カテゴリー
000_世界一周ダイヤモンド修行

ANAのダイヤモンドを取得してみよう!しかも世界一周で

だいぶ昔の話になってしまいますが、2015年の約一年で自分は世界一周旅行をしました。

世界一周旅行?? ってことは会社を辞めたの??

いいえ、実は会社を辞めていません。

辞めずに世界一周旅行もできちゃうんだ!ということと、ANAのダイヤモンドステータスやプラチナを目指す人の参考になればと思って、備忘もかねて残しておくことにしました。

 

 

 

簡単に自己紹介を……

名前 Engineer Traveller
年齢 30代半ば(現在はアラフォーです。)
住所 関西
職業 会社員(技術者 国内外の案件担当)
マイレージ ANA SFC保有 プラチナ3年継続(出張や実家帰省に使用して)

プラチナでしたので国内外のラウンジは利用できたのですが、どうもANA Suiteラウンジがあって、どうも待遇がいいらしい。。。。という話を聞いていましたが、そのためにはダイヤモンドになる必要があるが、ハードルが高い。

ただ、ダイヤモンドとかならエコノミーからビジネスクラスへのアップグレードの可能性も上がったりするらしいとの話を聞いていたので、いいなぁと思ってみてました。

一方でダイヤモンドになるために、修行と称してに東京ー沖縄やシンガポールを往復する人もいるらしいとのこと。

自分はそこまでしてなりたくないなぁ……とは思ってました。

でも、ダイヤモンド一度はなってみたいと言うことで、次のような条件をつけて”修行”をやってみることにしました。

  1. 単純往復のみは絶対しない。旅行を楽しむ
  2. プライベートで海外いくことが皆無だったので、海外を楽しむ
  3. せっかくなら欧米など行ったところがない国にも足を伸ばす
  4. 極力ANAを利用しよう❗(これはダイヤモンドの条件をクリアするためですが。)
  5. お得な手段を考える。

こんな感じの条件で、色々と考えてみようとなったわけです。

というわけで、そういう中で気になったのがスターアライアンスHPにあった世界一周運賃

https://www.staralliance.com/ja/round-the-world

これを使えば、マイル数にもよりますが、50万程度で世界一周ができるようです。
ヨーロッパを巡り、アメリカを巡り・・・と考えるとそれぞれで20万円くらいしますから、アジアも含めて回れば、案外安く済みそうです。

そこで、世界一周のルートを考えてみることにしました。

自分に課した条件を満たしつつ、プライベートで行きたいと思っていたところとして…….

夏のエジンバラ(イギリス)は必須の目的地です。(理由はそのうち・・・・)

そして、やはりアメリカには行きたいし、当時はまだ少なかった787のスタッガードシートのビジネスクラスに乗りたい!

などがあります。なので。。。

 

日本近辺を旅行

ヨーロッパ旅行 (→現地発のチケットを購入して帰国)

アメリカ旅行(ヨーロッパの現地発チケットで戻り大西洋を渡る)

 

という大まかな予定が見えてきました。

 

さて、日本近辺を考えてみましょう。

 

世界一周チケットの発行条件を確認したところ

世界一周の条件の一つに同一都市のストップオーバーはできないようです。

また、同一国内でのストップオーバーは3回までのようです。

ダイヤモンドを目指すために、プレミアムポイント2倍の国内をいくつか回る案を考えましたが、世界一周航空券をつかってANAに乗るとブッキングクラスはMになるようです。

ということは、プレミアムポイントは100%ついてさらに400ポイントの搭乗ポイントもつくことから、明らかに国際線に乗ったほうがいいことが明白でした。

(プレミアムポイントとか搭乗ポイントはまたの機会に….)

そして、ANAが運航する国際線が出ているのは東京(成田・羽田))、名古屋(セントレア)、大阪(関空)の3空港です。ということは・・・・・・

名古屋ーアジアのどこかー大阪ーアジアのどこかー東京⇒ヨーロッパ

という予定が一番よさそうです。加えて、名古屋・大阪に共通に就航しているのは香港・北京の二都市なので、ここはできれば使いたい。

加えて、アジア⇒東京の部分は、アジア圏の最長路線であるムンバイー成田は外せなさそうです。趣味的には当時あった737-700ERのビジネスジェット(40人乗りくらいの小型機)に*1も乗りたいところでした。

ということから導き出されたアジア圏のプレミアムポイントを稼げそうなルートは

名古屋ー香港ー大阪ー北京ー(どこか)ームンバイー東京

となります。また、旅行で行くならば・・・・ということで、シンガポールは行きたい!とも思ったので、

名古屋ー香港ー大阪ー北京ーシンガポールームンバイー東京

大体これでアジア圏のルートが固まりました。
さて、次はヨーロッパ圏です。

*1:現在はもうないです。

カテゴリー
ANA JAL

コロナウィルスによる航空会社各社の対応まとめ(5/24 9時現在)

こんにちわ!Engineer Travellerです。これまでも航空会社の対応をまとめてきましたが、前回のまとめから時間がたってきましたので、ここで新規投稿にして、国際線もまとめたいと思います。

 

非常事態宣言が全国に出されましたが、多くの県では5月中旬に解除。関西3府県でも解除され、残る関東も5月中には解除されるようですので、今回の特別措置に関しても今後延長がなくなるかもしれません。

国内線航空券チケットの対応まとめ(5/24日9時現在)

フルサービス系は特別対応期間延長

日本に本社を置くフルサービス系キャリアを一通り見てみました。個人的感覚のフルサービス系ですので、いやLCCとかセミフルサービスとかそういうツッコミはなしにしてください。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
ANA あり 2/28~6/15 これまであった発券日の制約は無し
JAL あり 2/28~6/14 5/18~5/31: 4/28以降の解約分
6/1~6/14: 5/14以降の解約分
ソラシドエア あり 2/28~6/30 発券日の制約なしに変更。

5/7~5/31分は4/24以降の解約分6/1~6/30分は5/12以降の解約分

AirDo あり 2/28~6/15 発券日の制約なしに変更。
Skymark あり 2/28~6/15 5/7~5/31: 4/21迄に予約済み分6/1~6/15: 5/14迄に予約済み分
FDA(フジドリーム) あり 2/28~6/30 5/7~5/30: 4/16迄に予約済み分6/1~6/30: 5/12迄に予約済み分
IBEX エアライン あり 2/28~6/15 6/1~6/15: 5/14以降の解約分
スターフライヤー あり 2/28~6/30 発券日の制約は無しに変更

6/1~6/30: 5/14以降の解約分

オリエンタルエアブリッジ あり 2/28~6/15 発券日の制約は無しに変更

6/1~6/15: 5/14以降の解約分

天草エアライン あり 2/28~6/14 コールセンターで対応

 

一通り確認しましたが、多くの会社は6月中旬搭乗分のチケットは航空券の無手数料キャンセルに応じています.

