

あるのですが、そんなの関係ない産業が多く集まっています。

 

 

それは何か? ソフトウェア産業です。 ソフトウェアであれば、ネットさえあれば

内陸であっても不都合ありません。加えて、インドはアメリカのほぼ真裏に位置して

いますので、アメリカで昼米にやった仕事を引き継いで、アメリカの夜(=インドの

昼間)に仕事をやっていく疑似2交代制ができます。

 

 

さらには、デカン高原の高地にあるので、インドの南部にあるにも関わらず

気温は年中通して20~30℃くらいで安定しており、インドの軽井沢と言っても

いいくらいに避暑には最適な都市になります。

 

こういう条件がそろっているため、Google や Oracleマイクロソフトといった

ソフトウェア関連会社が非常に多く集積しています。

日本人にも過ごしやすい環境は非常に好評で、ソフトウェアのNTTデータ

はじめ、各種製造業も工場を設けている都市になっています。

 

こういう状況を見れば、バンガロール就航も納得していただけるのではないでしょうか?

個人的にはANAが良かったのですが、チェンナイと同時に就航というのは難しいので

しょう。攻勢をされる前に、JALが陣地を取りに行ったわけです。

 

就航時期は2020年の夏ダイヤまでにという、一年以上先の話にしては

Table_rev.png

 

時間がほぼ決定しているという周到さ。ダイヤは北米への乗継を重視したダイヤに

なっていますし、バンガロールでの折り返しも2時間40分取っているので、冬場の

偏西風が強い時期は成田の出発時間を同じにして、折り返し時間を短くする戦法の

ような気がします。

 

ダイヤまで発表したのは、ANAのチェンナイ就航との新聞記事を受けてインド需要を

取られないようにするために、早めに発表をしたと考えるのが自然ですね。

 

バンガロール空港には提携しているVISTARA航空がありますので、多少支援はして

もらえるのかもしれません。

 

2019~20年にかけてはインドをめぐってお客の争奪戦が始まりそうです。