まとめると・・・・

 

  • JAL・天草エアラインは6/14迄の搭乗分について 
  • ANA・IBEX・AirDo・オリエンタルエアブリッジは6/15迄の搭乗分について
  • FDA・スカイマーク・ソラシドエア・スラ―フライヤーは6/30迄の搭乗分について

手数料での変更・キャンセルに対応しています。

非常事態宣言は5月中には全部解除の見込みですが、依然移動の自粛は求められるので6月中の特別対応をしているようですね。これから7月とかはどうなるのでしょうか……やはり移動の自粛は夏休みまで及ぶのでしょうか。。。

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

今回の対応はあくまでも特別対応なので、払い戻して当然という態度はやめて、謙虚にありがとうございます。といきたいですね。

LCC系も特別対応を実施中です。

日本に本社を置く会社で国内線を運航する会社をピックアップしてみました。3/6前後から、Peach/Jetstarの2社も特別対応を開始しました。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
Peach(ピーチ) あり 5/22~6/30 国内線全路線
5/22迄に予約済みで6/4迄に申し出る。振替は7/31迄のフライト
Jetstar(ジェットスター) あり A:4/1~4/27

B:4/28~5/31

C:6/1~6/30

A期間は3/25迄に予約したもの。

B期間は4/8迄に予約したもの

C期間は5/12迄に予約したもの

7/31迄のフライトに変更もしくはバウチャー払戻し。

春秋航空 あり 3/29~5/31 4/9迄に発券済みの航空券。 支払手数料を除いた返金もしくは、6/30迄のフライトに変更可。
エアアジア あり ~7/31 4/17までに購入済みの航空券。

変更もしくはバウチャーでの払戻し。

LCC各社については、対象期間が5月末であったり6月末であったり、対象期間を長めにしているようです。

また、Peachのようにキャンセル期間を定めて、それ以降は原券のキャンセル条件に従うケースもあるようです。 これは、運休計画を決めるために早めに搭乗見込みの人数を把握して、欠航するかどうかを決めるんだと思われます。

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

払戻しの際はバウチャーでの返金が多いですが、LCCでは出金を避けたいためなんですね。ここは仕方ないと思うしかないです。

キャンセル料保証は?

LCCや海外ツアーなどで、行けなくなった場合にチケット費用を補償するチケットガード保険などがあります。今回のコロナウィルスを理由とするキャンセルの場合、キャンセル料の保証の対象になるのでしょうか?

https://www.ticketguard.jp/products/peach.html

 

補償されるキャンセル理由という部分を見てみると

補償の理由は

  • 搭乗者の入院・通院
  • 宿泊を伴う出張
  • ご家族の入院・通院
  • ご搭乗者または親族の脂肪
  • 交通機関の遅延

になっています。これを見る限りは・・・・

コロナウィルスが不安だからキャンセルしますは対象外

コロナウィルスに感染して入院したら対象

ということが読み取れますので、残念ながら不安のためのキャンセルは対象外になります。

実際にLineTravelの保険にもよくある質問に載っていました!

https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/?utm_source=majin&utm_medium=notice&utm_campaign=GUIDE

残念ながら、キャンセル料の補填はできませんが、現在は感染拡大をするリスクを考えれば高い勉強代と考えて、家でおとなしくするしかないですね

コロナウィルスの不安でキャンセルの場合はチケットガードの対象外

キャンセル・変更はHPから可能です

各社ともコロナウィルスによるキャンセル・変更で対応でコールセンターがつながらない状況になっているようです。

ですが、多くのエアラインはオンラインで特別対応を受けられます。やり方は通常の変更・キャンセルと同じです。

実際EngineerTravellerが昨日JALの先得割引(通常は変更不可・キャンセル料50%)をキャンセルしたところ・・・・

このように、払戻額と航空券額が同額になっていますので、キャンセル料ゼロで払い戻しが可能です。

コールセンターではなく、Webから変更・キャンセルをしましょう。

まとめ

さて、今回は非常に厳しい状況で、日々状況が変わっていっています。感染拡大を防止するには多少の我慢は必要と思っていますが、早く平穏な日々が取り戻せるといいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA JAL

JAL/ANA/スカイマーク 運航の最新状況は?? ~6月に若干の兆し?~

こんにちわ!Engineer Travellerです。

最近はこのネタばかりになってしまっていますが、ANA・JALに加えて、今回はスカイマークも含めて5~6月の運航便数を確認してみます。

※データは5月24日 午前0時のデータを使用しております。

※一部公表データと異なるところがあります。(単純片道分x2としているので、差異が出ています)

GW中の搭乗率は20%以下に・・・

さて、運航便の状況を確認する前に、現在の状況を何かで知れない~とみてたら、ANA/JALともGWのご利用実績というのが出ていました。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202005/20200508-2.html

https://press.jal.co.jp/ja/release/202005/005628.html

https://www.skymark.co.jp/ja/company/press/pdf/__icsFiles/afieldfile/2020/05/08/200508_press_1.pdf

国内線は供給座席は30%でも….

国内線の状況は?と見てみると・・・・

ANAの場合

JALの場合

スカイマークの場合

提供座席数は、ANA・JAL・SKYそれぞれ前年比で15%・30%・18%程度に絞ったにも関わらず、それ以上に旅客も減って搭乗率は20%・15%・20%という状況。

不要不急の外出自粛がうまくいった証拠なのでしょうが、航空会社からしたら採算ラインを大幅に割れていることは間違いなさそうです。

国際線はさらに激しい落ち込み 

さらに国際線については、発表によると……

ANA

JAL

※スカイマークは唯一の国際線サイパン便が運休なので、搭乗率は無し。

各国が入国制限を厳しくしているので、運行本数を大幅に削減しているようですが、提供座席数はANA/JALとも前年比でわずか9%・5%。それだけ絞っても、搭乗率はそれぞれ25%、15%と燦燦たる状況であることは間違いないようです。

連休後の5月・6月の運航状況はどうなってきたのか?

さて、では連休後の運航状況はさらにどうなったのでしょうか?主要地域以外では緊急事態宣言も解除されているようですので、回復傾向がみられるのでしょうか?

ANAの状況は?

ANA国内線の状況

まずは、ANAの国内線状況を日々のデータにまとめてみるとこのようになります。

※コードシェア便の6月運航は未発表が多いので、運航率は記載していません。

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

ANAの運航便数で行くと5月中は20%を若干下回るくらいですが、6月から順次運航本数を増やしていくみたいですね。

 

5月中の運航は機材が大きめのANA運航を取りやめて、小型機が多いコードシェア便に任せる傾向がありましたが、6月からは非常事態宣言が解除されているのを見越して順次運航便数を増やしていくようです。

搭乗率はまだまだ低いでしょうが、これからゆっくりと回復期にいく!とのANAの目論見なんでしょうね。

ANA国際線の状況

さて、国際線の状況はどうなっているのでしょうか??

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

5月までは10パーセントの運航便数のようですが、6月から米州・欧州・東南アジア路線が若干増えるようです。

ですが、まだ本格的な回復傾向でもないかと思います。

 

以前各国の入国制限が厳しいから、国内線ほどの回復基調は見えませんね。これが、7月になってどうなるかが気になりますね。 ですが、夏休みに海外に行くのはさすがに無理そうです。。。

JALの状況は?

さて、JALの運航状況はどうなっているのでしょうか?

JAL国内線の状況

国内線状況をグラフにしてみるとこのようになりました。

※FDA/AMXの運航計画の6月分が出ていないので、5月末までになっています。

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

JALの運航状況で見ると、30%を若干下回るくらいになっています。

コードシェア便がANAに比べて少ないので、JAL便名全体で見ても30%の運航計画です。

 

 

JALは6月前半の運航計画も出ていますが、ANAほどは回復傾向は見えないようです。JALの発表は6月前半までですので、後半に入っていくと回復基調が見えてくるのかもしれません。

JAL国際線の状況

さて、JALの国際線の状況は……

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

JAL全体の運航便数で行くと10%をさらに下回っている状況ですね。

これは6月でも全然回復していないので、これがまだまだ続きそうです・・・・

 

 

このような状況では夏休みの7月・8月はやはり海外に行くというのは現実的ではなさそうです。

スカイマークの状況は?

さて、今回初めて検証するスカイマークの運航状況はどうなっているのでしょうか?

スカイマーク国内線の状況

さて、スカイマークの運航率を見ていきましょう!スカイマークのは6月11日までの分の運航計画になります。
Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

 5月のGWにかけて運航率は13%くらいに下がっていたのですが、6月前半に向けて20%まで運航率が上昇しています。

これは回復基調にあるのかな? 今後の発表が楽しみです。

   関東も近々緊急事態宣言が解除される見込みですので、6月後半に向けてだんだんと運航率が上がっていくのかもしれません。

空港ごとにANA/JALの運航状況を並べてみると・・・・

さて、ANA/JALともども大幅に減便しているので、ANAもJALも飛来しなくなった空港があるのではないかな?と思って、羽田便に限ってANAとJALの運航便数をまとめてみました。

すると、3空港(岡山・石垣・宮古)はJAL/ANAとも運航していたのですが、全便欠航という事態になっているようです。(緑色の部分)

さらに7空港(オレンジ色の部分)はANA・JALのいずれかしか運航していなかったのですが、それが全便欠航になってしまったものです。

今回のコロナの影響で、地方への交通が大きく影響を受けていることが分かります。

 

※ 5月25~31日の運航便数を一日当りに平均して算出しています。

ANAとJALの減便傾向は・・・

 先ほどの表を見て分かるのが・・・・
ANAはとことん減便する
JALは小型機で幹線を多く運航する
という傾向です。羽田~伊丹線を見ると・・・
ANAは 2便/日
JALは 6便/日
です。ANAはA321か737型機をつかって170~200席前後で運航しているようですが、JALは100席弱のエンブラエル機も使って対応しているからのようですね。
この辺り、小型機まで保有しているJALならではの芸当なのでしょう。

まとめ

非常事態宣言に伴う自粛モードも少しづつ明けてきているようですが、気が緩むとまた転んでしまうので、当面はこのまま自粛モードを維持しようと思っています。

ですが、、、、旅行に出かけたいです。。。。。

いずれにしても・・・

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
JAL

JAL編 国内線の日々の欠航はどのくらい?? 4/25現在編

おはようございます!Engineer Travellerです。

早い人ではすでにGWに入っている人もいるようですね。例年であればウキウキわくわくな時期なのでしょうが、今年は自粛モードということもあり、ウキウキ感は全くありませんね。

全然でかけられないので、JR・バス・航空の各社はしんどい状況になっているようです。JALについてもこのほどGWの運航計画が出てきましたので、ちょっとチェックしてみることにしました。

ANAの運航状況はこちら!

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/24/190042/

2020年のGW期間中の予約は・・・・わずか12%

国内線は供給座席は1/3でも….

さて、JALからGWの予約状況が出てきました。

https://press.jal.co.jp/ja/release/202004/005613.html

今回のコロナの影響により旅客数が大幅減少しているので、減便と小型化を重ねてGWの座席数は昨年比1/3の状況になっています。

ですが、それ以上に予約数の落ち込みが激しく前年比12.7%の状況。予約率はわずか33.3%という状況です。

JALの場合は、GW減便計画の発表後のデータですので、これからさらに予約数がへるということはあまりないと思われますが、それでもほぼ全便が採算割れしているような状況なのではないでしょうか?

国際線はさらに激しい落ち込み 

国際線については、発表によると……

前年比で旅客数はわずか2.4%と激しい落ち込みになっています。ほんとこのような状況ではJALにしても今後長期で持つのか非常に不安になってしまいます。

国際線については、そう簡単に入出国の規制が緩むとは思えないので、今後半年~1年単位で影響出ていくのかもしれません。

どのくらいシリアスな運休状況なのか?

さて、4月21日のプレスリリースでGWの減便計画が発表されました。

https://press.jal.co.jp/ja/release/202004/005611.html

ANAとは違って、期間ごとの運航率が書いてたりするので、非常にわかりやすくなっています。

期間ごとのデータをグラフにすると…….

4月の後半平日と同じくらいの減便数で来ました。運航便素の比率も約38%と大幅に低くなっています。

さて、このデータは各週ごとのデータになっています。

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

ANAと同じように各日どれくらいくらい運航しているの???

といつもの癖がでてしまいました。というわけで、減便の仕方などもう少し詳しくリサーチしてみることにしました。

JALの運航本数は4月後半で35%に…….

JALの4/21日に発表された減便計画を元に、各日毎に運航便数の割合をグラフにしてみました。

このうち

・JAL便名が最初から付与される路線(JAL・J-Air・JAC・HAC)

・JTA便名が最初から付与される路線(JTA・RAC運航路線)

・コードシェア便(FDA・AMX運航路線)

の3種類に分けて、それぞれグラフにしてみました。

発表を精査すると・・・・

4/28以降もおおむね運航率は35~40%くらいになっている。
JTAの運航率はGW後半に40%以下まで落ち込む
FDA/AMXのコードシェアはGW期間に急落し、35%程度に落ち込む
という傾向が見えてきました。

減便の中心は???

欠航便の状況をいろいろとみていくと、JALが重視している傾向がわかってきました。

  • 多くの地方路線では、一日1便の最低限度を維持する
  • 沖縄離島・北海道内路線などは極力減便幅を少なくする

公共交通機関としての使命をはっきりと感じられる計画でした。

また、ANAの運航率20%と比べるとJALの方は35%になっているので結構上回っているように見えますが、ANAの場合はAirDoやソラシドエアのように同じ路線を運航する提携会社がいるので、そちらに運航を任せANA便は運休するという手法を使っているからです。
JALの場合はコードシェアをしていても、JALが運航していない路線がほとんどだからそのような方法が使えずに1日1便の最低限の便数を運航しているから、運航率は思いっきり下がらないようです。

 

まとめ

ANA/JALの国際線・国内線の現状についてチェックしてみました。いろいろと数値に表してみると、今回のコロナの深刻さが如実にわかってきます。

予約率がGW期間で33%と採算ラインを割っている状況ですから、飛ばすたびに赤字を大きくしている状況です。さらに運航を縮小して、ANAとJAL、そのほかスカイマークのような会社も含めて相互で融通しあうことが今後航空会社が生き残る術かもしれません。

(もちろん、超えなきゃいけないハードルも大きいですけどね)

いずれにしても・・・

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA

ANA編 国内線の欠航はどのくらい?? 4/24 12時現在編

こんにちわ!Engineer Travellerです。

さて、ANA国内線の運航状況に関しては4/20分まではまとめていたのですが、ここにきてGWの運休情報も入ってきましたので、ここで一度まとめてみることにします。

以前の取りまとめ時の状態は、ここにあります。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/17/080036/

2020年GWの予約状況は・・・・前年比わずか10%!

国内線は前年比10.9%

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202004/20200422-3.html

ANAのプレスリリースを見たら衝撃でした。外出自粛が求められているのはわかるので、相当状況が悪いのはわかっていました。

ですが、国内線のGWの予約人数は前年比わずか10.9%。 予約率にするとわずか9.8%とのこと。これは、GWの減便計画発表前ですので、大幅減便によって予約率は上がるのでしょうが、予約人数は利便性の悪化もあって、もっと減るのではないか?と思っています。

 

今年のGWは南米まで足を延ばそうとも思っていたのですが、自分のフライトもあえなく欠航。入国制限もあったので、もともと行く気がなかったのですが、やはり残念で仕方ないです。

 

国際線に至っては、前年比わずか3.9%。 こちらは、減便計画がすでに発表されていたので、予約率29.8%になっています。運航しても利益にならないフライトが多いのではないでしょうか?

 

どのくらいシリアスな運休状況なのか?

さて、いろいろと減便情報がでてきていて、

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202004/20200423.html

85%くらいの便数が削減されるとのことなのですが・・・・

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

実際各日でどれくらいの割合で減便しているんだろう???

という素朴な疑問が出てきました。そこで、減便計画を日々集計して路線ごとに集計したりしてみることにしました。

 

ANAの減便状況解析

ANAの4/24段階で発表されている運休計画を各日毎にまとめて、本来運航しているであろう本数との割合(運航率)を求めてみました。

さらに、ANAが運航する便とコードシェア便(Airdoやソラシドエア等)と分けてみるとこんな感じになります。

これらからわかることは・・・・

ANA運航便の減便はGW期間に向けて下がっていき概ね17%前後まで低下
コードシェア便の減便はそこまで厳しくなく、55%の運航率

となっていることが分かります。

ANA運航率はほんとに厳しく、ドル箱路線のはずの

 羽田ー伊丹   : 1日2往復  (本来1日15往復)

 羽田ー札幌   : 1日2往復  (本来1日16~17往復)

 羽田ー福岡   : 1日2往復  (本来1日18往復)

といった多くの便数を運航している路線が、大幅減便になっているようです。

減便の中心は???

運航便をいろいろとみていくと、あれこれ傾向が見て取れます。

  • 各路線1日1~2便程度を確保するようにしている。
  • コードシェア便が運航している場合は、一気にANA便を全便欠航にしてしまう

この便の欠航が多い傾向がわかってきました。

特に2番目の傾向が大きいように見えて、次のような路線はANA便は全便欠航にしてコードシェアにシフトしているようです。

 ・羽田ー釧路・函館 (AirDo運航)

 ・羽田ー山口宇部  (スターフライヤー運航)

 ・羽田ー大分・熊本・宮崎・鹿児島 (ソラシドエア)

 ・大阪(伊丹)ー福島・新潟・大分 (IBEXエアライン)

ただ、ANA単独運航で一日1便程度しか運航していないところでは、仕方なくゼロにしたり、隔日運航などにして極力空席を防ぐ努力もしているようです。

機材の小さいコードシェア便にお願いして、空席便を減らす努力をしているようです。

まとめ

さて、今回はGWの運航計画をまとめました。これを見ても航空業界の深刻さが分かったと思います。今年は夏まで全く動けないと思うので、航空会社各社はなんとか赤字を減らして持ちこたえてほしいです。

しっかし・・・・

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA JAL

コロナウィルスによる航空会社(国内線)の対応まとめ(4/26 12時現在)

こんにちわ!Engineer Travellerです。これまでも航空会社の対応をまとめてきましたが、前回のまとめから時間がたってきましたので、ここで更新したいと思います。

非常事態宣言が全国に出され、5/6のGW終わりまで不要不急の外出は控えるように求められているようですので、キャンセル料の特別対応がGWまでに延びたりしています。出かけたい気持ちはわかりますが、ここはひとまず我慢するしかなさそうです。

ちなみに国際線の状況はこちらです(4/21更新しました)

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/21/120026/

JR・フェリー・バスなどの状況はこちら(アップデート中)

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/08/120018/

国内線航空券チケットの対応まとめ(4/21日10時現在)

フルサービス系は特別対応期間延長

日本に本社を置くフルサービス系キャリアを一通り見てみました。個人的感覚のフルサービス系ですので、いやLCCとかセミフルサービスとかそういうツッコミはなしにしてください。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
ANA あり 2/28~5/65/17 これまであった発券日の制約は無し
JAL あり 2/28~5/17 2/28~3/19: 2/28以降の解約分
3/20~4/5: 3/6以降の解約分
4/6~4/30: 3/18以降の解約分
5/1~5/6: 4/7以降の解約分
5/7~5/17: 4/21以降の解約分
ソラシドエア あり 2/28~5/65/31 発券日の制約なしに変更。

5/1~6分は4/7以降の解約分

AirDo あり 2/28~5/65/17 発券日の制約なしに変更。

解約:搭乗日から30日以内
変更:搭乗日から10日以内

Skymark あり 2/28~5/65/31 2/28~3/19 : 2/28迄に予約済み分
3/20~4/5: 3/6迄に予約済み分
4/6~4/30: 3/18迄に予約済み分
5/1~5/6: 4/7迄に予約済み分
5/7~5/31: 4/21迄に予約済み分
FDA(フジドリーム) あり 2/28~5/31 2/28~3/19: 2/27迄に予約済み分
3/20~4/5: 3/5迄に予約済み分
4/6~4/30: 3/23迄に予約済み分
5/1~5/6: 4/6迄に予約済み分
5/7~5/30: 4/16迄に予約済み分
IBEX エアライン あり 2/28~5/65/17
スターフライヤー あり 2/28~5/65/31 発券日の制約は無しに変更
オリエンタルエアブリッジ あり 2/28~5/65/17 発券日の制約は無しに変更
天草エアライン あり 2/28~5/65/17 コールセンターで対応

青字は重要な変更点

赤アンダーラインは追加分

 

一通り確認しましたが、ほとんどのエアラインが搭乗日が5月中の予約について、無手数料での変更・キャンセルに対応しています。

ただし、

  • JAL・ANA・IBEX・AirDo・オリエンタルエアブリッジ・天草エアラインは5/17迄の搭乗分について 
  • FDA・スカイマーク・ソラシドエア・スラ―フライヤーは5/31迄の搭乗分について

手数料での変更・キャンセルに対応しています。

非常事態宣言は5/6迄の計画ではありますが、そこで終息はしないだろうと見込んでのことのようです。

 

また、キャンセルの条件が各社によって分かれていますので注意です。

JALとFDA(フジドリームエアライン)は発表以前にキャンセルしても、さかのぼって適用しません(遡及適用なし)。ANAは遡及適用に対応します遡及適用に対応しません。
スカイマークとFDAについては、発表後に予約したフライトは対象外です。
Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

今回の対応はあくまでも特別対応なので、払い戻して当然という態度はやめて、謙虚にありがとうございます。といきたいですね。

LCC系も特別対応を実施中です。

日本に本社を置く会社で国内線を運航する会社をピックアップしてみました。3/6前後から、Peach/Jetstarの2社も特別対応を開始しました。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
Peach(ピーチ) あり 4/8~5/31 国内線全路線
4/8迄に予約済みで4/21迄に申し出る。振替は7/31迄のフライト
Jetstar(ジェットスター) あり A:4/1~4/27

B:4/28~5/31

A期間は3/25迄に予約したもの。

B期間は4/8迄に予約したもの

7/31迄のフライトに変更もしくはバウチャー払戻し。
運休便は現金払い戻しも可。

春秋航空 あり 3/29~4/30 4/9迄に発券済みの航空券。 支払手数料を除いた返金もしくは、6/30迄のフライトに変更可。
エアアジア あり ~6/30 4/17までに購入済みの航空券。

変更もしくはバウチャーでの払戻し。

LCC各社については、対象期間が5月末であったり6月末であったり、対象期間を長めにしているようです。

また、Peachのようにキャンセル期間を定めて、それ以降は原券のキャンセル条件に従うケースもあるようです。 これは、運休計画を決めるために早めに搭乗見込みの人数を把握して、欠航するかどうかを決めるんだと思われます。

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

払戻しの際はバウチャーでの返金が多いですが、LCCでは出金を避けたいためなんですね。ここは仕方ないと思うしかないです。

キャンセル料保証は?

LCCや海外ツアーなどで、行けなくなった場合にチケット費用を補償するチケットガード保険などがあります。今回のコロナウィルスを理由とするキャンセルの場合、キャンセル料の保証の対象になるのでしょうか?

https://www.ticketguard.jp/products/peach.html

 

補償されるキャンセル理由という部分を見てみると

補償の理由は

  • 搭乗者の入院・通院
  • 宿泊を伴う出張
  • ご家族の入院・通院
  • ご搭乗者または親族の脂肪
  • 交通機関の遅延

になっています。これを見る限りは・・・・

コロナウィルスが不安だからキャンセルしますは対象外

コロナウィルスに感染して入院したら対象

ということが読み取れますので、残念ながら不安のためのキャンセルは対象外になります。

実際にLineTravelの保険にもよくある質問に載っていました!

https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/?utm_source=majin&utm_medium=notice&utm_campaign=GUIDE

残念ながら、キャンセル料の補填はできませんが、現在は感染拡大をするリスクを考えれば高い勉強代と考えて、家でおとなしくするしかないですね

コロナウィルスの不安でキャンセルの場合はチケットガードの対象外

キャンセル・変更はHPから可能です

各社ともコロナウィルスによるキャンセル・変更で対応でコールセンターがつながらない状況になっているようです。

ですが、多くのエアラインはオンラインで特別対応を受けられます。やり方は通常の変更・キャンセルと同じです。

実際EngineerTravellerが昨日JALの先得割引(通常は変更不可・キャンセル料50%)をキャンセルしたところ・・・・

このように、払戻額と航空券額が同額になっていますので、キャンセル料ゼロで払い戻しが可能です。

コールセンターではなく、Webから変更・キャンセルをしましょう。

まとめ

さて、今回は非常に厳しい状況で、日々状況が変わっていっています。感染拡大を防止するには多少の我慢は必要と思っていますが、早く平穏な日々が取り戻せるといいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
003_海外旅行 ANA JAL

コロナウィルスによる航空会社(国際線)の対応まとめ(4/21 0時現在)

こんにちわ!Engineer Travellerです。

状況が深刻化しているコロナウィルスの感染拡大ですが、航空各社はこのような状況ですので、キャンセルの特例を設けてくれています。

ここでは、日本国内の国際線運航各社の対応状況をまとめたいと思います。

国内線の状況は以下を参照ください。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/21/120052/

国際線航空券チケットの対応まとめ

フルサービス系は特別対応期間が5/31搭乗分迄に拡大

国際線を運航する日系エアラインのフルサービス系キャリアをピックアップしました。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
フル
サービス
ANA あり 2/28~5/31 4/7までの発券分(日本発着路線全線)

変更は12/31迄に旅行を完了すること。

JAL あり 2/28~5/31 4/17迄の発券分。

変更は6/30迄もしくは9/1~3/31(ただし12/15~1/15を除く)に旅行を完了すること。

Skymark あり 2/28~5/31 Webフォームで無手数料キャンセル。変更はコールセンター対応。
2/28~3/19搭乗分 ⇒2/28迄の予約分
3/20~4/5搭乗分   ⇒3/6迄の予約分
4/6~4/30搭乗分   ⇒3/17迄の予約分5/1~5/10搭乗分  ⇒3/19迄の予約分5/11~5/31搭乗分  ⇒4/2迄の予約分
スターフライヤー あり 2/28~5/31 電話のみの対応。4/7迄に発券済みであること。払戻のみ。

概ねいずれも5/31搭乗分までが無手数料の特別対応の対象になっています。

また、変更する場合ですがANAは2020年内に旅行を終了するようにする必要がありますが、JALに関しては終息に相当かかると判断したのか、変更期間が6/30迄に旅行を終了するか、2020年9/1~2021年3/31迄に旅行を終了するような変更が可能とのことです。

 

JALに関しては延長を発表する前に手数料アリでキャンセルしたものは、無手数料の対象外(遡及適用なし)です。

スカイマークも公式には出ていませんが、遡及適用はないようです。

 

また、ANA・JALなどはWebでキャンセルすれば問題なく無手数料でキャンセルが可能です。

キャンセルの場合は各社対応が分かれます。

ANAの場合

Webでも無手数料でキャンセルが可能です。

JALの場合

Webでも無手数料でキャンセルが可能です。

Skymarkの場合

Webでキャンセル不可。Webフォームか国際線空港カウンターでキャンセルが必要です。

スターフライヤーの場合

Webキャンセルは不可。コールセンターで無手数料キャンセルができます。
Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

今回の対応はあくまでも特別対応なので、払い戻して当然という態度はやめて、謙虚にありがとうございます。という気持ちで電話しましょう。

各社払戻費用は、会社負担になっています。

LCC系は各社特別対応を実施

日本に本社を置く会社で国際線を運航する会社をピックアップしてみました。

エアライン 特別対応 対象期間 備考
LCC Peach(ピーチ) あり 期限を切って特別対応を実施中。

現在は運休便のみ払戻し対象。(ほぼ全便が運休の対象になっています。)

Jetstar(ジェットスター) あり A:4/1~4/27

B:4/28~5/31

ジェットスタージャパン運航便

A:3/25までの予約

B:4/8迄の予約

バウチャー返金か、変更(7/31迄搭乗)

Air Asia X あり ~6/30 バウチャーでの返金

Peachに関しては特別対応をする場合はフライトと期間を区切って対応しています。現在は運休路線のみが対象ですが、5/31迄のほぼ全便が運休になっているので対象になっているのではないでしょうか?

また、本社は日本ではないですが、AirAsiaXについては6/30搭乗分までの予約が特別対応の対象になっています。

Peachは現金での返金を実施しているようですが、他社は半年程度有効のバウチャーでの返金になっていますので、有効期間切れ等の注意が必要です。

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

本来LCCはこのようなリスクも購入者で負担すべきなのでしょうが、今回は各社特別対応をしてくれています。

キャンセル料保証は?

LCCや海外ツアーなどで、行けなくなった場合にチケット費用を補償するチケットガード保険などがあります。今回のコロナウィルスを理由とするキャンセルの場合、キャンセル料の保証の対象になるのでしょうか?

https://www.ticketguard.jp/products/peach.html

 

補償されるキャンセル理由という部分を見てみると

補償の理由は

  • 搭乗者の入院・通院
  • 宿泊を伴う出張
  • ご家族の入院・通院
  • ご搭乗者または親族の脂肪
  • 交通機関の遅延

になっています。これを見る限りは・・・・

コロナウィルスが不安だからキャンセルしますは対象外

コロナウィルスに感染して入院したら対象

ということが読み取れますので、残念ながら不安のためのキャンセルは対象外になります。

実際にLineTravelの保険にもよくある質問に載っていました!

https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/?utm_source=majin&utm_medium=notice&utm_campaign=GUIDE

残念ながら、キャンセル料の補填はできませんが、現在は感染拡大をするリスクを考えれば高い勉強代と考えて、家でおとなしくするしかないですね

 

コロナウィルスの不安でキャンセルの場合は保険の対象外

キャンセル・変更はHPから可能です

各社ともコロナウィルスによるキャンセル・変更で対応でコールセンターがつながらない状況になっているようです。

結構な待ち時間になるようですので、Webからのキャンセルや、Webフォームで対応してもらうようにしましょう。

また、スターフライヤーは搭乗予定日から1か月は余裕がありますので、1~2週間様子を見てから電話をしてもいいかもしれません。

コールセンターではなく、Webやネットからキャンセルをしましょう。 コールセンターにかける場合は、1~2週間様子を見るのもアリ!!

まとめ

さて、国際線だと入国の条件も日々各国で変わっていっていますので、注意が必要です。

春休みだけではなく、GWも影響が出てきました。このような状況では夏も影響が出てくるのは必至でしょう。航空会社には災難な都市になりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
JAL

JAL編 国内線の日々の欠航はどのくらい?? 4/18現在編

おはようございます!Engineer Travellerです。

さて、ちょっと前のデータですが、JALの国際線運航率は20%程度になっていたのですが…….

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/04/080004/

国内線に関しても、多くの欠航が出ているようです。どのくらいの運航率なのか、どんな運休をしているかチェックしてみました。

ANA/JALともども、国内線・国際線の運休を実施

国内線の状況

先々週ですが……どうしても外せない用事があって、大阪ー仙台を日帰りで行ってきました。

乗ったのはANA735便。エアバスA321の194席の飛行機のはずなのですが・・・

https://www.na.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/seatmap/detail/a321_ceo.html

最後尾から写真を撮ったのですが、搭乗者はわずかに38人・搭乗率で19.6%です。

ちなみに、帰りの飛行機はANA737便の166席に24名・搭乗率14.4%になっています。

こういう状況でありますので、国際線だけでなく国内線も大幅な減便や機材のダウンサイジングが行われているようです。

そこで、どのくらいの減便がされているのか、JALの状況をここでチェックしてみたいと思います。

 

国際線の状況

ANA/JALの国際線の状況についてはちょっと前の三月末段階でまとめています。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/22/120025/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/04/080004/

3月末段階のデータですので、今後アップデートしていきたいと思います。

どのくらいシリアスな運休状況なのか?

さて、4月17日段階のプレスリリースによると、

https://press.jal.co.jp/ja/release/202004/005604.html

ANAとは違って、期間ごとの運航率が書いてたりするので、非常にわかりやすくなっています。期間ごとのデータをグラフにすると…….

 

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

期間ごとにどのくらい減便されているのかわかりやすくて

良い公表方法ですね。

4月末にはJALグループ便全体では約40%の便しか運航されないとのことですが、

JALグループにはローカル路線も数多くあることから、減便の仕方などもう少し詳しくリサーチしてみることにしました。

 

JALの運航本数は4月後半で35%に…….

JALの4/17日に発表された減便計画と18日までにHPで発表されている情報を元に、各日毎に運航便数の割合をグラフにしてみました。

このうち

・JAL便名が最初から付与される路線(JAL・J-Air・JAC・HAC)

・JTA便名が最初から付与される路線(JTA・RAC運航路線)

・コードシェア便(FDA・AMX運航路線)

の3種類に分けて、それぞれグラフにしてみました。

発表を精査すると・・・・

4/20以降で運航率がJAL便でおおよそ35%に下がってしまうようです。
JTAの運航率50%とFDA・AMX(天草エアライン)のコードシェア便 運航率50%

 

合計して、JAL便としては40%となっていることが見て取れます。さらに各路線の欠航状況を見ていくといろいろとわかってきました。

減便の中心は???

欠航便の状況をいろいろとみていくと、JALが重視している傾向がわかってきました。

  • 多くの地方路線では、一日1便の最低限度を維持する
  • 沖縄離島・北海道内路線などは極力減便幅を少なくする

公共交通機関としての使命をはっきりと感じられる計画でした。

おそらく需要から考えると、全便欠航したほうがいいような路線についても、最低限の一日1便で乗客の利便性を確保するようにしているようです。

普段は2便以上運航している路線が95路線(JTA等)あるようですが、そのうちの44路線で一日1便に減便するようです。

また、元から一日1便しか運航していないような路線でも極力残すようにはしているようですが、大阪(伊丹)-函館のようにANAが運航するような路線では完全に運休して、ANAに振替えることもしているようです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57559000S0A400C2000000/

まとめ

ANA/JALの国際線・国内線の現状についてチェックしてみました。いろいろと数値に表してみると、今回のコロナの深刻さが如実にわかってきます。

これ以上の減便はどうなるかわかりませんが、4月の搭乗率次第では路線の運休も入ってくるのではないかな?って思っています。

それよりも、国際線では20%程度の運航率、国内線では40%。この状況で2020年の会社の損益は相当厳しいものがあるのではないでしょうか???

いずれにしても・・・

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA

ANA編 国内線の欠航はどのくらい?? 4/13現在編

こんにちわ!Engineer Travellerです。

さて、国際線の状況は運航率でいうと20%を切ってきた国際線なのですが

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/22/120025/

国内線に関しても、多くの欠航が出ているようです。どのくらいの運航率なのか、どんな運休をしているかチェックしてみました。

ANA/JALともども、国内線・国際線の運休を実施

国内線の状況

先々週ですが……どうしても外せない用事があって、大阪ー仙台を日帰りで行ってきました。

乗ったのはANA735便。エアバスA321の194席の飛行機のはずなのですが・・・

https://www.na.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/seatmap/detail/a321_ceo.html

最後尾から写真を撮ったのですが、搭乗者はわずかに38人・搭乗率で19.6%です。

ちなみに、帰りの飛行機はANA737便の166席に24名・搭乗率14.4%になっています。

こういう状況でありますので、国際線だけでなく国内線も大幅な減便や機材のダウンサイジングが行われているようです。

そこで、どのくらいの減便がされているのかここでチェックしてみたいと思います。

 

国際線の状況

ANA/JALの国際線の状況についてはちょっと前の三月末段階でまとめています。

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/22/120025/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/04/080004/

3月末段階のデータですので、今後アップデートしていきたいと思います。

どのくらいシリアスな運休状況なのか?

さて、4月9日段階のプレスリリースでも

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202004/20200409.html

4/1~4/30の間で、運休数は7152便になりますというのが触れられているのですが、

Eigneer Traveller
Eigneer Traveller

実際各日でどれくらいの割合で減便が発生しているのか?

どんな感じで減便しているのか?

というのが、わからないので数日かけて解析してみました。解析中でも、プレスリリースに出てこない減便(コードシェア)があったり、追加減便されたりしていますので、まずは4/13段階での減便状況解析です。

ANAの減便状況解析

ANAの4/13段階で発表されている運休計画を各日毎にまとめて、本来運航しているであろう本数との割合(運航率)を求めてみました。

それをグラフにしてみたのがこんな感じになります。

ANAが運航する便と、コードシェア便と別々にして運航率を求めてみました。これらからわかることは・・・・

ANAの発表済み減便は4/10~19を中心なので、4月の後半はもっと低下すると思います
ということです。4/16段階でもさらなる減便が発表されているようですので、こちらもさらにチェックしてみたいと思います。また・・・・
4/9~19の間では運航率は50%程度の運航率になっています

ということが見て取れます。裏を返せば国内線の飛行機の半分が不要になっているわけで、

https://www.aviationwire.jp/archives/200135

こんな感じに、飛行機が駐機されているセンセーショナルな状態が羽田空港では起きているそうです。

減便の中心は???

運航便をいろいろとみていくと、あれこれ傾向が見て取れます。

  • 日中の便
  • 夜間滞泊(夜に羽田を出て、翌日あさイチで帰ってくる)の便

この便の欠航が多い傾向がわかってきました。

日中の便が多いのは、一応ビジネス需要がまだあるからでしょうか?朝行って夜帰る日帰りパターンに対応しているのかもしれません。

また、夜間滞泊の便については、パイロットや客室乗務員の人員の運用だと思います。普段であれば・・・・

※ 点線は人の運用  実線は航空機の運用

こんな感じで、地方で二班くらいが宿泊しているのでしょうが、地方での夜間滞泊をなくしてしまうと……

こんな感じで、一班あたりの乗務回数を減らして乗務員の現地宿泊も削減できそうです。これで、現地で下手に動かないようにして感染リスクを下げようとしているのかもしれません。

まとめ

ANA/JALの国際線とANAの国内線の現状についてチェックしてみました。

国内線では50%。国際線では20%以下・・・すると、2020年の会社としての損益はいったいどうなってしまうのでしょうか?気になって仕方ないです……

いずれにしても・・・

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
ANA ANA修行 JAL JAL修行

エリート資格の条件が一部で緩和されています

こんにちわ!Engineer Travellerです。

コロナコロナばかりになってしまっていますが、やはり今の時期はそれに関連した特集になってしまったりしています。今後お支払い方法などちょっと経済やエンジニア的な方向もちょっとネタに入れていきたいと思います。

2020年の修行は……

今年はANA/JALともども国際線・国内線は大幅減便に

別記事でも特集しましたが…..

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/03/22/120025/

https://www.engineer-traveler.com/entry/2020/04/04/080004/

ANA/JALともども国際線は運航本数で行けば20%くらいのレベルになってしまいました。毎日運航する路線もほとんどなくなってしまいましたので、旅行は当然ながら修行にも大きな影響が出ています。

国内線に関しても需要減が激しく、運行本数も30~50%程度が欠航する事態になってしまっています。

https://www.aviationwire.jp/archives/200364

https://www.aviationwire.jp/archives/200302

2020年の修行は国内線中心?でも。。。。

こうなってくると、2020年に修行をしようと思っていた方には大きな影響が出ているものと思われます。国際線は便数も少ない上に、各国の入国制限もありますので、そう簡単に国際線修行はできそうにもありません。

そうすると、国内線中心にせざるを得ないのでしょうか…

そんな中で、JAL・ANAとも救済策が出てきました。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/news/info/200319/premiumpoint/

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/jmb/jmb-notice/index.html

 

簡単に言ってしまえば、PP(プレミアムポイント)やFOP(Fly Onポイント)を倍付していただけるというものです。

平時であれば両手を挙げて喜ぶのですが、期間は6月・7月くらいまでとなっていて、この時期までに完全にこのコロナウィルスが完全に収束しているとは思えないです。

JAL/ANAは乗ってほしいという想い(そして、現金を得たい)があるのかもしれませんが、現状では収束時期が見えないのでウィルスを拡散させてしまう行動は慎むべきかと……

 

というわけで、EngineerTravellerとしてはこの攻略案や詳細は掲載しないことにします。

各社のエリート会員の救済策

そうではありますが、各社エリート会員に対していくらか救済策を出しているようです。参考までにどのような違いがあるのがチェックしてみました。

エアライン マイレージ延長 エリート資格延長 2020年エリート資格獲得条件
キャセイパシフィック ーー 6か月 ・2019年のステータスに応じてエリートポイントを3か月自動付与。
デルタ航空 ーー 1年 ーー
シンガポール航空 ーー 1年 ーー
ユナイテッド航空 ーー 1年 ・条件を半分
・エリート要件を5/1~12/31で倍付
エティハド航空 ーー ??? ・3/1~6/31の間で倍付する。
ANA 1年延長 なし ・条件は変更なし
・エリートポイントを1/1~6/30で倍付
JAL マイルをeJALポイントに
して延長
なし ・条件は変更なし
・エリートポイントを2/1~7/31で倍付

※WebサイトやTraicyの記事より

こうしてみると、各社実施しているのが、2020年に上級会員になっている人は2021年も無条件に得られるようにした会社はシンガポール航空・デルタ航空・ユナイテッド航空のようです。

この場合、JALやANAのダイヤモンドステータスなどのような毎年頑張らないといけないステータスを無理せずに維持できるので、救済策としてもコロナの蔓延防止にも役立ちそうでいいですね。

 

また、ユナイテッド航空ではエリート資格の要件を半分にしていますし、エリートポイントは倍付されるものの期間は5月から年末までとウィルスの拡散防止にも配慮したプログラムになっているように思えます。

JALやANAもこのようなプログラムにしてもらえるとよかったのですが・・・すでに6月の沖縄方面の修行路線には予約を入れている人もいるでしょうから、各社ともいまさら変更したくないのでしょう。

というわけで、併サイトでは今年の修行についてはあまり触れずに行きたいと考えています。

まとめ

というわけで、2020年の修行はなかなか難しい局面に入っています。一度修行に出てしまうと、いろいろな接触リスクも発生してしまいます。

どう考えても、今年はなかなか国際線であちこち出かけることは難しいと思いますので、無理して2020年の修行は考えなくてもいいのではないでしょうか? いまは感染拡大防止を考えながら、来年に向けた旅行や修行の計画をしていくのが一番いいように思っています。

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

カテゴリー
JAL

欠航路線拡大中 JAL国際線のシリアス度合いを見てみた

こんにちわ!Engineer Travellerです。

1月後半から中国で猛威をふるっているコロナウィルスですが、アジアだけでなくヨーロッパ各地で猛威をふるっています。加えてアメリカでも感染拡大を防止するために外出禁止になっている都市もあるとか。

航空業界の影響度合いをJALの国際線運休計画から見てみることにしました。

ANA/JALともども、国内線・国際線の運休を実施

国内線の状況

先日、用事があって神戸ー高知のFDA便を利用してきました。15日(日曜日)のFDA822便(高知⇒神戸)です。

降機の際に一枚撮ったのですが、自分以外の搭乗者がこれだけです。76席のところ、搭乗したのが7人。搭乗率10%以下です。

高知からの朝一番なので需要が少ないのかもしれませんが、それを除いても結構な需要縮減になっています。

到着して、神戸空港の搭乗ゲート近辺をのぞいてみても、出発便が少ない時間だったからかもしれませんが、手荷物検査のところは全く持って並んでおらず、閑散としておりました。

 

そういう需要減の状況があって、ANA/JALをはじめとする航空各社は減便を発表しています。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202003/20200313.html

https://press.jal.co.jp/ja/release/202003/005555.html

国際線の状況

国際線に関しては自分は搭乗していないのですが、特に入国制限が発生している国のフライトでは搭乗率が寂しい状態にあるとか。

Twitterなどを見ても、ANAのホノルル行きA380では数十人しか載っていないとか。。。。そういうのもあって、ANA/JALなどは国際線でも減便を行っています。

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202003/20200319-2.html

https://press.jal.co.jp/ja/release/202003/005556.html

どのくらいシリアスな運休状況なのか?

さて、実際にWebでは何千便欠航します!!

https://www.traicy.com/posts/20200320149319/

というのが報道されていますが、単純に便数だけで見ても長距離路線の運休と、短距離路線の運休では状況が違うので、冷静にデータ分析をしてみることにしました。

JALの国際線について分析

ANAの4/3時点で発表されている国際線の運航計画を日々で集計して、当初の運航計画と比較した比率(就航率)を計算してみました。

運航計画が日々アップデートされていて、数日前までは就航率は20%前後だったのが、一気に20%を下回ってきました。

まず便数で見ると、大幅に少なくなっているのは東アジア路線(中国・韓国等)になっています。東アジア地区は20%程度の就航率。中国に至っては4月中はほとんど運航せず、週に1回大連便が運航されるだけになっています。

3月中旬までほぼ通常運行を保ってきたヨーロッパ・米州・東南アジア・オセアニア路線でしたが、3/20くらいから順次運休が入ってきています。最終的に4月中は20~40%の就航率になってしまいます。

JAL全体での就航率を見ると20%を下回り15%前後。85%の国際線が欠航しているシリアスな状況であることが分かります。

ただし、85%が結構といっても中国路線のように比較的短距離の路線が運休しているが多いので、便数ではなくて飛行距離で比較してみると、より現実的な就航割合が出てくると思って計算してみました。

フライト数xマイル で比較してみると、就航率は約20%前後と便数ベースの15%よりは若干改善しますが、フライト時間が80%減っているということなので、国際線運航必要な要員が80%過剰という状態です。 ANAでは一時帰休の話も出ましたが、JALでは余剰人員の一時帰休はせず、研修などの時間に充てるとのことでした。

また、JALのドル箱ハワイ路線も4月30日まで運休とのことで、GWまで影響が出始めてきました。

今後の会社運営は国内路線次第か?

以前はまだ北米路線が就航率は40~50%程度だったのですが、アメリカも感染が広まり10%台の就航率になってしまいましたので、国際線で稼ぐことは今後難しそうです。

これから国内需要が大幅に減ってしまえば(今でも十分に減ってますが)会社運営が相当厳しくなっていきそうです。

まとめ

今後ANA国際線のアップデートや国内線状況も便数・マイルの就航率を順次比較していきたいと思いますが、シリアスな情報しかなくてちょっと凹んでしまいそうです。

早く快方に向かってくれ~~~~~~!!!!

↓よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村